●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

「逃げるは恥だが役に立つ」ムズキュン特別編「第8&第9話」未公開全部見せますSP [再放送] (第8,9話・2020/7/4) 感想

「逃げるは恥だが役に立つ」ムズキュン特別編

TBSテレビ・『逃げるは恥だが役に立つ』ムズキュン特別編「第8&第9話」未公開全部見せますSP [再放送]公式
第8話『離婚と実家と運命の相手』と第9話『あの人に好きだよと言われる3日前』の感想。



みくり(新垣結衣)はショックのあまり、人生初の職場放棄。メモを残して実家に帰ってしまう。津崎(星野源)はみくりに対して拒絶するような態度をとってしまったことが原因だと考え、困惑していた…。そんなある日、津崎は日野に飲み会に誘われ、ひょんなことから風見とみくりのことについて言い合いになり、珍しく感情的になってしまう…。会えない2人ー、その距離を埋めることはできるのかー
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(講談社「kiss])
脚本:野木亜紀子(過去作/重版出来!、アンナチュラル、コタキ兄弟と四苦八苦)
演出:金子文紀(過去作/G線上のあなたと私、恋つづ) 第1,2,6,7,9,最終話
   土井裕泰(過去作/重版出来!、カルテット、凪のお暇) 第3,4話
   石井康晴(過去作/花より男子シリーズ、花のち晴れ、テレウスの船) 第5,8,10話
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
オープニングテーマ:チャラン・ポ・ランタン「進め、たまに逃げても」
主題歌:星野源「恋」

第8話『離婚と実家と運命の相手』の感想

名作は、古今東西、何度も観たり読んだりしても飽きない…

名作と言うのは古今東西、何度も観たり読んだりしても飽きないのは当然のこと、新たな発見や改めて感心することがある…と言う、私なりの持論がある。そして、今回の『ムムズキュン特別編「第8&第9話」未公開全部見せますSP』だが、やはり、序盤の脚本の構成の妙については触れておきたくなった。

第8話として仕切り直して描く意味で、アバンが秀逸な構成

何せ、これまでの展開から逸脱して、冒頭で「夫婦別居状態」をチラリと見せて、その後に「あの夜…」と回想に入るから、ここから、別居状態に至った過程が描かるかのように綴って、それを「みくりの置手紙」をきっかけにし、巧みに裏切って、みくり(垣新結衣)の謎めいた言動ばかりを繋げて視聴者を焦らしまくる。

そして、みくりの「離婚危機だから」で更に視聴者の妄想を掻き立てる。更に、みくりの妄想と回想を加えて焦らす。まあ、第7話を見た視聴者なら、凡その予想はつくのだが、やはり、第8話として仕切り直して描くと言う意味で、このアバンタイトルは秀逸な構成だなぁと思う。

と、ここまでは、初見の感想にも似たような事を書いたのだが、ここからが新たな発見と改めて感心した部分だ。

"ほぼ部外者"の兄を利用して、急カーブする筋書きも秀逸

みくりの兄・ちがや(細田善彦)から「母さん 骨折したんだって 脚立から落ちて全治2ヵ月」と、みくりに電話が掛かって来て、「別居状態」の原因が「離婚危機」では無いことを視聴者には「生まれて初めての “善意の” 職場放棄」であると少しだけネタバレするのだ。

でも、「何だってよかった 逃げ出せるのなら」とみくりに、本作のタイトルである『逃げるは恥だが役に立つ』に通じるモノローグを言わせて、本当の原因は視聴者に隠したままにする。いや、こう言う展開なのは重々承知だ。しかし、第2話と第8話にしか登場しない、みくりの兄・ちがやをここで利用するのは見事だなぁと。

もちろん、原作の「みくりに、言動に配慮がない兄がいる」と言う初期設定が見事なのは言うまでもないが。

だって、本作って、本当に狭い世界のお話をずっと描いているドラマだから(そこが面白いのだが)、全11話構成の連ドラとしては、この第8話は「起承転結の転」にした方が面白いわけで、そこへ、“ほぼ部外者” の兄を利用して、急カーブするような筋書きを創るなんて、ホント良く出来ているなぁと思う。

バスで擦れ違う演出は、何度見ても飽きないし関心しかない

バスで、みくりと平匡(星野源)がバスで擦れ違うシーンの演出は、何度見ても飽きないし関心しかない。このバスで擦れ違うシーンの演出に関して意外にも、他の名シーンの由来を私なりに解釈して、既に下記の感想にたっぷり書いてあるので、興味のある方は是非、石井康晴氏の演出のスゴ技を知って欲しいと思う。

「逃げ恥」第8話の感想で書いた "秀逸な演出" をわかりやすく図解しました

あとは、初見の濃~~~~い感想を読んで頂ければと思う…

あとは、初見の時の感想が、一番的確に第8話の感想になっていると思うので、下記の濃~~~~い感想を読んで頂ければと思う…

逃げるは恥だが役に立つ (第8話・2016/11/29) 感想 ※追記あり

「♪恋」のタイミングが約1分40秒前倒しになったことで…

第8話は、未公開シーンが少なめだった。当然だ。全て、ベストショットしか使っていないから。ただ、今回から番組名に『未公開全部見せますSP』が追加されたため、エンディング部分には分かる人には分かる、編集の変更があった。

まず、本放送版では、主題歌『恋』がスタートするタイミングが、平匡が送った「すいません 今日は変えれそうにありません」のメールをみくりが読んだあたりだったが、このSPでは、約1分40秒前の、みくりと平匡が携帯電話でやり取りをして、平匡が「会って 火曜日の分のハグを!」と言って、少しの間をおいて「はい」と、みくりが返事をした直後からスタートした。

こっちのタイミングの方が、ドラマチックさとコミカルさが上手く混ざったですね。本放送時のタイミングは、ドラマチックとコミカルに、ちょっぴりシリアスさを加えた印象で、「起承転結の転」らしさは、本放送時が勝っているように感じた。

ただ、スタートのタイミングを前へ大幅に出したおかげで、曲の尺が長くなり、更にCMを挟まずに、第9話に繋がったので、2話連続のスペシャル感の創出は、大きく成功したと思います。



第9話『あの人に好きだよと言われる3日前』の感想

平匡とみくり以外の台詞も増え、第9話らしさが醸し出された

第8話と比べると、第9話は、かなり未公開の台詞が追加されていた。そうなるのも当然かも知れない。なぜなら、第8話は、みくりと平匡の関係修復の心理描写がピンポイント的に描かれる1時間だった。

それに対して、第9話は、「恋愛」、「SEX」、「結婚」、「家事」、「出産」と言った人間(特に女性)が抱える大切な課題を軸にして、みくりと平匡(星野源)を描くのは当然として、みくりと 安恵(真野恵里菜)の関係も描いて、更に百合(石田ゆり子)と風見(大谷亮平)の物語も並行して描くと言う、超盛り込み型の1時間。

たくさんの登場人物を登場させつつ…の第9話だから、みくりと平匡の台詞以外も増やした方が、第9話らしさが醸し出されたと思う。

逃げるは恥だが役に立つ (第9話・2016/12/6) 感想

あとがき

「リモート恋ダンス」に、日野秀司(藤井隆)の妻・登志子を最終回で演じた乙葉さんが、新たに加わっていました。

いよいよ、次回の第10話は、『「逃げ恥」第10話のロケ地"世界遺産ラスコー展"に行って来た! 風見(大谷亮平)と百合(石田ゆり子)がばったり遭遇するらしい…』にも書いたシーンが登場しますね。そして、感動の最終回。次回も、CM無しのスペシャル版でしょうか…

なお、第8話~最終回(第11話に相当)の放送は、地域ごとに違います。下記の公式サイトを参考にして下さい。

「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」未放送分の放送予定
  https://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/news/#repeatoa

次回も再放送の感想を書くかは未定です。書きたくなったら書きます。何せ、本放送時の感想で、いつものような演出解説はやり尽しておりますので、そちらを読みたい方は、下記のリンクを参考にして下さい。全話の感想を含めて『逃げ恥』関連の全ての情報のリンクが掲載されております。演出のちょっとした勉強にもなると思います。

年末一挙放送の『逃げるは恥だが役に立つ』を更に楽しめるリンク集【ブックマークお勧め!】

※わざわざ説明する必要はないと思いますが、心配される常連の読者さんもおられるといけませんので。これから、病院勤務で毎日頑張っている妻との時間にしたいので、コメント欄はしばらく閉鎖します(謝)



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14368/



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【メーカー特典あり】逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX(B6サイズクリアファイル付)
TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」オリジナル・サウンドトラック
逃げるは恥だが役に立つ シナリオブック 制作陣が明かすドラマの舞台裏話満載! (KCデラックス)


【ムズキュン特別編 [再放送]の、これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR