ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

危険なビーナス (第10話/最終回・2020/12/13) 感想

危険なビーナス

TBSテレビ系・日曜劇場『危険なビーナス』公式
第10話/最終回『義妹の正体』、ラテ欄『今夜最終回!犯人は誰だ? 義妹の正体は?衝撃の真相とは!?』の感想。
なお、原作の小説、東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)は未読。



矢神家の親族が集まる中、牧雄(池内万作)が現れ、康治(栗原英雄)の研究記録を見つけたと言い出した。一方、佐代(麻生祐未)から執事の君津(結木滉星)との関係について問い詰められた波恵(戸田恵子)は、過去の出来事を明かす。波恵の過去を知った伯朗(妻夫木聡)は、楓(吉高由里子)と勇磨(ディーン・フジオカ)の力を借り、改めて明人(染谷将太)の行方を捜す決意を固める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、モンテ・クリスト伯、グランメゾン東京、アンサングシンデレラ)
演出:佐藤祐市(過去作/WATER BOYS、メゾン・ド・ポリス) 第1,2,3,6,最終
   河野圭太(過去作/僕らは奇跡でできている、4分間のマリーゴールド) 第4,5,6,7,9
   北坊信一(過去作/世にも奇妙な物語シリーズ) 第8
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、東京タラレバ娘、シャーロックUS,テセウスの船)
主題歌:back number「エメラルド」(ユニバーサルシグマ)

「取って付けた結末」に違和感しか無かった…

これまで、1話も見逃した記憶は無いのだが、最終回が始まった途端に、「あれっ? 前回って見逃したっけ?」と思う程に、第9話までの展開に対して「取って付けた結末」のようで、楽しんで見ていた人には申し訳ないが、違和感しか無かった。

第9話までの説明が"あっさり"し過ぎ…

まあ、その「取って付けた結末」にも異論はあるが、終わったことだからどうでも良い。私としては、連ドラとして序盤から破綻しているように思いつつ見ていたから。

なぜなら、第1話から、あまり意味のない “物語の右往左往” を描いているだけで、結果的にも “物語の右往左往” に理由付けが、あまりに “あっさり” し過ぎており、1時間で慌てて「はい、結末です」と言った感じでは、あまりにも作り込み、いや、作り込み以前に、作りが雑過ぎると思う。

個人的に興味を抱いていたのは「遺産相続問題」だったから…

また、個人的に興味を抱いていたのは「遺産相続問題」であって、伯朗(妻夫木聡)がどうやって解決するのか? でもあって、明人(染谷将太)や楓(吉高由里子)に殆ど興味関心が無かったから、本当に期待外れの結末だった…

あとがき

この全10話、一体どこまでが原作で、どこがオリジナルストーリーなのでしょう? Amazonなどを見ると、それなりに人気のある原作ですから、こんな感じで無いような気もしますが。まあ、終わったから良いです。この程度の内容なら、「2時間ドラマ」で十分だったと思います。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14958/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

危険なビーナス 最終話

矢神家で親族会が行われ、当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、明人(染谷将太)も戻らない今、矢神家の遺産は康之介(栗田芳宏)の子供たちに均等に分配されることになります。 しかし、楓(吉高由里子)は、後天性サヴァン症候群の研究資料さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に訴えて、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に味方します。 その時、行方をくらませていた牧雄(池内万作)が姿を現して、それ...

日曜劇場『危険なビーナス』第10話(最終話)

内容矢神家当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、遺産相続の親族会が開かれることに。お互いの思惑が交錯する中、君津光(結木滉星)に関する事実が、波恵(戸田恵子)から告げられる。同時に、亡き父・康之介の死に関する秘密も。そして波恵は続ける。伯朗(妻夫木聡)が明人(染谷将太)を呼び戻し、遺産を相続してくれるならば。。。。と。今後のことを語るのだった。すると伯朗が、不審なメールが届いたことを打ち明ける。...

危険なビーナス 「今夜最終回!犯人は誰だ?義妹の正体は?衝撃の真相とは!?」

随分、視聴者も、語り部たる主人公・手島伯朗(妻夫木聡)を振り回しまくったけれど真相はミステリーの定石通り、意外でいながら、なるほど感。危険なビーナス・楓(吉高由里子)の正体も、あらま… でした。伯朗に近い、意外な人物が、彼女へと通じていたのがサプライズ、だったかな?フィニッシュは、伯朗、お約束の「都合の良すぎる妄想」が「なーーんてことはなく」が、初めて外れてヨカッタね。黒い、おディーン様。新...

危険なビーナス #10 最終回

『今夜最終回!犯人は誰だ?義妹の正体は?衝撃の真相とは!?』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: