ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

朝ドラ「エール」主人公のモデル古関裕而さんの足跡を、主人公の弟を演じる佐久本宝さんが巡る番組の感想

朝ドラ「エール」主人公のモデル古関裕而さんの足跡を、主人公の弟を演じる佐久本宝さんが巡る番組の感想
©NHK

にっぽんぐるりココに福あり「今こそ届け! 福島からの"エール"」

2020年4月17日(金)にNHK福島限定で最初に放送され、NHKBS1で5月9日(土)に放送され、先日の6月4日(木)にNHK総合で全国放送された『にっぽん ぐるり ココに福ありfMAP「今こそ届け! 福島からの“エール”」』が面白かったので、ご紹介します。

「エール」は、"3.11"から10年を目前に「福島を応援したい」企画

そもそも、現在放送中の連続テレビ小説『エール』の企画自体が、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いが込められた企画であり、その主人公は福島出身の設定が良いとのことで、福島が生んだ偉人であり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而さんに白羽の矢は立って、「エール(応援)」と言うタイトルになったと言う経緯があります。

そんな東日本大震災と言う未曽有の災害から10年も経たずして、新型コロナ禍で『エール』が放送されている “偶然性” や “重要性” は、やはり見逃せることは出来ません。

来週、久し振りに「古山浩二」が登場すると言うので…

そして、番組のナビゲーターを務めるのが、『エール』で主人公の弟「古山浩二」を演じている佐久本宝さん。そう、久し振りに来週(6/8からの第11週)に登場するので、この記事を投稿したわけです。

番組前半は、古関さんが福島でどんな生活をしていたのかを

番組の前半は、佐久本さんが、数々の名曲を生んだ作曲家・古関裕而さんが、故郷の福島でどのように育ったのか? を知るために、福島の古関さん由来の場所を巡り、地元の人たちとの会話を通して、古関さんの足跡を辿って行きます。古関さんが好きだった食べ物や、ドライブが好きだったこと、手書きの絵などが紹介されます。

番組中盤は、撮影現場に潜入し「福島ことば指導」に密着

また、番組の中盤では、『エール』の撮影現場にもカメラは潜入。出演者たちの素顔を映しながら、ドラマを陰で支え、名だたる俳優達から「先生」と慕われる「福島ことば指導」と本編にクレジットされている福島県須賀川市出身の相樂幸仁(38)さん。「福島ことば指導」と言う仕事の難しさが描かれます。

でも、東京で俳優活動をしている相樂さんは、ずっと「震災と原発事故に苦しむ人たちに何か出来ないか?」と考えていたそうで、『エール』の方言指導の仕事をすることで、福島の人たちも見るに違いない作品で、きちんと福島ことばを見せて聞かせて、懐かしさや身近さを伝えたいと言う思いで、仕事をされているとおっしゃっていました。

そう、『エール』での “福島ことば” は相樂さんからの “故郷へのエール” でもある…と言うわけです。

番組後半は、軍歌から『栄冠は君に輝く』、校歌への思いを

番組の後半では、人気作曲家として、第二次世界大戦の際に国からの依頼で多くの「若い兵士を励ます曲」、例えば、戦意高揚映画『決戦の大空へ』の主題歌であり軍歌『若鷲の歌』などを作った古関さんが、日本が敗戦を迎え、自分の作った曲で多くの若者が戦地で命を失ったことや、大切な人を戦地に送った人たちの思いを考えた…と言う、実際のインタビュー映像も放送されます。

そして、軍歌、敗戦…を経て、新たな気持ちで作曲したのが夏の全国高等学校野球選手権大会の大会歌『栄冠は君に輝く』であると言う。また、古関さんが「校歌」をたくさん作曲された経緯についても描かれます。

見逃し配信は『NHKプラス』のみ。6/11(木)午後4時まで!

残念ながら、再放送の予定は、本記事投稿時点では発表されておりません。見逃し配信は、『NHKプラス』のみです。『TVer』等では見ることが出来ません。『NHKプラス』での見逃し配信も、6月11日(木) 午後4:00 までですので、見たい方はお早めに。

にっぽん ぐるり ココに福ありfMAP「今こそ届け! 福島からの“エール”」 - NHKプラス
https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2020060424924

あとがき

「番組が始まる時間になると、銭湯の女湯から人が消える」と言う都市伝説が残る1952年に大ヒットしたラジオドラマ『君の名は』では、 スタジオにオルガンを持ち込み、生演奏をして劇中伴奏を務めたと言う古関裕而さん。

個人的には、初代司会者の萩本欽一さんと共に審査員として出演されていた(1972年~1984年)のフジテレビ系の音楽番組『オールスター家族対抗歌合戦』のお姿が印象的です。

私が、数えた限りでは、全国で既に廃校になっている学校を含めて300校の校歌を作曲されたそうです。下記の記事もありますので、よろしかったら読んでみて下さい。

自分の母校の校歌が朝ドラ「エール」の主人公モデル・古関裕而さんの作曲か調べられるサイト

先日読んだ、「古関裕而さん関連の下記の本」が面白かったので、ご紹介します。

管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14268/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: