ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

路(ルウ)~台湾エクスプレス~ (第2話 [全3回]・2020/5/23) 感想

路(ルウ)~台湾エクスプレス~

NHKと台湾のテレビ局/PTS(公共電視台)の共同制作・土曜ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』公式
第2話の感想。
なお、原案とされる長編小説、吉田修一「路(ルウ)」(文春文庫刊)は未読。



台湾で8年ぶりの再会を果たした春香(波瑠)とエリック(アーロン)。春香の心はエリックへの断ち切れない思いと婚約者である繁之(大東駿介)への罪悪感との間ではげしく揺れ動く。一方、台湾新幹線プロジェクトは3年目を迎えていたが、技術面での折衝が難航し、スケジュールに遅れが生じ始めていた。安西(井浦新)は運転士や指令員の人材育成が急務と考え、日本での現場リーダー研修を提案するが・・・。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---


原作:吉田修一「路(ルウ)」(小説)
脚本:田渕久美子(過去作/篤姫、江~姫たちの戦国~、美女と男子)
演出:松浦善之助(過去作/花子とアン、美女と男子)
音楽:清塚信也(過去作/コウノドリ1,2)
主題歌:Chendy「つながる心」(作詞:田渕久美子、訳詞:陳信延、作曲:清塚信也)

前回のNHK『土曜ドラマ』枠に名作の予感がする…は撤回!

第1話の仕上がりを見た限りでは、また、NHKの『土曜ドラマ』枠に名作の予感がする…と、書いたのだが、残念ながら撤回させて頂く。

一体、第1話は、第2話にとっての何だったのか? 第1話では、 日本、台湾、新幹線、家族、夫婦、カップルと、時間と国境を越えた人間の心の交流が、分かりやすく、ドラマチックに描かれたのに、第2話で描かれたのは、春香(波瑠)がどの男を選ぶのか? と言う恋バナ一直線のドラマになってしまった。

番宣を勝手に信じ、こんな作品だろうと思い込んだ私が悪い

こう言う展開になるなら、最初から番宣で、そうアナウンスすべき。これは明らかにミスリード。

番宣を未定な人はどう感じるのか知らないが、少なくとも幾つかの番宣を見た私は、『プロジェクトX』とまでは行かずとも、日本と台湾の人々の交流と、台湾新幹線プロジェクトの成功秘話を並行に描きつつ、台湾の美しいロケ撮影を満喫できる日本のNHKと台湾の公共放送局・PTSとの共同制作でドラマだと、勝手に思い込んでしまった。

そう、勝手に思い込んだ私がいけないのだ。

おまけ程度の台湾新幹線と観光。あとは感じの悪い色恋沙汰?

なのに、第2話は、なぜか台湾新幹線プロジェクトの成功秘話に隠された苦難に満ちた過程は、ほぼおまけ。日本に妻子を残して台湾に単身赴任中の技術コーディネート担当・安西誠(井浦新)は台湾女性に現を抜かし、春香は日本の婚約者をキープしつつ、上手く行けば二股も辞さない勢いって…

折角のお祭りのシーンも説明不足で観光ビデオの役割も果たせず終了。流石に、番宣と看板に偽りあり過ぎでは?

あとがき

第1話と第2話で、これほどの落差がある連ドラ(と言っても、全3回だが)は久し振り。「出演者のファンが楽しむドラマ化」が一気に加速したのが本当に残念。最終回の感想を書くかどうかは見てから決めます。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
路(ルウ) (文春文庫)



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14218/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

土曜ドラマ 路〜台湾エクスプレス〜  第2回

ロマンス・あり。台湾の歴史あり。「新幹線」に対する、期待と、お国柄による姿勢の違い、ありで、盛り沢山に描かれました。ひょっとして、台湾イケメンさんは、ひょっとして、彼の地ではスターなのかな?たしかに、台湾で、ご年配の方は、日本語が話せるんですよね。エピソード的には、11年の東日本大震災発生時に寄せられた台湾からの震災支援に対しお礼をしたいとの思いが原点となり、「台湾で、台湾の放送局と合作とい...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR