ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

危険なビーナス (第8話・2020/11/29) 感想

危険なビーナス

TBSテレビ系・日曜劇場『危険なビーナス』公式
第8話『実父の死因』、ラテ欄『実父の死にも重大な秘密!もっと価値あるものの正体とは?』の感想。
なお、原作の小説、東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)は未読。



伯朗(妻夫木聡)は脳腫瘍を患っていた実父・一清(R‐指定)を康治(栗原英雄)と共に診ていた牧雄(池内万作)から取引を持ち掛けられる。そんな折、伯朗に波恵(戸田恵子)から康治が危篤との連絡が。一族が集まる中、いまだ帰国しない明人(染谷将太)や、明人と連絡が取れない楓(吉高由里子)への疑念が強まる。伯朗が楓に助け舟を出そうとすると、勇磨(ディーン・フジオカ)が彼女をかばう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、モンテ・クリスト伯、グランメゾン東京、アンサングシンデレラ)
演出:佐藤祐市(過去作/WATER BOYS、メゾン・ド・ポリス) 第1,2,3,6
   河野圭太(過去作/僕らは奇跡でできている、4分間のマリーゴールド) 第4,5,6,7
   北坊信一(過去作/世にも奇妙な物語シリーズ) 8
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、東京タラレバ娘、シャーロックUS,テセウスの船)
主題歌:back number「エメラルド」(ユニバーサルシグマ)

演出のキレも悪く、無駄話が余計に無駄に見え、その上進展せず

折角、前回で、「謎」が明らかになり、主人公の伯朗(妻夫木聡)が “能動的” に謎解きをしているように見えるから、謎解きドラマとしての面白さは出て来たのに。

今回は、また、空想シーンと「…とは限らない」と言う台詞が、本作のミステリーさを削いでいるのは残念過ぎる。その上、脚本家は同じなのに、演出家が交代したためか演出の “キレ” が失われ、無駄なエピソードが余計に無駄に見え、更に全体のテンポも明らかに悪くなり、これで第8話では、この先が思いやられる…

あとがき

結局、序盤の「後天性サバン症候群の研究」のくだり以外、大した進展がないまま終了。早速、最終章に向けて脚本家を戻して…。いや、この際、動物病院のくだりは全部削除して、ミステリー一筋に軌道修正した方が良いと思います。前回で少し良くなっただけに残念…

【厳重注意】原作既読の方、ネタバレのコメント投稿はお止め下さい。私は目にして不愉快ですし、他の方に読ませてくないので公開もしません。なお、ご本人はネタバレになっていないと思っても、ネタバレになっていることがあることも承知して頂けると助かります。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14905/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

危険なビーナス 第8話

伯朗(妻夫木聡)は、突然自宅に押しかけて来た牧雄(池内万作)から、脳の研究をしていた康治(栗原英雄)の研究記録を見つけてほしいと頼まれます。 そこには、伯朗の実父・一清(R-指定)の脳腫瘍に対する研究データがあり、人類の未来において画期的な発明に繋がる内容だと言います。 その研究記録は、康治から禎子(斉藤由貴)が譲り受けている可能性が高く、伯朗が探すのが適任だと、牧雄は断言するのでした。...

危険なビーナス 第8話 「実父の死にも重大な秘密!もっと価値あるものの正体とは?」

今回は、30億の遺産より“価値があるもの”が明らかに!なにげに、毎回のお約束。主人公・伯朗(妻夫木聡)の。な~んちゃって・都合の良すぎる展開モードな妄想が、遊び心で好きです。基本的に、正義感が強く真面目な独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木)が、突然現れた「弟の妻」と名乗る謎の美女・矢神楓(吉高)と共に失踪した異父弟・明人(染谷将太)の行方を追ううち、矢神一族の遺産争いに巻き込まれていく、とい...

日曜劇場『危険なビーナス』第8話

内容伯朗(妻夫木聡)は、佐代(麻生祐未)との話で、母・禎子(斉藤由貴)が康治(栗原英雄)により、殺された可能性があると知る。そんななか牧雄(池内万作)が訪ねてくる。康治が伯朗の実父・一清(R-指定)に行った研究記録を探しているという。脳腫瘍の影響を受けた一清の治療目的だったが、康治は、研究結果に“天才”を生み出すという仮説を立てたと。しかし結論を出す前に、一清が亡くなり。研究は頓挫。研究の凍...

危険なビーナス #08

『実父の死にも重大な秘密!もっと価値あるものの正体とは?』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: