ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

危険なビーナス (第3話/6分拡大SP・2020/10/25) 感想

危険なビーナス

TBSテレビ系・日曜劇場『危険なビーナス』公式
第3話/6分拡大SP『従妹の殺意』、ラテ欄『弟の妻が襲われた…矢神の陰謀か女の嫉妬か?』の感想。
なお、原作の小説、東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)は未読。



勇磨(ディーン・フジオカ)に探りを入れた日の夜、伯朗(妻夫木聡)は動物病院看護師の元美(中村アン)から、楓(吉高由里子)が病院に運び込まれたという知らせを聞く。慌てて駆け付けた伯朗だが、既に彼女は病院を後にしていた。楓がいる明人(染谷将太)のマンションへ向かった伯朗は、階段から落ちて頭を打ったという彼女を心配する。楓は自分を押した人物の匂いを覚えていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、モンテ・クリスト伯、グランメゾン東京、アンサングシンデレラ)
演出:佐藤祐市(過去作/WATER BOYS、メゾン・ド・ポリス) 第1,2,3
   河野圭太(過去作/僕らは奇跡でできている、4分間のマリーゴールド)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、東京タラレバ娘、シャーロックUS,テセウスの船)
主題歌:back number「エメラルド」(ユニバーサルシグマ)

楓の"タラレバ感"と伯朗の"人懐っこさ"がミステリー擬きに

前回の感想に書いたが…

初回では大変気になった吉高由里子さんの演技の “タラレバ感” だが、前回の冒頭では “タラレバ感” が薄まっており、その原因は、楓(吉高由里子)は伯朗(妻夫木聡)と話す時は、声のトーンを上げて「行方不明の夫を夫のお兄様と探す可愛い女性」になり、その他の人物と話す時は声のトーンを下げて「夫を探す落ち着き、しっかりした大人の女性」を演じ分けているのではないか…と。

それが演技指導なのか吉高さんの演技プランなのか分からないが、私は本作には声のトーンを下げた方が似合っていると思う。だから、今回は、冒頭から “タラレバ感” が全力だったから、結局、前回だけ “たまたま” だったってことか…と、落胆してしまった。

ただ、第3話は、全体的に演技として伯朗も楓を「弟を必死に探してくれている可愛い義妹」のように接しているし、前回以上に “人懐っこさ” が強調されているから、今後はこちらの方向性で進むとなると、シリアスで重厚なミステリーを期待してた私としては、ミステリー擬き(もどき)状態に益々なんだかなぁと言う感じしかない。

なぜ遺産相続を描かず、相続に無関係者ばかりを描くのか?

演技の話は詳しくないから、これ以上は足を踏み入れずに、今回の感想に移ろうと思う。放送前の番宣なのでは、こう本作をアナウンスしていた。 例えば、PlusParavi(プラスパラビ)では、こんな感じに。

「正義感が強く真面目な独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木)が、突然現れた「弟の妻」と名乗る謎の美女・矢神楓(吉高)と共に失踪した弟の行方を追ううちに、30億もの遺産が絡んだある名家の争いに巻き込まれていき、楓の魅力にも翻弄されていくという"危険"なラブサスペンスが描かれる。」

原作を未読だから、今後の展開は分からないが、上記を読む限り、基本的に描くべきは「30億円もの遺産が絡んだ名家の争い」なのに、なぜか本作はそこだけを描こうとしない。遺産相続に関係のない人物を登場させて、物語を構築するのは何故なのだろう?

その上、描くべき遺産相続よりも「楓が伯朗を翻弄する」の方が第3話に於いては強調された。折角、前回でミステリーらしさが少し出て来て面白くなりかけたのに、またグダグダな内容になってしまった。

第3話で肝心のミステリー要素もすっかり薄まってしまった

いや、そもそもの話、遺産相続騒動にしても、妹が義兄を翻弄するにしても描くのは勝手だが、話の全容が殆ど見えて来ない。もちろん、私がバカだから解釈出来ていない可能性もあるが。

第3話になっても全容が見えて来ず、肝心のミステリー要素もすっかり薄まってしまって、出演者目当ての視聴者ならともかく、そうでない私は何に興味を抱いて見れば良いのか…ですら、今回で分からなくなってしまった。

伯朗が遺産相続騒動に興味関心を抱いているように見えない

また、第1話と第2話は、殆ど展開は同じ。だからこそ、“棚ボタ” 的に面白くなりそうな予感がしたのだが、今回で “ほぼ” 遺産相続騒動が無くなってしまったから、何処を見て楽しんで良いのやら。

いやいや、(再びで申し訳ないが)そもそもの話、第3話にもなって、主人公である伯朗が遺産相続騒動に興味関心を抱いているように見えないのは如何なものだろうか? いくら楓が動いたところで、物語をけん引するのは主人公である伯朗だから、伯朗が動かないと。

まずは、伯朗と楓の関係と「矢神家」を丁寧に描くべきでは?

いや、動けない理由はあるのだ。それは、伯朗と楓の関係が、「夫が行方不明の女性と、その行方不明の夫の兄」と言う関係しか描かれていないから。まずは、「楓の夫は、伯朗の “異父弟” であること」と「失踪中の異父弟・矢神明人(染谷将太)と伯朗と明人の母・矢神禎子(斉藤由貴)が再婚した “矢神家” の関係」を丁寧に描いた方が良いと思う。

あとがき

全部で何話になるか知りませんが、過去から推測すれば全10話~11話はあるはずです。まさか、原作だけでは尺が稼げないから、今のところ時間稼ぎをして、のらりくらりしているのでは?

だとしたら、第5話くらいから面白くなる可能性はありますね。また、黒岩勉氏の脚本は、基本的に後半で盛り上がる傾向があるので、今回はそれが過ぎている可能性もありますね。いずれにしても、もう少し主人公が遺産相続騒動に興味を抱いているように描いて欲しいです。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14771/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

危険なビーナス 第3話

伯朗(妻夫木聡)は、動物病院で彼の助手を務める看護師・元美(中村アン)から、楓(吉高由里子)が救急搬送されたことを聞きます。 病院に駆けつけた伯朗ですが、楓は既に帰宅した後でした。 伯朗は楓が住む明人(染谷将太)のマンションを訪れて、事情を聞くのでした。 楓は何者かに階段から突き落とされたことや、犯人から良いニオイがしたことを告げます。 翌日、矢神家を訪れた楓は、康治(栗原英雄)の病...

危険なビーナス 第3話「弟の妻が襲われた!矢神家の陰謀か?女の嫉妬か!?更なる危機」

やはり、吉高由里子の存在感が、圧倒的に目立っています。でも、それもまた、妻夫木聡の「女優、輝かせ」力、として、役者力のひとつ?!(映画「悪人」で、深津ちゃんに受賞させたぐらい、ですもんね)ちょっと、クセのある役で、ディーン・フジオカ、新境地?!大河にも出てた、染谷将太が、こちらでも登場で、びっくり新たな魅力を開拓… かも。東野圭吾のミステリーだけに、どうなるどうなる?!    (ストーリー)...

日曜劇場『危険なビーナス』第3話

内容伯朗(妻夫木聡)は、楓(吉高由里子)とともに、共闘を持ちかける勇磨(ディーン・フジオカ)を撃退することに成功した。そんななか、蔭山(中村アン)が、突然、伯朗の元を訪ねてくる。楓が病院に運ばれたと連絡が入ったという。慌てて、病院へと向かったが、すでに帰ったと。伯朗は、その足で、楓のもとへ。大事には至らなかったようだが、歩道橋を突き落とされたということ。警察には、自分で足を滑らせたと話をした...

危険なビーナス #03

『弟の妻が襲われた!矢神家の陰謀か?女の嫉妬か!?更なる危機』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: