ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「エール」 (第116回・2020/11/23) 感想

連続テレビ小説「エール」

NHK総合・連続テレビ小説『エール』公式サイト
第24週(最終週)『エール』の 第116回の感想。



 本作は、2020/10/29 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


アキラ(宮沢氷魚)が華(古川琴音)と結婚の許しを得ようと古山家にやってくる。憮然とする裕一(窪田正孝)と心配する音(二階堂ふみ)。裕一と音は、アキラのロカビリー歌手という不安定な職業や、これまでの派手な生活から結婚に反対する。アキラは華を思って作ったという曲を熱唱。すると裕一と音は、アキラの娘への真剣な愛を感じるとともに、自分たちの結婚のときのことを思い出し…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●原案:林宏司 ●作:吉田照幸 ●演出:吉田照幸(敬称略)

主題歌明け、裕一の不機嫌な理由が不可解で…

主題歌明けに、華(古川琴音)が「娘を持つ父」と言っていた。まあ、そう言う立場なのだろが、茶の間の裕一(窪田正孝)は、えらく不機嫌。

これって、先週の病院のくだりで、音(二階堂ふみ)と華とアキラ(宮沢氷魚)が結託して、自分を騙したことに不機嫌なのか、「娘を持つ父」だから不機嫌なのか、もう序盤から分からなかった。

終わったことに、あれこれ言ってもしょうがないが、ロカビリー歌手であることを隠すと言う無駄話が、裕一が父親として娘を大切に思う気持ちがぼやけて描写されたのだ。あんなのやらずに、「ナレ婚」で良かったと言ってしまったら、それまでだが…

ただの昔話も「津田さんの吹替え版」にしたら良かったのに

で、少し見ていたら、アキラの収入が低いから、それでは娘が幸せになれないから不機嫌だったのが分かった。まあ、何度も書くが、一般的なドラマに於ける「娘を持つ父」なら分かるのだが、裕一がこう言うのは、かなり違和感を覚えた。まさか、最終週だから、エイヤァ!ってキャラクター変えちゃった?

そして、話は “ただの昔話” へ。こんな “ただの昔話” だって、当時の映像を使って、紙芝居風にして「津田さんの吹替え版」で面白おかしく見せたら良かったのに。どうせ、着地点は分かっているのだから。

アキラの"あの歌"で裕一と音の心が動く展開には無理がある

中盤では、全く興味関心のないアキラの人物紹介。それにまた “ただの昔話” か…。そして、やっと9分過ぎに、アキラの歌。アキラの歌を聞いて、裕一と音が自分たちの結婚の時を思い出して… と言うのは予想通りだが、期待していたのとはだいぶ違った。

難しいとは思ったが、流石に “あの歌” で、裕一と音の心が動くのは、音楽、歌、そして「古関裕而さん」を扱う朝ドラとしては、完全に物足りなかった。公式でネタバレしているから分かってはいたが、今回で一気に結婚式まで描いちゃって良かったと思う。

あとがき

昨日は、11月22日で「いい夫婦の日」で、ホテル内の宴会場は結婚披露宴で大混雑でした。そして、今日は、11月23日で「いい夫妻の日」と言われていますが、三連休の最終日なので披露宴は少ないです。

なぜ、こんな話を書いたのかと言うと、昨日に担当させて頂いた新郎新婦さんは家庭の事情とコロナの影響で、3回も延期して、遂に昨日、結婚式と披露宴を挙げることが出来たそうです。新婦からの両親への手紙や、新郎の挨拶を聞いて、本当に今日まで大変だったのだなぁと思いました。私はミスをしないことでしか応援は出来ませんが…

カップル、夫婦の数だけ “幸せのカタチ” 幸せのカタチがあると、私は仕事を通しても見ています。ただ、今回の裕一と音、華とアキラを見て、これが「カップル、夫婦の数だけ幸せのカタチがある」ってことを描いているのかな? と思ってしまいました。

完全に、お尻(最終週)に全てのしわ寄せが来ているのは分かりますが、先週と今週で、もっとやりようがあったと思います。もっと自然な展開で、音楽を愛する男同士が共感するとか。久志(山﨑育三郎)が華の結婚相手に、歌が上手い若手歌手のアキラを紹介するとか。「病院で…」に無理があり過ぎたと思います。

気持ちを切り替えて、明日の『オリンピックマーチ』のお話に期待します。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14879/


【これまでの感想】

第1週『初めてのエール』
1 2 3 4 5 
第2週『運命のかぐや姫』
6 7 8 9 10 
第3週『いばらの道』
11 12 13 14 15 
第4週『君はるか』
16 17 18 19 20 
第5週『愛の協奏曲』
21 22 23 24 25 
第6週『ふたりの決意』
26 27 28 29 30 
第7週『夢の新婚生活』
31 32 33 34 35 
第8週『紺碧(ぺき)の空』
36 37 38 39 40 
第9週『東京恋物語』
41 42 43 44 45 
第10週『響きあう夢』
46 47 48 49 50 
第11週『家族のうた』
51 52 53 54 55 
第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』
56 57 58 59 60 
第13週『スター発掘オーディション』
61 62 63 64 65 
[再]第1週『初めてのエール』佐藤久志(山崎育三郎)
1 2 3 4 5
[再]第2週『運命のかぐや姫』佐藤久志(山崎育三郎)
6
[再]第2週『運命のかぐや姫』関内吟(松井玲奈)
7 8 9 10
[再]第3週『いばらの道』関内吟(松井玲奈)
11 12
[再]第3週『いばらの道』藤堂清晴(森山直太朗)
13 14 15
[再]第4週『君はるか』藤堂清晴(森山直太朗)
16 17 18
[再]第4週『君はるか』御手洗清太郎(古川雄大)
19 20
[再]第5週愛の狂騒曲』御手洗清太郎(古川雄大)
21 22 23 24
[再]第5週『愛の狂騒曲』村野鉄男(中村蒼)
24
[再]第6週『ふたりの決意』村野鉄男(中村蒼)
25 26 27 28 29 30
[再]第7週『夢の新婚生活』梶取保(野間口徹)
31 32 33 34 35
[再]第8週『紺碧(ぺき)の空』梶取保(野間口徹)
36
[再]第8週『紺碧(ぺき)の空』古山まさ(菊池桃子)
37 38 39 40
[再]第9週『東京恋物語』古山まさ(菊池桃子)
41 42
第9週『東京恋物語』音の妹・関内 梅(森七菜)
43 44 45
[再]第10週『響きあう夢』音の妹・関内 梅(森七菜)
46 47 48
[再]第10週『響きあう夢』川俣銀行時代の菊池昌子(堀内敬子)
49 50
第11週『家族のうた』川俣銀行時代の菊池昌子(堀内敬子)
51 52
[再]第11週『家族のうた』藤堂先生と結婚後の藤堂昌子(堀内敬子)
53 54
[再]第11週『家族のうた』喫茶バンブーの梶取恵(仲里依紗)
55
[再]第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』梶取恵(仲里依紗)
56 57 58 59 60
[再]第13週『スター発掘オーディション!』川俣銀行支店長(相島一之)
61 62 63 64 65
いよいよ来週から! 連続テレビ小説「エール」再開SP
第14週『弟子がやって来た!』
66 67 68 69 70 
第15週『先生のうた』
71 72 73 74 75 
第16週『不協和音』
76 77 78 79 80 
第17週『歌の力』
81 82 83 84 85 
第18週『戦場の歌』
86 87 88 89 90 
第19週『鐘よ響け』
91 92 93 94 95 
第20週『栄冠は君に輝く』
96 97 98 99 100 
第21週『夢のつづきに』
101  102103 104 105 
第22週『ふるさとに響く歌』
106  107 108 109 110 
第23週『恋のメロディ』
111 112 113 114 115 
第24週(最終週)『エール』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ムーンライトセレナーデ>『エール』第115話

​​​​​​​​​​​​​​​今日は、あの 『ムーンライトセレナーデ』が 見せ場(聞かせ場?)なんだろうな。 微塵も感動しなくて、ごめんねジロー…じゃなくてアキラ! タイトルからグレン・ミラーを思い浮かべてしまったのがマズかった(笑) いっそ、『島唄』でも歌えば良かったのに。 華ちゃんと全然関係ないけど(笑) でも、ムーンライトだって関係ないよね。 2人で眺めたシーンがあったわけじゃなし...

ムーンライトセレナーデ>『エール』第115話

​​​​​​​​​​​​​​​今日は、あの『ムーンライトセレナーデ』が見せ場(聞かせ場?)なんだろうな。微塵も感動しなくて、ごめんねジロー…じゃなくてアキラ!タイトルか...

連続テレビ小説『エール』第116回

「エール」内容アキラ(宮沢氷魚)が退院の日を迎えた。だが、そのせいで、裕一(窪田正孝)に職業がバレてしまう。少しして、アキラが、華(古川琴音)との結婚の許しを得るため、古山家にやってくる。“娘の父”という態度の裕一は、結婚の許しを与えない。「今の収入で、華を養えますか?」と。そんな裕一に、音(二階堂ふみ)が、裕一も同じだったと、指摘する。が、華も知らない、アキラの過去の女性関係を聞いて、音も...

最終週は、ドタバタから。今週は、ミスチル桜井和寿の長男も(エール)

ついに「エール」も最終週。うんと、ユーモラスな、プロポーズの御挨拶編が描かれました話題のキャスティングが発表。ドラマー役だそうですね。どんな登場になるのかな? 役どころは? いろいろな意味で、楽しみ楽しみ。

【エール】第116回(第24週 月曜日) 感想

…心配する音(二階堂ふみ)。裕一と音は、アキラのロカビリー歌手という不安定な職業や、これまでの派手な生活から結婚に反対する。アキラは華を思って作ったとい…
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: