ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「エール」 (第111回・2020/11/16) 感想

連続テレビ小説「エール」

NHK総合・連続テレビ小説『エール』公式サイト
第23週『恋のメロディ』の 第111回の感想。



 本作は、2020/10/29 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


昭和27年4月。伝説的ラジオドラマとして語り継がれることになる池田(北村有起哉)の作品「君の名は」の放送がはじまる。何度もすれ違う真知子と春樹に、日本中が熱狂することになるこの作品。当初、池田の想定は全くそうではなく、三家族を並行して描く画期的な社会派ドラマをめざしていたのだった。状況に対応してギリギリに仕上がる池田の台本に裕一(窪田正孝)が曲をつけたこのドラマは大人気となる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●原案:林宏司 ●作:吉田照幸 ●演出:吉田照幸、安食大輔、谷口尊洋(敬称略)

華の恋バナのイントロに、「君の名は」を使った月曜日

予告編で、且つ、今週のサブタイトルが『恋のメロディー』だから、華(古川琴音)の恋バナを描くのは明白な一週間だ。そして、いよいよ『エール』も残り2週、10回の放送となった最初の月曜日だ。

ただ、流石に月曜日から華の恋バナが始まると、完全にスピンオフ状態になってしまうから、ラジオドラマ『君の名は』の制作秘話をイントロに使ったと言う感じの15分間だった。

今回を見て思ったことが、二つある

今回を見て思ったことが、二つある。一つは評価したいこと。もう一つは苦言と言うか残念なところと言うか、希望みたいなこと。

「再現ドラマ」でなく『エール』らしく見えたのが良かった

まず、評価したいのは、ラジオドラマ『君の名は』の制作秘話は、ある程度の視聴者層なら知っている話だ。ネットで調べれば、誰でも知り得ることでもある。だから、普通に描いたら、完全に「再現ドラマ」になってしまう。そこへ、音響効果マンの春日部(日村勇紀)が加わった。

それだけで、特に「土曜日版」も見ている視聴者なら、俄然と『エール』らしさが醸し出されるし、見ていなくても、日村さんが登場することでコント風のやり取りが良いアクセントになったと感じた人が多かったと思う。もちろん、鬱陶しいと感じた人もいるだろうが…

なぜ、今週は「君の名は」を中心に描かなかったのだろう…

とは言え、「再現ドラマ」ではなく、本編に組み込まれた、裕一(窪田正孝)と池田(北村有起哉)の二人の “プロ意識” や二人が創出する “エンターテインメントの現場” を垣間見えたような気がした。なぜ、今週の構成を『君の名は』のくだりを中心に、古関裕而さんの名曲誕生秘話を盛り込まなかったのか、不思議でしょうがない…

朝ドラの終盤で、主人公のどこまでを描くのかは意外と重要

もう一つの思ったことは、華の恋バナをやりたいなら、本放送が終わってから「スピンオフ・ドラマ」として晩年の古山夫婦、古山一家の物語として、興味関心のある人だけ見るスタイルにして欲しかった… と言うことだ。

まあ、朝ドラの主人公がそれなりの年齢になると、その子どもの就職や結婚を描くことは良くあること。それ自体は間違っているとは思わない。だって、朝ドラは、「一代記」みたいな部分があるから、その主人公の何処までを描くかも大きな見所だから。だから、親としての佇まいも見てみたいと思うのは自然だと思う。

本作は、主人公の親族以外の"脇役の恋バナが多い"と思う…

ただ、『エール』に関しては、個人的な印象として「主人公の親族以外の “脇役の恋バナ” が多い」と感じている。

本編とスピンオフ週を少し思い出してみても、藤堂先生(森山直太朗)と昌子(堀内敬子)、双浦環(柴咲コウ)と今村嗣人(金子ノブアキ)、鉄男(中村蒼)と希穂子(入山法子)、久志(山﨑育三郎)と藤丸(井上希美)などがあった。

まあ、扱いについては、双浦環について完全なスピンオフだったから別にすると、鉄男と希穂子は濃いめ、藤堂先生や久志はやや薄めと言った感じだろうか。ただ、前述した脇役たちは別に本業があった上での “恋バナ” ばかりだ。

そもそも、華は恋愛をしている印象しかない…

しかし、今週の華についてはどうだろう? こう言っては何だが、華は幼少期は別にして、戦中から恋をしている印象しかないのだが。せめて、主人公の親族の “恋バナ” なら浩二(佐久本宝)と畠山まき子(志田未来)くらいの、あっさり目の扱いで良かったと思う。

あとがき

“昨今の事情” があるので、思うように作り込めないのは理解します。ただ、「土曜日版」の感想にも書きましたが、 NHKは受信料を払っている視聴者たちに、どこまで本気で、このコロナ禍の中で連続テレビ小説『エール』を楽しんで貰いたいと考えているのか? と言うことなんです。

全130回が全120回になったのなら、思い切って全110回にして、次の『おちょやん』が始まる前に、浩二の結婚や華の恋バナ、晩年の裕一と音を「スピンオフ・ドラマ」にしても良かったなぁと。そのような方針になれば、第21週『夢のつづきに』での慈善音楽会のくだりを短くして、裕一の作曲パートを掘り下げることが出来たのではないかと…

まあ、愚痴っても改善されませんから、せめて、今週は、父親として娘を思う裕一の心情を、どこまで丁寧に描いてくれるかを見てみようと思います。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14854/


【これまでの感想】

第1週『初めてのエール』
1 2 3 4 5 
第2週『運命のかぐや姫』
6 7 8 9 10 
第3週『いばらの道』
11 12 13 14 15 
第4週『君はるか』
16 17 18 19 20 
第5週『愛の協奏曲』
21 22 23 24 25 
第6週『ふたりの決意』
26 27 28 29 30 
第7週『夢の新婚生活』
31 32 33 34 35 
第8週『紺碧(ぺき)の空』
36 37 38 39 40 
第9週『東京恋物語』
41 42 43 44 45 
第10週『響きあう夢』
46 47 48 49 50 
第11週『家族のうた』
51 52 53 54 55 
第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』
56 57 58 59 60 
第13週『スター発掘オーディション』
61 62 63 64 65 
[再]第1週『初めてのエール』佐藤久志(山崎育三郎)
1 2 3 4 5
[再]第2週『運命のかぐや姫』佐藤久志(山崎育三郎)
6
[再]第2週『運命のかぐや姫』関内吟(松井玲奈)
7 8 9 10
[再]第3週『いばらの道』関内吟(松井玲奈)
11 12
[再]第3週『いばらの道』藤堂清晴(森山直太朗)
13 14 15
[再]第4週『君はるか』藤堂清晴(森山直太朗)
16 17 18
[再]第4週『君はるか』御手洗清太郎(古川雄大)
19 20
[再]第5週愛の狂騒曲』御手洗清太郎(古川雄大)
21 22 23 24
[再]第5週『愛の狂騒曲』村野鉄男(中村蒼)
24
[再]第6週『ふたりの決意』村野鉄男(中村蒼)
25 26 27 28 29 30
[再]第7週『夢の新婚生活』梶取保(野間口徹)
31 32 33 34 35
[再]第8週『紺碧(ぺき)の空』梶取保(野間口徹)
36
[再]第8週『紺碧(ぺき)の空』古山まさ(菊池桃子)
37 38 39 40
[再]第9週『東京恋物語』古山まさ(菊池桃子)
41 42
第9週『東京恋物語』音の妹・関内 梅(森七菜)
43 44 45
[再]第10週『響きあう夢』音の妹・関内 梅(森七菜)
46 47 48
[再]第10週『響きあう夢』川俣銀行時代の菊池昌子(堀内敬子)
49 50
第11週『家族のうた』川俣銀行時代の菊池昌子(堀内敬子)
51 52
[再]第11週『家族のうた』藤堂先生と結婚後の藤堂昌子(堀内敬子)
53 54
[再]第11週『家族のうた』喫茶バンブーの梶取恵(仲里依紗)
55
[再]第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』梶取恵(仲里依紗)
56 57 58 59 60
[再]第13週『スター発掘オーディション!』川俣銀行支店長(相島一之)
61 62 63 64 65
いよいよ来週から! 連続テレビ小説「エール」再開SP
第14週『弟子がやって来た!』
66 67 68 69 70 
第15週『先生のうた』
71 72 73 74 75 
第16週『不協和音』
76 77 78 79 80 
第17週『歌の力』
81 82 83 84 85 
第18週『戦場の歌』
86 87 88 89 90 
第19週『鐘よ響け』
91 92 93 94 95 
第20週『栄冠は君に輝く』
96 97 98 99 100 
第21週『夢のつづきに』
101  102103 104 105 
第22週『ふるさとに響く歌』
106  107 108 109 110 
第23週『恋のメロディ』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

恋のメロディ>『エール』第111話

​​​​​​​​​​​​​​今更だけど ももももしかして 野田洋次郎さんを起用したのは 『君の名は』繋がり? 今更だけど(笑) …ひじゅにですが何か? ​「それで半年持ちますか?」​by重森 ↑半年どころか、2年は続いたんだよね。 凄いなあ。 するってえと、2年もすれ違いが続いたのか? 凄いなあ(笑) ラジオドラマ『君の名は』スタート。 タイトルは、ボンクラひじゅに...

恋のメロディ>『エール』第111話

​​​​​​​​​​​​​​今更だけどももももしかして野田洋次郎さんを起用したのは『君の名は』繋がり?今更だけど(笑)…ひじゅにですが何か?​「それで半年持ちますか?」​b...

連続テレビ小説『エール』第111回

「恋のメロディ」内容昭和27年4月。池田二郎(北村有起哉)による“君の名は”の放送が開始。後に伝説的ラジオドラマになる作品だった。開始後も、様々なアイデアを入れ、台本を変えていく池田。曲を作る裕一(窪田正孝)だけでなく、スタッフ達も大忙しで。。。。敬称略作、吉田照幸さん演出は、吉田照幸さん、安食大輔さん、谷口尊洋さんしっかし。。。なぜ、“恋のメロディ”なんだろうなぁ。ってことは、重心は、そっ...

【エール】第111回(第23週 月曜日) 感想

…「君の名は」の放送がはじまる。何度もすれ違う真知子と春樹に、日本中が熱狂することになるこの作品。当初、池田の想定は全くそうではなく、三家族を並行して描…
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: