ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

竜の道 二つの顔の復讐者 (第4話・2020/8/18) 感想

竜の道 二つの顔の復讐者

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』公式
第4話『過去を暴かれ復讐に暗雲… 妹に悪女の罠』の感想。
なお、原作の白川道「竜の道」(小説)は既読。



源平(遠藤憲一)は大手通信販売会社と契約するため、無謀な業務拡大を進めていた。父への反発を強める晃(細田善彦)に、竜一(玉木宏)はクーデターを起こすようけしかける。そんな中、経済記者の沖(落合モトキ)が竜一を訪ねてくる。一方、美佐(松本穂香)は、竜二(高橋一生)が源平の娘・まゆみ(松本まりか)との結婚を望んでいると聞き、過去を知ろうと動き始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:白川道「竜の道」(小説)
脚本:篠﨑絵里子(過去作/まれ、花実のない森、THE GOOD WIFE) 第1,2,4
   守口悠介(過去作/AKBホラーナイト、オー・マイ・ジャンプ!、左利きのエレン) 第3
演出:城宝秀則(過去作/マルモのおきて、絶対零度3、4分間のマリーゴールド) 第1
   岩田和行(過去作/絶対零度1,2、福家警部補の挨拶、美しき罠) 第2
   紙谷楓(過去作/海月姫、後妻業、4分間のマリーゴールド) 第3
   吉田使憲(過去作/インディゴの夜、聖母・聖美物語) 4
音楽:村松崇継(過去作/だんだん、昭和元禄落語心中)
オープニング主題歌:ビッケブランカ 「ミラージュ」(avex trax)
エンディング主題歌:SEKAI NO OWARI「タイトル未定」(ユニバーサルミュージック)

原作既読と、本編の撮影終了について(この章はテンプレです)

本作の原作とされる白川道氏著の『竜の道(上下巻)』、その後加筆・追加された『竜の道 飛翔篇』、続編の『竜の道 昇龍篇』も既読。しかし、全三部作が完成する前に著者が亡くなったため完結されておらず、ドラマの結末はオリジナルになると思われる。

また、本作の撮影は、6月上旬に再開され、既に7月24日に撮影終了しているため、いつもの感想のように、「こう撮影すれば…」や「こう脚本が進んで行けば…」と言う希望的観測を含んでも意味が無いため、単純に見た感想を書くことにする…。とは言ったが、いざ始まってみると、かなり面白いから心配は無さそうだが。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


序盤の約17分までの詰め込み量の多さにも驚いてしまった!

今回が第4話で、演出家も4人目と言うことは、これまで全部の放送回の演出担当が違うのに、世界観が統一されていることに、まず驚かされた。でも、細かいカット割りなどは個性が出ていて、そこも楽しんでいる。そして、序盤の17分くらいの美佐(松本穂香)が学校で上司から責められるくだりまでの詰め込み量の多さにも驚いてしまった。

美佐の意外に口が悪くて強かで負けず嫌いの一面が分かった

ただ、驚いたのは、それだけではない。美佐を演じている松本穂香さんの柔らかな雰囲気に上手く騙されていたと言うべきだろう。本当の美佐は、竜一(玉木宏)や竜二(高橋一生)に守られて育ち、可愛いだけの妹ではなく、実は意外に口が悪くて強かで負けず嫌いの一面があることが分かったことに驚いた。

美佐が物語に絡んで復讐劇が更に深みを増して面白くなった

そして、今回は、その二面性を持った末妹の美佐を物語に絡めたことで、これまでの竜一と竜二の復讐劇が更に深みを増して面白くなった。やはり、本作のサブタイトルに『二つの顔の復讐者』とあるだけに、美佐にも意外性を持たせたのは成功だったと思う。

あとがき

今回は、美佐の意外性を描きつつ、美佐も復讐者になり得る登場人物であること、そして、竜一の頼もしさに焦点が当てられました。前回までは複数のエピソードを同時並行に描いて来ましたが、今回くらいにエピソードを絞り込んで描くと、更にスリリングな展開が際立ちますね。各登場人物の個性も光って、益々面白くなりそうで、次回が楽しみです。

また、本作の劇伴が好きでサントラ盤の発売を期待していたら、通販サイトで予約発売が始まっていました。2020年9月2日の発売予定です。これは “買い” ですね。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
カンテレ・フジテレビ系 火9ドラマ 「竜の道 二つの顔の復讐者」 オリジナル・サウンドトラック
竜の道〈上〉 (幻冬舎文庫)



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14527/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

竜の道 二つの顔の復讐者 第4話 「過去を暴かれ復讐に暗雲…妹に悪女の罠」

うっかり、見逃しで、脱落してたものの、タイムマシン機能で復活!さすが、カンテレさん制作。濃ゆい濃ゆい… 最初は、俳優の玉木宏が主演を務め、俳優の高橋一生と双子の兄弟役で初共演、に興味を感じたのですが、家族でありながら、なさぬ仲の妹、美佐(松本穂香)と、宿敵たる、源平(遠藤憲一)の娘・まゆみ(松本まりか)の、好対照さと、松本まりかの悪女オーラが魅力的で、複雑な人間関係も、なかなか… です。惜し...

竜の道-二つの顔の復讐者- 第4話

霧島(遠藤憲一)は大手インターネット通信販売会社との契約を勝ち取るために、無謀な業務拡大を進めていました。 そんな父親に反発を強める晃(細田善彦)に、竜一(玉木宏)はクーデターを起こすようにけしかけます。 そんな中、竜一の過去の疑惑を知った沖(落合モトキ)が竜一の会社を訪ねて来ます。 一方、まゆみ(松本まりか)からホームパーティーに招かれた美佐(松本穂香)は、竜二(高橋一生)がまゆみと...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: