●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

6月5日(金)夜19時から翌朝5時まで「ストロベリームーン」が見られます

6月5日(金)夜19時から翌朝5時まで「ストロベリームーン」が見られます
※私のイメージです。

6月の満月は「ストロベリームーン」

『ディレクターの目線blog』らしくはないですが、毎月、満月の投稿をしております。そして、2020年6月5日(金)から6日(土)の夜空に満月が見られます。毎月、満月には名前が付けられていることは、これまでも紹介してきましたが、6月の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれています。

「ストロベリームーン」の由来は、野イチゴの収穫期だから

由来は、 アメリカの先住民たちが季節ごとの満月の名称を付けたのこと…とされており、「ストロベリームーン」とは、先住民が暮らす北米で、6月が野イチゴの収穫多いことから、その名が付いたとされています。

「ストロベリームーン」は、本当にピンク色なのか?

では、本当に「ピンク色」なのか? と申しますと。何となく、「夏至(今年は、6月21日)の頃って、地平線近くの夕日が他の季節より赤く見える」と言う経験、体験はありませんか? 日本を含む北半球では、夏の太陽が高く、冬の太陽は低くなります。ですから、体幹的に冬の夕方の影って「長いなぁ」と思いますよね。

月は、太陽と逆で、夏に低くて、冬に高くなる。と言うことは、夏至の月は、一年間で最も地平線に近い軌道を通るので、前述のように、「夏至の頃の月は赤っぽい」のです。

今夜の「ストロベリームーン」は19時頃から明日朝5時頃まで

因みに、「ストロベリームーン」が見られるのは、2020年6月5日(金)の夜の19時頃から6日(土)の朝5時頃まで見られると言う意味ですので、注意して下さい。

「ストロベリームーン」には「恋を叶えてくれるパワー」が

また、「ストロベリームーン」には、「恋を叶えてくれる」と言う言い伝えがありますので、片思いの相手と見ることが出来る “幸運な人” は、是非ともソーシャル・ディスタンスを保って一緒に月を眺めるもよし、相手を想うだけでも「恋を叶えてくれるパワー」がありますから、縁結び、恋愛成就を祈ってみてはいかがでしょうか?

6月の満月では「半影月食」と「部分日食」が見られるます

また、6月の満月では、「半影月食」と「部分日食」が見られます。「半影月食」は、月面から見て部分日食が起こっている状態のこと。「月食」と言う名前が付いていますが、月が欠けて見えるのでなく、片側が “グラデーション” のように少し暗く見える…と言う感じです。

6日(土)の朝2時46分頃に始まり、4時25分頃が最大で、6時04分頃に終了(全国共通)。東日本も西日本も空が明るくなる時間帯なので少し見えづらいと思います。

因みに、「部分日食」は、6月21日(日)の夕方に、日本全国で見ることが出来ます。

あとがき

先日の、ブルーインパルス飛行の時は、千葉県在住の私は奇しくもネットやテレビで観るしかありませんでした。

でも、今宵の満月は、天気予報からすると、全国的に見えそうです。今宵も、月と地球の引力を信じて、月を見るみんなの気持ちだけでも、少しでも近くなるのを信じて、一緒に今夜の “ストロベリームーン” を見ませんか?



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14263/

【新型コロナウイルス関連の投稿】
これまでの新型コロナウイルス関連の投稿一覧

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR