●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

連続テレビ小説「エール」 (第65回・2020/6/26) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『エール』公式サイト
第13週『スター発掘オーディション!』の 第65回の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


久志(山崎育三郎)や御手洗先生(古川雄大)がスターを目指して全力で挑戦した「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディション。オーディションの翌日、さっそく新聞でオーディションの合格者が発表される。ところが、発表の内容について、コロンブスレコードで久志(山崎育三郎)や御手洗(古川雄大)、そしてイケメン候補者の寅田熊次郎(坪根悠仁)もかかわってひと悶着(もんちゃく)が起きる…。それというのも…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンタイトルは、歌う順番を変えてきたか!

●原案:林宏司 ●作:嶋田うれ葉 ●演出:野口雄大(敬称略)

今週のアバンタイトルは良く出来ていると書き続けている本作。今回のアバンは前回のオーディションのダイジェスト版だとは想像したが、まさか「歌った6人の順番を変える」と言う作戦。

当然、久志(山崎育三郎)や御手洗(古川雄大)を際立たせる目的だが、逆に、この順番でアバンを作る意味もあり、前回で、今回のアバンの順番だと、木曜日で終わってしまう印象を与えるから、最後に三味線を手にして登場した「水川ながし」を入れたと思う。凝った演出の一つだ。

「逃げ足の速い久志」のネタ振りが実に効果的に活かされた

やはり、今週は時間軸をきちんと演出しようとする意図が明確だ。主題歌明けの時間経過も、ご丁寧に時計で「6時間前」まで遡った。こう言う丁寧さは他の演出家も真似して欲しい。

それに、「逃げ足の速い久志」のネタ振りが、こんなところで効果的に(例えは良くないが)時限爆弾のように、久志(山崎育三郎)の成長の物語に繋がるとは思ってもみなかった。ここは計算されていたと思うが、このタイミングで使うとは恐れ入った。

御手洗のこの言葉は大きな "エール" になったに違いない!

前段のコロンブスレコードの中で、久志が御手洗の歌を、イケメンで若い候補者の寅田熊次郎(坪根悠仁)が御手洗の外見を貶したのを見ていて、熊次郎に久志が御手洗の歌を、「彼の実力は 君の数百倍 いや 数千倍はある」と称賛したのを受けて、苦労人の御手洗が、久志にこう言った。

御手洗「あなたは選ばれたの。
    選ばれた以上 輝かなきゃ!」

そして、その前述のコロンブスレコードで「人の痛みが理解できないやつに 歌を歌う資格があるのか?」と熊次郎に言い放った久志に、この御手洗の言葉は大きな “エール” になったに違いない。

久志と御手洗の和解を喫茶バンブーにしたのは大正解!

ライバル関係にあった久志と御手洗が和解して握手をする場面、ここ、本当に喫茶バンブーにしたのは正解だと思う。ここを古山家にしてしまうと、どうしても、祐一と音が二人を説得せざるを得なくなる。

もちろん主人公だから、そう言う役割を与えられても不自然でないが、今週に限っては、メインは久志と御手洗だから、祐一と音は “2人の応援団” の内の2人となった方が、ドラマの主従関係として正しい。この辺の舞台の選び方も脚本家はいいセンスだと思う。

「船頭可愛いや」のアコギのイントロが先行したのも良かった

そして、久志と御手洗の握手に、「♪船頭可愛いや」のアコギのイントロが先行して流れて来るのは、展開は見えてしまうと言うマイナスポイントよりも、「やはり、そうなるよね」と言う期待感を裏切らないと言うプラスポイントの方が勝るから、良い音楽演出。

音楽をテーマにしたドラマだから、劇伴や劇中歌の使い方には慎重になってほしいし、このように上手くやって貰えると単純に気持ちが良い。更に、居酒屋で歌われた「♪船頭可愛いや」のサビの「エー 船頭可愛いや」の部分が、久志と御手洗の「ハモリ」バーションになっていたのは、聴き応え十分だった。

久志と御手洗の件が一件落着したあとの展開もよかった

久志と御手洗の件が一件落着したあと、裕一の作曲作業が描かれて、音が歌のレッスンを始めたいと言った場面も、あって良かった。やはり、今週は出過ぎるのは良くないが、存在感と連ドラとしての連続性は担保しなくちゃいけないから、そこをさらりと描いたのは好感が持てる。

また、廿日市(古田新太)が熊次郎にピシャリと釘を刺したのも、その光景を久志が見ていたのもスカッとした。

朝ドラらしいホームドラマに着地してホッとした…

裕一が新曲「♪輝く春」を完成させた。とても良い曲だから、久志が熊次郎に歌われると熊次郎の評価が上がってしまうから、自分が歌う…と横取りするのが楽しかった。廿日市の前では自信過剰、自信満々を装っていた久志が、御手洗の「選ばれた以上 輝かなきゃ!」へ本気で応えようとする姿も感動的だった。

その上、きちんと古山家の経済状況や夫婦らしさもコミカルに描いて、朝ドラらしいホームドラマの1シーンとして微笑ましい瞬間だった。

あとがき

最後に登場した、祐一に弟子入りを申し出る素朴な青年、クレジットには「田ノ上五郎(岡部大)」とありましたが、お笑いトリオ「ハナコ」の岡部大さんですね。これからどんな話になるのでしょう?

先週と今週はややイレギュラーな展開でしたが、先週は正に『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』でしたし、今週は本物の歌を楽しめた1週間でした。となれば、来週は…と更に期待が高まるのに、『エール』は次週から3週間は放送中断です。何とも残念ですが、撮影は再開されているそうなので、「続き」を心待ちにしたいと思います。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 エールPart1 NHKドラマ・ガイド
連続テレビ小説「エール」オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説 エール Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)
古関裕而の生涯 傑作メロディーCD付き (TJMOOK)


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14340/


【これまでの感想】

第1週『初めてのエール』
1 2 3 4 5 
第2週『運命のかぐや姫』
6 7 8 9 10 
第3週『いばらの道』
11 12 13 14 15 
第4週『君はるか』
16 17 18 19 20 
第5週『愛の協奏曲』
21 22 23 24 25 
第6週『ふたりの決意』
26 27 28 29 30 
第7週『夢の新婚生活』
31 32 33 34 35 
第8週『紺碧(ぺき)の空』
36 37 38 39 40 
第9週『東京恋物語』
41 42 43 44 45 
第10週『響きあう夢』
46 47 48 49 50 
第11週『家族のうた』
51 52 53 54 55 
第12週『アナザーストーリー ~それぞれの愛のカタチ~』
56 57 58 59 60 
第13週『スター発掘オーディション』
61 62 63 64

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

研究生>『エール』第65話

​​ラストの古山家に向かう男性の後ろ姿に 岡島@徳永ゆうきさんか!? …と 一瞬、期待してしまったじゃないか(笑) …ひじゅにですが何か? 「自分の姿、鏡で見てみなよ」by熊次郎 ↑スター御手洗を罵る寅田熊次郎。 父親が帝国ラジオ会長だというので、お坊ちゃまかと思ったら 口も態度も悪い(^^;) 演じる坪根悠仁さんは、これがドラマデビューと聞いたけど ​憎まれ役でスター...

研究生>『エール』第65話

​​ラストの古山家に向かう男性の後ろ姿に岡島@徳永ゆうきさんか!?…と一瞬、期待してしまったじゃないか(笑)…ひじゅにですが何か?「自分の姿、鏡で見てみなよ」by熊次郎↑スタ...

【エール】第65回(第13週 金曜日) 感想

…オーディションの翌日、さっそく新聞でオーディションの合格者が発表される。ところが、発表の内容について、コロンブスレコードで久志(山崎育三郎)や御手洗(古…

連続テレビ小説『エール』第65回

内容久志(山崎育三郎)御手洗(古川雄大)が応募したオーディションは終了。そして、結果発表の日。配達されてきた新聞を見た裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)は。。。。その直後、姿を消す久志、御手洗。心配した裕一が、コロンブスレコードへと向かったところ、猛抗議する2人がいた。だが、当然。。。。。すると廿日市(古田新太)が、久志に。。。敬称略作、嶋田うれ葉さん原案、林宏司さん今週のメインである、久志と...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR