●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 (第4話・2020/8/6) 感想

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

フジテレビ系・木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式
第4話『薬剤師が患者を救う事だってできる』の感想。
なお、原作の荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)は未読。


小野塚(成田凌)と行きつけの中華料理店にいたみどり(石原さとみ)は、店主の辰川(迫田孝也)の娘・樹里と会い、彼女の様子が気に掛かる。さらに、事故で入院中の患者・龍一が、同僚の薬剤師・羽倉(井之脇海)の父親と判明。代々医師の家系の羽倉は、龍一と折り合いが悪いらしい。一方で樹里が救急搬送され、症状の原因を探るみどりは、瀬野(田中圭)の言葉で動き出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)
脚本:黒岩勉(過去作/僕のヤバイ妻、ストロベリーナイト、モンテ・クリスト伯、グランメゾン東京)
演出:田中亮(過去作/医龍、BOSS、コードブルー3、コンフィデンスマンJP) 第1,2
   相沢秀幸(過去作/グッド・ドクター、トレース~科捜研の男~、モトカレマニア) 第3,4
音楽:信澤宣明(過去作/義母と娘のブルース、映画「ニセコイ」)
主題歌:DREAMS COME TRUE 「YES AND NO」(ユニバーサルシグマ)

今回も萬津総合病院は"薬剤管理をしていない"設定か…

それにしても、もはや本作に、医療現場の “過度のリアリティー” を要求するのは諦めているが、冒頭で、 羽倉龍之介(井之脇海)の母・志帆(宮田早苗)が、薬剤部に顔をして挨拶するが、普通、薬剤部にはIDカード等のセキュリティーが掛かっているから、容易に入れないのでは?

誰かの許可で入ることが出来たとしたら、その人間が薬剤部の中まで案内すると思うのだが。こんな描写ばかりを続けるから、劇中に登場する 萬津総合病院は、「医師と看護師や薬剤師が積極的に協力をして薬剤管理をしていない設定」に見えて困るのだ。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


この病院は"末期的な看護師不足と言う設定"も引き継ぎか…

続いて、みどり(石原さとみ)が行きつけの中華料理店の店主の辰川(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)が救急搬送された。小児科医の久保山(六角慎司)が樹里の病状を父親の辰川秀三(迫田孝也)にIC(インフォームドコンセント)する時に、看護師が立ち会わず、薬剤師のみどりが立ち会っていた。

もう、私は「この萬津総合病院は、末期的な看護師不足に陥っており、病院内に多数の看護師の姿はない」と言う設定だと諦めているが、いくらなんでも、それなら小児科医が “患者の知り合いらしいみどり” を内線で呼ぶ位の描写を入れたら、「患者に寄り添った病院」に見えたと思う。まっ、そんなのやるはずないのが本作だが…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!


更に"患者管理にも問題がある設定"も、そのままか…

その上、 末期ガンで入院している樹里の祖父・太一(伊武雅刀)が「さっき聞いて びっくりしたよ!」とガードル台(点滴スタンド)を片手に、孫の病室にのこのことやって来たが、一体誰が祖父に伝えのだろう。辰川にそんな時間はなさそうだったし、だったらナース?

今回もこんな適当な描写をやるから「この萬津総合病院は、医療従事者が積極的に協力して患者管理にも問題がある」と言う設定に見えてしまうのだ。たった一言「さっき 秀三(息子の名前)に聞いたよ」を付け加えるだけで良いのに…


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


脇役の登場人物を掘り下がる放送回があるのは間違ていない

さて、リアリティー不足への愚痴はこのくらいにして。脇役の登場人物を掘り下がる放送回があるのは間違ったことでない。特に、薬剤師・羽倉(井之脇海)の親として、事故で入院中の患者・ 龍一(菅原大吉)を登場させて “親子関係” を描いて、羽倉の薬剤師の “矜持” みたいなものを描こうとするのも間違ってはいない。

ただ、同じ “親子関係” だからと言って、中華料理店の家族のエピソードも加えるのは、やり過ぎだと思う。

結果的に「薬剤師万歳!」「みどり万歳!」の既視感な結末…

更に、メインのエピソードを「薬剤師の息子と医師の父親の設定」にしてしまったから、結果的にこれまで描いて来た「薬剤師と医師の確執や意識の違い」を描いたエピソードと同じになってしまった。もう、これ完全に既視感しかない。

結局、毎度のように薬剤師が院内をうろうろ歩いて、あちこちの患者に首を突っ込んで、医師や看護師不在のまま「薬剤師万歳!」、「みどり大活躍!」みたいな内容で終了してしまった。せめて、中華店のくだりを止めていたら違った印象になったに違いない…

あとがき

前回が多少マシな内容だったから、今回もその延長線上を期待しましたが、また第2話に逆戻りしちゃいましたね。

昨日、肺がん検診で「要精密検査」になってCT撮影して来て、たくさんの医療関係者の方々のお世話になり、妻も看護師なので、病院を描くドラマには大きく期待を持ち続けていますが、ここまで現実から乖離した内容だと、むしろ、薬剤師と言う仕事を誤って理解する人もいるのでは? と不安になります。もっと、きちんと作り込んで欲しいです。

2020年8月9日 09:10 追記

『「アンサング・シンデレラ」で薬剤師が大活躍し過ぎるのは調剤会社4社がCMスポンサーの異常事態が原因?』を投稿しました。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」オリジナルサウンドトラック
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(上) (扶桑社文庫)
YES AND NO / G



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14483/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~ 第4話

みどり(石原さとみ)は、小野塚(成田凌)とよく会う中華料理屋で、店主・辰川(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)を見かけます。 みどりは、顔色が悪い樹里を心配しますが、辰川は気にも留めていない様子です。 その話をくるみ(西野七瀬)にすると、小野塚とごはんを食べていたことを羨ましがられるのでした。 しかし後日、意識を失った樹里が病院に搬送されて、摂食障害だと診断されます。 摂食障害の原因...

木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』第4話

内容みどり(石原さとみ)小野塚(成田凌)が、行きつけの中華料理屋で食事をしていると。妙な少女が、店の中に入ってくる。心配して駆け寄るみどり。店主・辰川秀三(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)のようだった。顔色が悪い状態で樹里は、店の奥へと。。。数日後、羽倉龍之介(井之脇海)の母・志帆(宮田早苗)が、薬剤部に顔を出す。挨拶。。。というだけでなく。羽倉の父・龍一(菅原大吉)が入院していると言うこ...

アンサング・シンデレラ第4話 「薬剤師が患者を救う事だってできる」

原作は、『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)たしかに、お医者さんは、患者の話を聞いて、おクスリを処方するのがオシゴトだし、薬剤師さんによる。お薬の相性や管理が、患者さんのために… ってのは分かるのですが、スポットがあたってる関係、やや、活躍し過ぎ… かな?2つの親子関係や家庭の事情から、かなり、盛り込みまくり。家族に重篤な人間が居て、それを秘密にし...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR