ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ルパンの娘[2] (第9話/最終回・2020/12/10) 感想

ルパンの娘[2]

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘(第2シリーズ)』公式
第9話/最終回、EPG欄『ミュージカル泥棒パパ来襲で泥棒対決!』の感想。
なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)と、「ルパンの帰還」は未読。実写ドラマ版の第1シリーズは鑑賞済み。


美雲(橋本環奈)が尊(渡部篤郎)のひそかな狙いを知る一方、華(深田恭子)の幼なじみで世界的泥棒の円城寺(大貫勇輔)が歌えなくなる異常事態が。円城寺は訪ねてきた父・豪(市村正親)の手前、華に婚約者のふりをしてほしいと懇願する。やがて事態は、お宝と華を巡る尊らと円城寺一族の泥棒合戦に。そんな中、和馬(瀬戸康史)と過ごす華を見守ってきた円城寺の胸にある思いが去来する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)
脚本:徳永友一(過去作/ルパンの娘1、グッド・ドクター、海月姫、僕たちがやりました)
演出:武内英樹(過去作/ルパンの娘1、デート~恋とは…、カインとアベル) 第1,2,5,8
   品田俊介(過去作/ルパンの娘1、探偵の探偵、ナオミとカナコ)
   洞功二(過去作/ルパンの娘1、カインとアベル、ストロベリーナイト・サーガ) 第3,4,7
   尾崎隼樹(過去作/ガリレオ2、キャビンアテンダント刑事、俺のセンセイ) 第6
   西岡和宏(過去作/失恋ショコラティエ、恋愛あるある、パニックコマーシャル) 最終
音楽:Face 2 fAKE(過去作/ルパンの娘1、電車男、小早川伸木の恋、全開ガール)
主題歌:サカナクション「モス」(NF Records/Victor Entertainment)

「最終回」と言うより、「祝・映画化記念SPエピソード」!

EPG欄の番組説明によると、「最終回」と言うよりも、「祝・映画化記念スペシャルエピソード」と言うことだから、どちらかと言えば「特別編」のような位置付けのようだ。しかし、一応、公式サイトでは「最終回」となっているから、「最終回」のつもりで感想は書こうと思う。

最終回の演出担当が、『ルパンの娘』初演出の西岡和宏氏!

まず、驚いたのは、最終回の演出担当が、『1』も『2』も担当したことのなかった演出家・西岡和宏氏だと言うこと。私も、いろいろな連ドラを見て来たが、シリーズものの最終回が、初担当と言うのは珍しいと思う。まあ、映画化の予定があるから、その劇場版に関わる可能性はあると思う。

「特別編」だからか、展開自体は、至って"普通"だった…

さて、これまで、特に『2』になってから、良い意味で毎回、私の予想を裏切る展開で楽しませてくれた本作だが、今回は「特別編」的な意味合いがあるからなのか、展開自体は、至って “普通” だった。

第5話から、最終回以降を広げて描いた方が良かったのでは?

ここからは私の拙い想像だが、『2』は「映画化」ありきで全9話の構成を作らざるを得ないから…

前回までは、『1』との違いを描くために、新キャラの北条美雲(橋本環奈)と執事の猿彦(我修院達也)を活かした「仇討ちエピソード」と、三雲華(深田恭子)と桜庭和馬(瀬戸康史)の娘・杏(小畑乃々)を絡めた「家族エピソード」に尺を割いて、最終回は、時間経過させて「劇場版への橋渡しエピソード」にしたのだろう。

だったら、第8話までを第4話くらいまでに済ませて、折り返しの第5話から、最終回以降を広げて描いた方が良かったのでは?

最終回も、ドラマとしての仕上がり度合いは高かった

市村正親さんや団時朗さんが凄過ぎた! 唐突な登場にも拘らず、しっかりと “個々のキャラクターらしさ” はあるし、見せ場も存在するし。いつも通りに、作り込みもちゃんとしているし、当然のようにいつも通りに楽しいし。

しかし、『2』は、どうやら『1』ほどの話題にはならなかったことからすると、好みが分れる作風であるのは確か。でも、わたし個人としては、なかなか連ドラ、シリーズ作品として、ドラマとしての仕上がり度合いは高いと思う。

あとがき

個人的には、「続きは、劇場で…」と言う最終回の結末は止めて欲しかったです。それこそ、そう言う “あざとい” ことをせずに、堂々と泥棒する主人公らを描くドラマなのですから、最終回でキッチリ終わらせて、映画は「新章」として描いて欲しかったです。




管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14950/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ルパンの娘2 最終話

華(深田恭子)や和馬(瀬戸康史)たち家族に再び平和な日々が訪れました。 静かな生活を取り戻した美雲(橋本環奈)の元に、尊(渡部篤郎)が訪ねて来ます。 美雲は尊の様子から、自分に頼み事があるのだと推測します。 その頃、渉(栗原類)が、新たなお宝として有名女優が愛したダイヤモンドリングを提案して、悦子(小沢真珠)は飛びつきます。 しかし、渉はそのリングを美雲にプレゼントすると言い張ります...

木曜劇場『ルパンの娘(2)』第9話(最終回)

内容ようやく、華(深田恭子)和馬(瀬戸康史)杏(小畑乃々)に平穏な日が訪れた。そして美雲(橋本環奈)も、隣人が引っ越し、静かな日常。その美雲のもとに、尊(渡部篤郎)が現れる。そしてあるコトを依頼する。そんななか、お宝不足で体調不良の悦子(小沢真珠)すると渉(栗原類)が、新たなターゲットを提案する。大喜びの悦子だが、渉は。。。。。そして円城寺(大貫勇輔)のもとに、父・豪(市村正親)がやって来る...

ルパンの娘 第2シリーズ 最終回「ミュージカル怪盗親子と泥棒対決」

最終回は、サービス精神、炸裂っ!まさか、深キョンの「制服姿が拝める」とは思ってなかったので、びっくり。しかし、限りなく、ゲストに市村正親を迎え、このミュージカル親子が「もっていっちゃった」感ですね。でも、ミュージカル・貴公子クンの片想いも、また一途さが素敵で、弾丸の嵐を避けつつ、舞うなんて、なんて華麗な!彼に華をもたせた感もアリ…個人的には、バカップルしてるママに徹した、小沢真珠の華やかなコ...

ルパンの娘 #09 最終回

『~愛の物語~ミュージカル 怪盗親子と泥棒対決』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: