ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「エール」 (第118回・2020/11/25) 感想

連続テレビ小説「エール」

NHK総合・連続テレビ小説『エール』公式サイト
第24週(最終週)『エール』の 第118回の感想。



 本作は、2020/10/29 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


東京オリンピックの開会式を飾るオープニング曲を依頼された裕一(窪田正孝)。開幕が迫る中、音(二階堂ふみ)はなかなか曲を書こうとしない裕一に気をもむ。ある日、音から相談を受けた木枯(野田洋次郎)が古山家にやってくる。その場にいた鉄男(中村蒼)だけでなく、久志(山崎育三郎)、藤丸(井上希美)も集まり、みんなで歌い騒いで盛り上がる。そして、ついに裕一は曲を書き始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●原案:林宏司 ●作:吉田照幸 ●演出:吉田照幸(敬称略)

必死に撮影した素材を繋げて、15分間で第1回に繋げた…

実質的に「残り2回」だから、何を書いても意味はないのだが。まあ、必死に撮影した素材を繋げて、15分間で第1回に繋げた… と言う感じだろうか。アバンタイトルで、古山家にカラーテレビがやって来るくだりの音(二階堂ふみ)の台詞で、劇中の時間が東京オリンピックの1年前の昭和38年であることを描いた。

主題歌明けでは、裕一(窪田正孝)の今の心情を、木枯(野田洋次郎)に代弁させた。その後、いつの間にか鉄男(中村蒼)が巨人軍のファンだったことになっていて、第1回で描かれた鉄男が藤堂先生の墓参りをする件のネタ振り。

せめて鉄男が台所から、おでん鍋を持って出て来るくらい…

今度は、木枯が古山家にやって来て、「おでん屋の鉄男」の振り返り。木枯が「鉄男君のおでん 懐かしいな~」と言っていたが、個人的に懐かしい「おでん屋の鉄男」のエピソードなら…

第63回での、“おでん屋の大将” こと鉄男の粋な計らいで、「はんぺん」をギャラにして裕一の願いを聞いた久志(山崎育三郎)が、屋台に座ったまま「♪故郷」の1コーラス目を感動的に歌ったシーンなのだが。まっ、木枯の出番づくりのためだからしょうがないか。

だったら、せめて鉄男が「できたぞ~」と台所から、おでん鍋を持って出て来るくらいやったら良かったのに…

「その後の顛末は皆さんもご存知」が津田さん吹替え版なら…

その後も、いろいろ描かれたが、なんか、どれも、箇条書きのように繋げて、時間経過させただけのような “もやもや” が残ってしまった。確かに、第1回に繋がっていたし、繋げてもいたのだが、8分過ぎまで描かれた「作曲家の生みの苦しみ」のエピソードと、開会式当日のエピソードが繋がっていないように見えてしまった。

まあ、尺が無いからどうしようもなかったのかも知れないが。でも、そんな中でも、「その後の顛末は 皆さんもご存知」で始まった、映像を早回しでナレーション三昧のくだりをやった。

これも、やるなら、先日のように俳優陣の台詞は全部消して、「津田健次郎さんの吹替え版」にするくらいの振り切った演出で魅せたら良かったと思う。やはり、中途半端はよろしくない…

箇条書きは止むを無くとも、せめて"物語"が欲しかった…

そして、11分過ぎに「10年時間経過」して、池田(北村有起哉)が亡くなり、13分過ぎには「更に5年経過」し、音が乳がんを患い、長い闘病生活に入っていたことになっていた。う~ん、長丁場の朝ドラのエピローグの中のエピローグだから、箇条書きに時間経過するのはしょうがないかも知れない。昨今の事情もあるし、多めに見ないといけない気もする。

ただ、残念なのは、箇条書きだとしても、そこに “ストーリー” が欲しかった。“物語” が欲しかった。裕一自身の開会式の曲の “生みの苦しみ” から “オリンピックと自身の最大の成功”、そして池田の死をきっかけに “生みの苦しみからの解放” へ繋がり、晩年は夫婦二人の闘病生活が始まったと言う “流れ” が見たかった。

あとがき

こんなにも “あっさり” と、主人公にとっての最大の成功と功績が描かれるとは思いませんでした。まあ、金曜日を最高の頂点に持ってくるために、意図的に抑え気味にしたとでも受け取りましょうか。

でも、皆さんは、昨夜に放送された『うたコン「いよいよフィナーレ“エール”SP!」』をご覧になりましたか?公式サイト

「プリンス久志・山崎育三郎×藤丸・井上希美が夢のデュエット」や、細川たかしさんによる『イヨマンテの夜』、バナナマン日村さんの熱い解説など、本編の最終回と言って良い程の感動作でした。あれを見てしまったので、今は、明日はともかく、最終回が『うたコン』より盛り上がるのを期待するばかりです。

NHKプラスの見逃しのリンクは下記です。
https://plus.nhk.jp/watch/



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14888/


【これまでの感想】

第1週『初めてのエール』
1 2 3 4 5 
第2週『運命のかぐや姫』
6 7 8 9 10 
第3週『いばらの道』
11 12 13 14 15 
第4週『君はるか』
16 17 18 19 20 
第5週『愛の協奏曲』
21 22 23 24 25 
第6週『ふたりの決意』
26 27 28 29 30 
第7週『夢の新婚生活』
31 32 33 34 35 
第8週『紺碧(ぺき)の空』
36 37 38 39 40 
第9週『東京恋物語』
41 42 43 44 45 
第10週『響きあう夢』
46 47 48 49 50 
第11週『家族のうた』
51 52 53 54 55 
第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』
56 57 58 59 60 
第13週『スター発掘オーディション』
61 62 63 64 65 
[再]第1週『初めてのエール』佐藤久志(山崎育三郎)
1 2 3 4 5
[再]第2週『運命のかぐや姫』佐藤久志(山崎育三郎)
6
[再]第2週『運命のかぐや姫』関内吟(松井玲奈)
7 8 9 10
[再]第3週『いばらの道』関内吟(松井玲奈)
11 12
[再]第3週『いばらの道』藤堂清晴(森山直太朗)
13 14 15
[再]第4週『君はるか』藤堂清晴(森山直太朗)
16 17 18
[再]第4週『君はるか』御手洗清太郎(古川雄大)
19 20
[再]第5週愛の狂騒曲』御手洗清太郎(古川雄大)
21 22 23 24
[再]第5週『愛の狂騒曲』村野鉄男(中村蒼)
24
[再]第6週『ふたりの決意』村野鉄男(中村蒼)
25 26 27 28 29 30
[再]第7週『夢の新婚生活』梶取保(野間口徹)
31 32 33 34 35
[再]第8週『紺碧(ぺき)の空』梶取保(野間口徹)
36
[再]第8週『紺碧(ぺき)の空』古山まさ(菊池桃子)
37 38 39 40
[再]第9週『東京恋物語』古山まさ(菊池桃子)
41 42
第9週『東京恋物語』音の妹・関内 梅(森七菜)
43 44 45
[再]第10週『響きあう夢』音の妹・関内 梅(森七菜)
46 47 48
[再]第10週『響きあう夢』川俣銀行時代の菊池昌子(堀内敬子)
49 50
第11週『家族のうた』川俣銀行時代の菊池昌子(堀内敬子)
51 52
[再]第11週『家族のうた』藤堂先生と結婚後の藤堂昌子(堀内敬子)
53 54
[再]第11週『家族のうた』喫茶バンブーの梶取恵(仲里依紗)
55
[再]第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』梶取恵(仲里依紗)
56 57 58 59 60
[再]第13週『スター発掘オーディション!』川俣銀行支店長(相島一之)
61 62 63 64 65
いよいよ来週から! 連続テレビ小説「エール」再開SP
第14週『弟子がやって来た!』
66 67 68 69 70 
第15週『先生のうた』
71 72 73 74 75 
第16週『不協和音』
76 77 78 79 80 
第17週『歌の力』
81 82 83 84 85 
第18週『戦場の歌』
86 87 88 89 90 
第19週『鐘よ響け』
91 92 93 94 95 
第20週『栄冠は君に輝く』
96 97 98 99 100 
第21週『夢のつづきに』
101  102103 104 105 
第22週『ふるさとに響く歌』
106  107 108 109 110 
第23週『恋のメロディ』
111 112 113 114 115 
第24週(最終週)『エール』
116 117

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

サラッとチラッと>『エール』第118話

​​​​​​​​​​​​​​​​最終回に向けて​全員集合!​ …といった感じの今回。 御手洗さんの登場の仕方が面白かった。 …それだけ>こらこら あ、ひじゅに拘りの食事シーンだけど 木枯さんは、なかなか良い感じだと思った。 …それだけ×2>こらこら×2 …ひじゅにですが何か? ​「音さんの声、合うね!」​by木枯 ↑木枯さんったら、最終回間近だからって お世辞言わなくて...

サラッとチラッと>『エール』第118話

​​​​​​​​​​​​​​​​最終回に向けて​全員集合!​…といった感じの今回。御手洗さんの登場の仕方が面白かった。…それだけ>こらこらあ、ひじゅに拘りの食事シーンだ...

連続テレビ小説『エール』第118回

内容オリンピックソングの依頼が入る裕一(窪田正孝)だが、開会1年前にもかかわらず、未だに作っていなかった。心配する音(二階堂ふみ)は、木枯(野田洋次郎)に相談する。すると木枯は。。。。その後、木枯が古山家にやってくる。鉄男(中村蒼)久志(山崎育三郎)藤丸(井上希美)もやって来て。。。敬称略作、吉田照幸さんってことで。初回に繋がる。。。。である。いやまぁ。。。繋がってるんだけど。なんだろ、この...

【エール】第118回(第24週 水曜日) 感想

…木枯(野田洋次郎)が古山家にやってくる。その場にいた鉄男(中村蒼)だけでなく、久志(山崎育三郎)、藤丸(井上希美)も集まり、みんなで歌い騒いで盛り上がる。そし…
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: