●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

MIU404 (第2話・2020/7/3) 感想

MIU404

TBS・金曜ドラマ『MIU404』公式
第2話『切なる願い』、ラテ欄『走る人質監禁立てこもり! 犯人の目的は』の感想。



志摩(星野源)とのパトロール中、伊吹(綾野剛)は並走する車の助手席に座る女性とよく目が合うことに気付く。直後、殺人事件の容疑者が逃走したという報が。女性だけでなく運転席の男性の様子も気になる伊吹は、志摩を説得し、第4機捜隊長・桔梗(麻生久美子)に追跡の許可を得る。一方、相棒の九重(岡田健史)と殺人現場に入った陣馬(橋本じゅん)は違和感を抱く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:野木亜紀子(過去作/重版出来!、逃げ恥、アンナチュラル、コタキ兄弟と四苦八苦)
演出:塚原あゆ子(過去作/アンナチュラル、グッドワイフ、グランメゾン東京) 第1,2
   竹村謙太郎(過去作/アンナチュラル、あなたのことはそれほど、G線上のあなたと私)
   加藤尚樹(過去作/コウノドリ1,2、ホワイト・ラボ)
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナ゙、アンナチュラル、インハンド、監察医 朝顔、俺の話は長い)
主題歌:米津玄師「感電」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)

冒頭の3分間で、ここまで伊吹と志摩を描き分けるか!

もう、冒頭から第1話と違うドラマを観ているような錯覚に陥った。

どのような撮影順で撮影しているのか知らないが、もしも第1話を撮り終えてから、第2話を撮影したとするなら、その切り替えの段階で、脚本はもっと前から完成していると思うが、撮影現場、特に演出家と主演の綾野剛さんと星野源さんが、「伊吹」と「志摩」と言うキャラクターを相当に掘り下げて、再構築したように見えた。

冒頭の何気ないやり取りだけで、前回では曖昧だった2人の特徴が、この第2話では見事に描き分けられた。もう、この冒頭の3分間を観れば、やはり、「野木亜紀子脚本の連ドラは、第2話から徐々に牙を剥く」と言う私の勝手な持論が当たりそうな予感しかない…

機捜ドラマでしか描けない捜査が始まるワクワクさせる見事なツカミ

5分過ぎから、車高の低いパトカーでもなく、覆面パトカーもなく、座席位置が高いメロンパン販売カーを捜査車両にしたと言うアイデアが活かされた、機捜ドラマでしか描けない「機動捜査」が始まる展開も、実にワクワクさせる見事なツカミ! 容疑者の着衣と一致する男 役の松下洸平さんの初顔見せの演出も抜群!

やはり、刑事ドラマは、最初に事件をどう魅せるか? で面白さが決まる部分もあるから、このアバンタイトルは良い感じだ。その上、第1話でド派手なカーアクションが話題になったが、その件で、まともな捜査車両を使えないと言う伏線だったとは!

「野木亜紀子脚本の連ドラは、第2話から徐々に牙を剥く」の持論通りに、きちんと全話の構成が綿密に成されていると言うわけだ。

「野木亜紀子脚本の連ドラは、徐々に牙を剥く」の持論の真意…

実は、「野木亜紀子脚本の連ドラは、第2話から徐々に牙を剥く」と言うのは正確な表現ではない。

正確に言うなら、私(を、含めた視聴者)が、野木亜紀子脚本の連ドラの本質に、第2話から徐々に理解をし始め、自然と作品の世界に引きずり込まれて、最終回では見事に相手の懐に収まって、感動と余韻を楽しめるようになるように作り込まれている… だろう。

そして、本作は『アンナチュラル』のスタッフが中心となって制作しているから、今作も恐らくそのパターンになると思う。

「信じること」と「疑われること」が人をどう変えてしまうのか

本当に、ドラマとして良く出来ている、志摩と伊吹の個性の違いを描写するために、志摩の過去をチラリと盛り込んで、今回で描くことになる、「信じること」と「疑われること」が人間をどう変えてしまうのか? と言う部分にサラリとフォーカス。

あとは、ゲストの加々見崇(松下洸平)の現状と、田辺将司(鶴見辰吾)と田辺早苗(池津祥子)夫妻の人生と息子さんの死を中心に、人間ドラマとして突っ走る。

そして、伊吹の「犯人自身がやっていないと思いたい」の台詞から、サクッと人間ドラマと機捜ドラマがドッキング。この辺の構成の匠さには頭が下がるし、称賛に値すると言っても過言でない。

伊吹と志摩の違いが明瞭で、バディものとしての面白さも激増

そして、終盤には、加々見の少年時代の父親からの虐待の物語も加わり、屈折した真犯人の心情を描いた奥深いヒューマンドラマにも繋がって行く。でも、最後はしっかりと刑事ドラマとして着地。

ゲストの2つ(1人と夫婦)の物語を巧みに絡ませた事件であることも見事だが、もう一度書くが、伊吹と志摩の違いの描写が別のドラマを観ているように明瞭になったのは驚いた。そのお陰で、バディものとしての面白さも激増した。第1話が無駄になっていない第2話の完成度の高さ。これは、第3話以降が楽しみだ。

あとがき

もう少し早く、捜査一課の刑事たちが動き出す方が自然な気もしないでもありませんが、機動捜査隊が活躍するドラマなので無視します。いや、無視して良いレベルの仕上がりでした。

赤い夕陽に染まる富士山と、赤く光るパトライトの美しさ。富士山を奥に、手前にパトカー、更にその手前に田辺夫妻に深々と一礼する加々見のカットの絶妙な配置も良かったです。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14365/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIU404 第2話

前回で車を壊してしまったので、今はメロンパンの販売カーに乗っている志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)。 伊吹は、隣を走行する車に違和感を抱きます。 そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走していると言う無線が入ります。 伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知して、追跡を開始するのでした。 一方、事件現場のハウスクリーニング会社で初動捜査に当たる陣馬(橋本じゅん...

金曜ドラマ『MIU404』第2話

内容パトロールに出た伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)そんなとき、妙な車を見かける伊吹。そこに、殺人事件の現場から容疑者が逃走しているという情報が入る。容疑者の服が、車内で隠れていた人物の服と酷似していると、伊吹は、志摩に訴える。運転していた男性(鶴見辰吾)と同乗の女性(池津祥子)の様子がオカシイと。“かもしれない”だけでは納得出来ないという志摩だが、本部の桔梗(麻生久美子)の許可を得て、伊吹、...

MIU404 第2話 「走る人質監禁立てこもり!犯人の目的は」

今回は、ゲストで、キーマンとなる人物が、「どこかで見たような…」と思ってたら、「スカーレット」で注目された、ヒロイン夫の、松下洸平、だったのですね。複雑な事情を抱えた、彼の演技も、さることながら、偶然、立てこもり対象となった夫婦も、「信じてあげなかった」ばかりに、息子を失った、心の痛みを抱える2人で、彼が「息子が生きてたら、ちょうど、同じぐらいの年齢」という事情もあり、(また、その役が、芸達...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR