ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

姉ちゃんの恋人 (第5話・2020/11/24) 感想

姉ちゃんの恋人

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『姉ちゃんの恋人』公式
第5話『告白の返事に涙…彼が下した決断は?』の感想。



桃子(有村架純)の告白に返事をせず、申し訳なさそうな表情を見せる真人(林遣都)。そんな彼に困惑する桃子は一部始終をみゆき(奈緒)に語り、みゆきは和輝(高橋海人)とのことを伝えそびれてしまう。一方、桃子が恋する相手を一目見ようと考えた和輝ら弟達は、笑顔で働く真人を見て、桃子の相手だと直感する。その頃、菊雄(光石研)は貴子(和久井映見)の働く弁当店へ向かい…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、最後から二番目の恋、セミオトコ、少年寅次郎)
演出:三宅喜重(過去作/過去作/銭の戦争、嘘の戦争、10の秘密) 第1,2,3
   本橋圭太(過去作/緊急取調室1,2,3、TWO WEEKS、ケイジとケンジ)
   宝来忠昭(過去作/僕の初恋をキミに捧ぐ、家政夫のミタゾノ3、セミオトコ) 第4,5
音楽:眞鍋昭大(過去作/SUITS[1,2]、後妻業、おじさんはカワイイものがお好き。)
主題歌:Mr.Children「Brand new planet」(トイズファクトリー)

"環境音だけの12秒間"は、大胆で自然な人物描写だった

つい、演出的な部分へ目が行ってしまうのだが…

序盤の2分頃、BBQが終わった4人が公園内を歩いている時、真人(林遣都)が「忘れないだろうな 今日のこと。うん 絶対忘れないな」と笑顔で話したあとの、4人が歩くカットが少しだけスローモーションになり、台詞も効果音もBGMも入らない環境音だけで、4人が笑顔で気持ちを共有し合う “約12秒間” が素晴らしかったなぁと思う。

僅かにスローになっていて、鳥のさえずりや、足音、洋服が擦れ合う音だけで、前回での楽しい様子が手に取るように伝わって来る。これ、恐らく前回を見逃した人でも、冒頭の前回までの振り返りと、この “環境音だけの12秒” があれば、凡その展開の察しはつくと思う。

もちろん、林遣都さんを始めとした俳優さんたちの演技があるから “環境音だけの12秒” が成立するわけだが、だとしても、大胆、且つ、自然な人物描写だったと思う。

"引き算の演出"が積み重なることで作品に没入しやすくなる

もう一つ、演出的にいいなぁと思ったシーンを挙げてみたい。

13分頃、いつものコンビニの前で桃子(有村架純)とみゆき(奈緒)の会話シーンがあった。みゆきに桃子が「真人に告白をした」と話すシーンだ。そのやり取りの殆どが、桃子が告白した時の真人の顔の表情のことだ。岡田惠和氏の脚本らしく、その時に桃子が真人の表情から感じたことを、丁寧に言葉で説明して行く。

普通なら、ワンカットくらい “その時の真人のアップ” を入れることで桃子の言っていることに信憑性が生まれるし(林さんの演技が素晴らしいから)説得力も出る。ただ、前述の “約12秒間” と同じ手法で、徹底的に桃子の説明とそれを聞いて理解しようとするみゆきの描写だけに拘った。

まあ、所謂、あれこれ加えて説明過多にするのとは真逆の「引き算の演出」なわけだが、「引き算」を積み重ねることで、視聴者は「ないものねだり」になり、その結果 “想像の域” が広く深くなる。だから、先が知りたくなり、見たくなり、惹き込まれて行く… と、思う。

舞台が"プチ明るい未来の日本"だから、"前向き"になれる!

演出の話ばかりではなんだから、これで最後にするが。

第1回の感想から書き続けていることだが、本作の劇中の世界は、2020年のコロナ禍の日本の10月のハロウィーンから(恐らく)12月のクリスマスまでの期間だが、「三密」や「ソーシャルディスタンス」や「マスク着用」などの現実的な要素は排除した「プチ明るい未来の日本」だ。

そこが、現実離れしていると思う人はいるかも知れないが、私は、その「プチ明るい未来」の “映像的なさじ加減” が、とても心地良いのだ。今や、「家庭内感染を防止するために、家の中でもマスク着用だ」… なんて言う情報番組のコメンテーターがいるご時世だ。

でも、本作の中では、コンビニの前で業務用おでん鍋を抱えて食べたり、バーでの何気ない2組の「二人女子会」が描かれたり、明るい空の下での「野球の試合」など、束の間だが現実を忘れさせてくれるシーンが、幾つか入る。

更に “まるで絵に描いたドラマ” のように、気持ちが良過ぎる位の音量とタイミングで、ミスチルの主題歌が入って来る。真人の投球シーンを見ただけで、「よし、オレも明日から頑張ろう!」と思った。そして、こう言うのが、朝ドラだったら… と、今、思う。

菊雄と真人の複雑な心境を丁寧に描いた、折り返しの第5話!

さて、ドラマとしては、真人の保護司である川上菊雄(光石研)が真人の母・貴子(和久井映見)へ吐露した複雑な “二つの親心” のようなものが、とてもドラマの重要なファクターになったと思う。あの菊雄の動揺があったからこそ、終盤での真人の桃子への複雑な心境の吐露が活きて来たのだ。

前回の「ダブルデート」から、それぞれがいろいろ考えて、一人で思い悩むのでなく、親友や同僚に直接会って相談すると言うのが良かった。SNSやメールは敢えて「スイッチ」であって、届いても届かなくても、心の「スイッチ」が入って動き出す。そして、遂に、桃子と真人の前に分厚い壁、大きな山が立ちはだかった。そんな折り返しに相応しい第5話だった。

あとがき

恋のライバルが登場してドタバタやるのではなく、主人公の桃子と真人をまず徹底的に掘り下げて描き、その他の脇役の部分で、シリアスとコミカルのバランスをうまく取っている感じですね。本当に丁寧に作られていると思います。あと、真人の良き理解者である悟志(藤木直人)は、本当は何者なのでしょう? その辺も大いに気になります。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

あとで読む



★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14886/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

姉ちゃんの恋人 第5話

真人(林遣都)に告白した桃子(有村架純)ですが、真人は返事をせずに申し訳なさそうな表情を見せます。 真人も同じように自分に好意を抱いていると思っていた桃子は困惑して、みゆき(奈緒)に一部始終を報告するのでした。 和輝(高橋海人)のことを桃子に打ち明けようと思っていたみゆきは、タイミングを逃してしまいました。 一方、和輝たち3人の弟たちは姉が恋する相手を一目見ようと、桃子に内緒でホームセ...

姉ちゃんの恋人 第5話

内容桃子(有村架純)は、真人(林遣都)に告白した。だが真人は、何も答えず。桃子を困惑させる。そして、楽しい時間は、終わりを告げるのだった。その後、桃子はみゆき(奈緒)と会う約束をして、真人に告白したと打ち明ける。コトの全てを。みゆきも和輝(高橋海人)とのことを打ち明けようとしたが。。。そのころ和輝ら三兄弟は、桃子が好きな人を見たいと思い、桃子には黙ってホームセンターへ。働く真人の姿を見て、桃...

姉ちゃんの恋人 第5話 「告白の返事に涙…彼が下した決断は?」

桃子(有村)からの告白に、真人(林遣都)が、ついに答えを真人。過去に恋人を守る為に起こした、傷害事件が壁となり思い悩むことしきり。桃子、予想外の展開に困惑モード。それにしても、桃子の弟達が「姉ちゃんの恋人」を見に、ゾロゾロと、やってくるとは!貴子(和久井映見)と、フジッキーの「オトナの恋」も可愛いし…ひたすら、心でエールしながらの、見守りモードです。    (ストーリー)桃子(有村架純)の告...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: