ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

危険なビーナス (第6話・2020/11/15) 感想

危険なビーナス

TBSテレビ系・日曜劇場『危険なビーナス』公式
第6話『母は殺された!? 弟もその謎を追っていた…』、ラテ欄『母の死は殺人だった? 真相を追う弟が失踪した訳 矢神家に隠された謎』の感想。
なお、原作の小説、東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)は未読。



明人(染谷将太)が母・禎子(斉藤由貴)の死は事故ではなく殺人と考え、犯人を捜していたことを告白した楓(吉高由里子)。それを聞いた伯朗(妻夫木聡)は、自分が明人から信用されていなかったとショックを受ける。犯人捜しと失踪の関連を疑う伯朗と楓は、牧雄(池内万作)の言う‘遺産30億円よりもっと価値のあるもの’が禎子の死に関わっているのではと推理するが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、モンテ・クリスト伯、グランメゾン東京、アンサングシンデレラ)
演出:佐藤祐市(過去作/WATER BOYS、メゾン・ド・ポリス) 第1,2,3,6
   河野圭太(過去作/僕らは奇跡でできている、4分間のマリーゴールド) 第4,5
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、東京タラレバ娘、シャーロックUS,テセウスの船)
主題歌:back number「エメラルド」(ユニバーサルシグマ)

第6話になって、やっと物語が動き出した!

第6話になって、やっと物語が動き出した。これが、素直な感想だ。だって、そもそも遺産相続争いを描くとしても、ミステリーならば、その “きっかけ” である「母・禎子の死の真実とは!?」こそが最大のミステリーであるわけだから、そこを徹底的に描くべきだったのだ。

これまで主人公もミステリーも曖昧に放置したのが失敗か…

しかし、本作は肝心な部分を描かずに、分かり難い人間関係をそのまま放置して、更に主人公である伯朗(妻夫木聡)を受け身側にして、楓(吉高由里子)を積極的に動かしたことで、主人公が誰なのかも、ミステリーが何であるかも、あやふやに第5話まで描きて来た。流石に、これを面白いと評価するのは難しかった。

祥子の「らしくなってきたじゃない」が物語が動き出した宣言

だが、冒頭3分過ぎ、漸く犯人捜しと失踪の関連を疑って動き出しそうな伯朗に対して、祥子(安蘭けい)が高笑いをしながら言った「らしくなってきたじゃない」こそが、間違いなく “物語が動き出した宣言” に私には聞こえた。

第6話で折り返し地点は過ぎていることからすると、時は既に遅いが、まあ、このままダラダラと進むよりは、ずっとマシだから「いよいよ」と言う思いで今後を見ようと思う。

あとがき

今回くらいに、主人公が主体的に騒動に関わり、関係者同士のやり取りを描いてくれれば、これまでもミステリーとして楽しめたと思います。と言うか、今回を第1話にして少し放送拡大して、妻夫木聡さんの見せ場を加えた方が高評価を受けたかも知れません。あと、もう少しテンポが良ければ… と言うのは欲張りですよね。

【厳重注意】原作既読の方、ネタバレのコメント投稿はお止め下さい。私は目にして不愉快ですし、他の方に読ませてくないので公開もしません。なお、ご本人はネタバレになっていないと思っても、ネタバレになっていることがあることも承知して頂けると助かります。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14852/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

危険なビーナス 第6話「母の死は殺人だった?真相を追う弟が失踪した訳矢神家に隠された謎」

一部では、なまじ原作が、人気の東野圭吾印だけに、謎のヒロインを演じる、吉谷由里子、ユーモラスに現代っ娘を演じた「タラネバ娘」がハマリ役だっただけに、キャスティング・ミスでは?の声もあるみたいですが私は、なかなかに、このコンビ、好きです。それにしても、染谷将太、ここでは、大河の信長とえらい違いですね。弱々の、頼りな青年で、両方、演じられるの自体、エライの… かも。謎が謎を呼んでいるし、半ば意識...

危険なビーナス 第6話

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が矢神家の人間に殺害されたと聞き、ショックを受けます。 楓(吉高由里子)からも、明人(染谷将太)が禎子の死の真相を暴こうとしていたことを聞かされて・・・ 明人の失踪と禎子の死の真相について考えていた伯朗と楓は、「30億円の遺産よりももっと価値があるもの」と言う牧雄(池内万作)の言葉が気に掛かります。 そんな中、牧雄が「退院する」とメモを残して、病...

日曜劇場『危険なビーナス』第6話

内容祥子(安嵐けい)から、母・禎子(斉藤由貴)が事故死では無く、矢神家の誰かに殺されたと言われ、動揺する伯朗(妻夫木聡)そして葬儀の時、弟・明人(染谷将太)からアリバイを聞かれたことを思い出す。佐代(麻生祐未)勇磨(ディーン・フジオカ)親子こそ犯人だろうと。祥子の母を殺したのも、2人だろうという。そのうえ、楓(吉高由里子)から明人も母・禎子の死に疑問を抱いていたと聞かされる。だが伯朗は疑問を...

危険なビーナス #06

『母の死は殺人だった?真相を追う弟が失踪した訳 矢神家に隠された謎』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: