ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

24 JAPAN (第1話 [全24話]・2020/10/9) 感想

24 JAPAN

テレビ朝日系・テレビ朝日開局60周年記念・金曜ナイトドラマ『24 JAPAN』公式
第1話 [全24話]『00:00 - 01:00』、ラテ欄『世界的大ヒット作!! 日本初ドラマ化!』の感想。
なお、原作の米国ドラマ、キーファー・サザーランド主演の『24 -TWENTY FOUR-』は数話のみ鑑賞済み。



衆院選当日の午前0時過ぎ。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班班長の現馬(唐沢寿明)と妻の六花(木村多江)は、娘の美有(桜田ひより)がこっそり家を抜け出したことに気付き、心配する。そこに、CTU東京本部長の郷中(村上弘明)から招集がかかる。現馬、伊月(栗山千明)、南条(池内博之)らA班の面々は、24時間以内に総理大臣候補の麗(仲間由紀恵)の暗殺計画があると知らされ、側近の身辺の洗い出しを開始。さらに、現馬には極秘命令が下る。その頃、ホテルでは麗と夫の遥平(筒井道隆)らが最後の準備に追われていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:キーファー・サザーランド主演の『24 -TWENTY FOUR-』
脚本:長坂秀佳(過去作/刑事くん、人造人間キカイダー、学校があぶない)
脚本協力:山浦雅大(過去作/都庁爆破!、TWO WEEKS)
演出:鈴木浩介(過去作/特命刑事カクホの女1,2、特捜9シリーズ) 1
   木内健人(過去作/戦う!書店ガール、TWO WEEKS)
   日暮謙(過去作/ハケン占い師アタル、同期のサクラ)
   大塚徹(過去作/GTO 2、御曹司ボーイズ)
音楽:奈良悠樹(過去作/犯罪化学分析室 電子の標的2)

世界中で社会現象にまでなったドラマの日本版リメイク作品

原作の米国ドラマ、キーファー・サザーランド主演の『24 -TWENTY FOUR-』は見たことのない人はいても、番組名とドラマの企画程度は知らぬ人はいないのでは? と、言えるほどの世界的大ヒットドラマであり、世界中で、もちろん日本に於いても社会現象にまでなったドラマの日本版リメイクが本作『24 JAPAN』。

日本の現状に合わせた"ローカライズ化"が成功するか否か?

となれば、“ドラマ好き” にとって、最も気掛かりなのは “自動車” に例えるなら、「アメリカ人好みの米国車を輸入するなら、きちんと日本の事情を踏まえた自動車に仕様変更してますよね?」ってこと。当blog的に言えば、「日本の現状に合わせた “ローカライズ化” が成功するか否か?」が最大の期待値であり、不安箇所だ。

日本の連ドラの企画として"上手くいけば"面白そうな感じ…

と言う期待と不安の半信半疑で見始めた本作。内容は、1時間なのに、流石の「全24話」と言うだけあって第1話から、かなりの情報過多なのは止むを得ない。また、毎週一話完結しながら24回連結すると言う企画は、原作があるために既視感は完全に払拭できないものの、日本の連ドラの企画としては、“上手くいけば” 面白そうな感じは漂ってはいた。

"日本の事情を踏まえた自動車"に"仕様変更"されていない!

ただ、やはり、終始気になったのが「日本の現状に合わせた “ローカライズ化” が成功するか否か?」だ。

第1話を見た限りでは、誰もが知っている20世紀フォックスのエンブレムが付いたアメリカ製の満員乗車の大型バスの、まずエンブレムをテレ朝に変えて、外見はラッピングで『24 JAPAN』と貼り付け、ドライバーは革ジャンを着て運転する気満々だが、うしろの乗客たちはイマイチ “乗せられちゃった感” があり…

空席が目立つまま、強引にバスターミナルを走り出して行った…と言う感じだ。

大量の番宣で、私の期待した世界観が大きくなり過ぎた…

また、私は可能な限り事前情報は知らずに連ドラの第1話を見たいのだが、本作については、普段は番宣が入らないような番組にまで番宣が流れ、見たくなくても目に入ってしまった。その番宣のやり過ぎが “私” に影響を及ぼしたのは間違いない。

真似た元のバスが大き過ぎたのか、リメイクしたバスがこじんまりし過ぎたのか…と。いずれにしても、なんか、やろうとしている世界観と実際に映像化されている世界観が違い過ぎる…と感じさせた大量の番宣の罪は大きいと思う。

もっと日本仕様に脚本を作り込み直した方が良かったと思う

これ、リメイクするなら「毎週一話完結しながら24回連結すると言う企画」だけ拝借して、あとは、運転に慣れている右ハンドルの日本製のバスにして、運転手も乗客も肩の力を抜いて、半年間のドライブを全員で楽しむような “Go To トラベル” にしたら良かったと思う。おっと、例えの方が、分かり難いか(失敬…)。

要は、原作を翻訳して日本人で演じ直しただけでは “ローカライズ化” に成功しているとは言えないってこと。折角「日本製」にする許諾を得たなら、もっと日本仕様に脚本を作り込み直した方が良かったと思う。

一番残念だったのは、主人公が思ったより仕事をしないこと

また、筋書きは単純な割に、やたらと無駄と思われる登場人物が多過ぎる。かと言って、その分、主人公が前面に出て大活躍したかと言えば、思った以上に仕事をしていなのが、一番残念だったかも…

あとがき

この品質で、残りの23話を継続視聴するのは厳しいので、私は第1話で離脱します。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/14721/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

24 JAPAN 第1話 「00:00 - 01:00」

言わずとしれた、世界的ヒット・シリーズ・ドラマのリメイクテレビ朝日60周年記念番組とあって、キャスティングも豪華。日本版・ジャックバウアーは、唐沢寿明しかし、この枠の「トリック」で、キュートなユーモラスさでブレイクした、仲間由紀恵が、もちろん、今もお美しいけれど、今や、政治家役ですから、感慨…巷の評判、ともども、興味… です。    (ストーリー)衆院選当日の午前0時過ぎ。CTU(テロ対策ユ...

24JAPAN 第1話

内容獅堂現場(唐沢寿明)は、ある連絡を受け、愕然とする。23時間前。日本初の女性総理誕生の期待が高まる総選挙当日。妻・六花(木村多江)娘・美有(桜田ひより)と穏やかな時間を過ごす獅堂。深夜、娘・美有が、家を抜け出していることに気付く獅堂と六花。帰ってきたら。。。。と。そんなとき、獅堂に呼び出しがかかり、美有のことを心配しながら、オフィスへと向かうことに。。テロ対策ユニット“STU”第1支部A...

24 JAPAN #01

『00:00-01:00』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: