ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

七人の秘書 (第3話・2020/11/5) 感想

七人の秘書

テレビ朝日系・木曜ドラマ『七人の秘書』公式
第3話『白い巨頭の黒い敵を潰せ!!』の感想。




サラン(シム・ウンギョン)が秘書を務める大学病院院長・西尾(大和田伸也)が、内科医・麻里(松本若菜)を追い出そうと画策する。息子の直哉(忍成修吾)を内科部長にするため、優秀な麻里が邪魔なのだ。標的を西尾父子に定めた萬(江口洋介)達。サランは西尾が厚労大臣・佐山(大河内浩)と会う料亭に盗聴器を仕掛け、千代(木村文乃)らは直哉との合コンで内情を探る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:中園ミホ(過去作/やまとなでしこ、ハケンの品格1,2、ドクターX1-4,6) 第1,2
   香坂隆史(過去作/限界団地緊急、取調室3、ドクターX6、家政夫のミタゾノ4) 3
   林誠人(過去作/ドクターX2,3,4,5,6、家政夫のミタゾノ2,4)
演出:田村直己(過去作/ドクターX1,2,3,4,5,6、未解決の女1,2) 第1,2
   山田勇人(過去作/ドクター-X 3)
   片山修(過去作/相棒シリーズ、家政夫のミタゾノ4) 3
音楽:沢田完(過去作/ドクター-X 1,2,3,4,5,6)
主題歌:milet 『Who I am』『The Hardest』

まえがき

前回の感想のあとがきに、「脚本担当が中園ミホ氏から香坂隆史氏に交代するとされる次回で、継続視聴するか判断します」と、書いた。その結論は最後に書くとして、まず今回の感想を私なりに綴ってみる。

脚本家と演出家が交代し、"ツカミ"は良くなったのは認める

さて、結果的に、第3話は前回までと脚本家だけでなく、演出家も交代した。そのお陰だと推測するが、影の秘書軍団が「仕事」の依頼を請けるに至る過程までが相当にシンプル化された。お世辞を込めて言えば、あの『必殺仕事人』風なスッキリ感。

ただ、本作の依頼人は、本人が依頼したつもりはないのに「仕事」が始まってしまう点。まあ、これまで萬(江口洋介)もラーメン店も殆ど役割が乏しかったから、これで、また褒め過ぎれば『チャーリーズエンジェル』の “M” みたいな感じで、新鮮味もあった。と言うわけで、第3話の “ツカミ” は悪くないと思う。

広瀬アリスさんと忍成修吾さんのキャラが、あの番組と…

また、最初に少し残念に思ったのは、これまで以上に、本作の道化役を演じて来た七菜(広瀬アリス)のキャラクターの表面的な道化っぷりが、2019年春に放送された連ドラ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ)での不器用なため、いつも空回りしまくりの新人放射線技師・広瀬裕乃とキャラが丸被りになってしまった。

その上、大学病院院長・西尾(大和田伸也)の息子の直哉を演じた忍成修吾さんは、バラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ)の人気コーナーの “クズ男” と、これまたまるで同じ。既視感が漂いまくりだが、二人にとって得意のハマり役を演じているから安定感はあった。まあ、ここは五分五分と言ったところだろうか。

「ビンタスカッと」の方が遥かに勧善懲悪だしスカッとする

これ、前述の『痛快TV スカッとジャパン』の人気コーナーで、“サイテーな男にビンタをして、スカッとしたという女性の体験談” をもとにした「ビンタスカッと」シリーズの方が、遥かに勧善懲悪だし、スカッと痛快感がある。それも、たったの数分間で… だ。

結局、前回も書いたように、影の秘書軍団が相手を懲らしめる理由が、あまりにも単純な「気に食わない」とか「腹が立つ」だけだから、影の仕事が薄っぺらに見えるのだ。だったら、「ビンタスカッと」シリーズのように “サイテーな男にビンタをして、スカッとしたという女性の体験談” にしたら良かっただけのこと。

女性一人がカチンと来てビンタして済む話を、七人掛かりで1時間も要して描くから、内容が薄っぺらになるし、間延びもするし、見せ場らしい見せ場も迫力に欠けるのだ。

「ビンタスカッと」の8倍以上の痛快さがあっても良いのに

まあ、最近の連ドラは、単独主演だと高視聴率を取るのが難しいと言う判断から、ダブル主演にして保険を掛けるケースが多いが、本作に於いては、七人の女優陣+江口洋介さんで、大きな保険を掛けた… と、言わざるを得ない。だったら、本来は「ビンタスカッと」の8倍以上の痛快さがあっても良いのに…

とは言え、この内容で第2話まで連続13%代の視聴率を出しているのだから、テレ朝の企みは成功している…

「次回が見たい」や「もっとやれ~!」にならない中途半端さ

今回で “ツカミ” の次に良かったのは、中盤での影の軍団なのに一度失敗するなどの、時間繋ぎにしか見えないドタバタが少なかったこと。だが、それが影響して、終盤に至る過程にメリハリが無くなってしまった。

丁寧に描いているのは認めるが、「次回が見たい」とか「もっとやれ~!」のように、作品に入れ込めるかと言えば、それ程にはなっていない。淡々と結末を待っているだけって感じになったのは、“ツカミ” を考えると勿体ないと言わざるを得ない。

あとがき

サラン(シム・ウンギョン)の日本語の件についても、大学病院院長・西尾(大和田伸也)が言及したのは良かったと思います。

ただ、何度も書いて恐縮ですが、このような作品で重要なのは、視聴者が “スカッとする” こともありますが、物語の展開の “切れの良さ” も大事な要素。今回は終盤の種明かしにも切れがなかったです。

と言うわけで、内容的には継続視聴は中止なのですが、江口洋介さんをもう少し見ていたいので、次回まで結論は持ち越します。おっと、まんまとテレ朝の企みに負けてしまいました…



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14816/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

木曜ドラマ『七人の秘書』第3話

内容その日、四朗(シム・ウンギョン)が勤める慶西大学病院において、西尾忠彦(大和田伸也)病院長、雀野内科部長を前に、三好麻里(松本若菜)という医師が、患者から金銭を受け取ったと糾弾され、謹慎処分となった。身に覚えがないと麻里が言ったが。。。無視された。すべては、西尾病院長が、息子・直哉(忍成修吾)を内科部長にするため。四朗は、麻里をつれ、萬(江口洋介)のラーメン屋を訪れる。身に覚えがないとい...

七人の秘書 第3話 「白い巨頭の黒い敵を潰せ!!」

今回は、白い巨塔に潜むクズたちに、お仕置きよっ!だった… かな?脚本が中園ミホでは無かったけれど、痛快劇に徹してる部分は評価。シム・ウンギョンにスポット。その過去を描くべく、制服姿で熱演っ!サランの複雑な過去も明らかになぜ、ラーメン店主・萬敬太郎(江口洋介)に借金アリなのか、なぜ日本で働いているのか、高校時代の出来事も描かれました。個人的には、やはり、菜々緒様の足蹴り出たぁ!とウケました。五...

七人の秘書 #03

『白い巨塔の黒い敵を潰せ!!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: