●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

アシガール[再放送] (第6話 [全12話]・2020/5/22) 感想

アシガール[再放送]

NHK総合・ドラマ10『アシガール[再放送]』公式
第6話(全12話)『平成に若君キター!』の感想。
なお、原作の森本梢子『アシガール』(漫画)は未見。また、2018年12月23日放送のドラマ『アシガール 特別編「唯&若君 時空を超えた恋のキセキ!」』は鑑賞済み(感想)。
 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視させて頂きます。


戦国から送られたひん死の若君・忠清(健太郎)に、速川家では驚くが、母の美香子(中島ひろ子)の尽力で命を取りとめ、唯を案じつつ養生する。戦国時代にいる唯(黒島結菜)は、3分すれば戻るはずと、気楽に構えていた。が、忠清が戻らず大騒ぎになってしまう。しかも成之(松下優也)の策略で、唯は忠清の失踪への関わりを疑われることに。城から逃げ出した唯が偶然出会ったのは、忠清のいいなずけの阿湖姫(川栄李奈)だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:森本梢子『アシガール』(漫画)
脚本:宮村優子(過去作/花燃ゆ、相棒S14-14、相棒S15-9)
演出:中島由貴(過去作/ウェルかめ、逃げる女、スカーレット) 第1,2,3,4
   伊勢田雅也(過去作/バカボンのパパよりバカなパパ) 第5,6
   鹿島悠(過去作/透明なゆりかご)
音楽:冬野ユミ(過去作/スカーレット)

今回は本作らしさ、本作しか表現できない楽しさが溢れてる

本当に良く出来たドラマだ。やっと折り返し地点の第6話だが、既に秀作や傑作の匂いすら漂っている。感想の冒頭だが、つい結論付いたことを書いてしまう程に、第6話は本作らしさ、本作でしか表現できない楽しさに溢れている。

忠清も唯の両親もタイムマシーンを簡単に理解しても不自然でない

まず、見事なのは、唯(黒島結菜)の弟・尊(下田翔大)が自作したタイムマシーンの存在と、それが事実であることを、戦国から送られた瀕死の若君・忠清(健太郎)を始め、母の美香子(中島ひろ子)と父の覚(古舘寛治)が、サクッと理解してしまうのが、全く不自然に感じさせないこと。

普通なら「いくら何でも…」と言いたいところだが、既に第6話になっているから、ここは話を進めた方が得策に決まってる。そこがちゃんと計算されて作られているのは素晴らしい。

現代の速川一家の初期設定が、お見事

また、母の美香子が医師であると言う人物設定が、ちっともご都合主義に見えないのもスゴイと思う。更に、妻が働いて夫が主夫であることで、現代の速川家が一家総動員して、忠清のために奮闘しても全く違和感がない。

忠清が尊と一緒に木村先生を助ける場面は、感動的だった

木村先生(正名僕蔵)が悪い奴らにカバンを盗まれそうになったところに通り掛かった忠清と尊のくだりは、面白さと感動の嵐。初めてケンカをして落ち込んでいる尊に「幸せな事じゃ。争いを知らず暮らす事ができる」と声を掛けた忠清が握手の手を差し出す。時空を超えた忠清と尊の友情が生まれた瞬間だ。

また、正名僕蔵さんが木村先生と木村政秀を一人二役を演じている楽しさもしっかり魅せた。細かいところに仕掛けられている視聴者を楽しませる配慮が嬉しい。

戦国時代パートは、シリアスとコミカルを巧みに融合

今回は、唯が生きる戦国時代はどの程度描かれるのか期待していたが、予想以上にガッツリと物語が組み込まれていた。やはり、ここは、きちんと戦国時代の唯を描いておかないと、タイムマシーンで行ったり来たり出来る楽しさが半減する。

また、ただ単純に唯を描くだけでなく、成之(松下優也)の策略を盛り込んで、忠清の許嫁の阿湖姫(川栄李奈)も登場されて、シリアスとコミカルを融合させちゃった。本当に良く出来ていると思う。

あとがき

ただ「ひたすらに忠清さまを守りたい」と言う唯の走る姿で終わった第6話。今回は、「尊、大活躍の巻」でもありましたね。そして、現代で “感染症” に罹ってしまった忠清。一体、忠清は戦国時代のいつに戻るのか? そこも楽しみです。

だいぶ前に書いたので、その後には書かずにいましたが、昨夜は久し振りに「やってはいけないリアタイ視聴」をやってしまったために、ドラマプレゼンター「赤ペン滝川」の冒頭の2分間を危うく見そうになって、音声を切って2分待ちました。本編が終わった後の次回の見所解説の部分と合わせて、本当に本作を侮辱している、自虐行為ですよ。

おさらいなんてする必要のない位に、本作の冒頭の振り返りは良く出来ていますし、初見の視聴者を楽しませる意味で冒頭でネタバレすると言うのは意味が分かりません。放送枠に6分間足りないなら、『ピタゴラスイッチ』を放送してくれた方が癒されますし、気分転換になって良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK土曜時代ドラマ アシガール オリジナル・サウンドトラック [ 冬野ユミ ]
アシガール Blu-ray BOX
アシガール DVD BOX
【Amazon.co.jp限定】アシガールSP~超時空ラブコメ再び ~ (特製卓上カレンダー+オリジナルA4クリアファイル付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】アシガールSP~超時空ラブコメ再び ~ (特製卓上カレンダー+オリジナルA4クリアファイル付) [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/14211/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR