●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

連続テレビ小説「エール」 (第27回・2020/5/5) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『エール』公式サイト
第6週『ふたりの決意』の 『第27回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


幸せいっぱいでのんきに福島に戻った裕一(窪田正孝)だったが、帰りを待っていた福島の家族の反応は予想外のものだった。まさ(菊池桃子)や浩二(佐久本宝)の想(おも)いをはじめて知って、あらためてどうすべきか考えこむ裕一。久しぶりに恩師の藤堂先生(森山直太朗)をたずねて、裕一は自身について相談をする。一方、音楽学校の実技試験に向けて、歌の練習にはげむ音(二階堂ふみ)は、謎の男のアドバイスで…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

藤堂先生って、二者択一を迫るような人だっけ?

第4週の土曜日版(2020/4/25)の感想で、本編では明確化されなかったが、ナビゲーターの語りで、第4週からの脚本家兼演出家・吉田照幸氏(今週の演出は 松園武大氏)は、鉄男(中村蒼)は「裕一 “を” 救うきっかけを作る人」で、藤堂先生(森山直太朗)は「裕一 “が” 頼れる人」と描きたいと分かった。

だから、今回も人生の選択に迷った裕一(窪田正孝)は、久しぶりに恩師の藤堂を訪ねて相談した。ここまでは、間違っていない。しかし、このシーンでの、藤堂のこの台詞に違和感を覚えた。

藤堂「どちらかを選ぶな」

藤堂って、こんな風に言い切るキャラだったろうか? 私の印象では「お前の好きにしろ」と言うよなキャラとして記憶されているのだが。確かに、裕一の音楽の才能にいち早く気付いたのは間違いなく藤堂だが、自身が教師を辞めて親孝行をしようと選択に悩んでいる人が、「二者択一」の答えを言うかなぁと。

やはり、第3週までの脚本家・林哲司氏との “作風の違い” が “キャラの変更” にまで及んでいるような気がしてならない。ただ、前回での裕一の弟・浩二(佐久本宝)の衝撃的な爆発のように、良い方に働く時もある。やはり、脚本家の途中交代の影響は大きいと改めて感じた場面だった。

脚本は多少ブレてはいるが、裕一への演出は意外とブレない

脚本は多少ブレてはいるが、逆に演出家が交代しても本作らしい良い部分は、二人で共通、共有されている。例えば、藤堂と別れた後の裕一が、一人校門から出て立っているシーン。

まず、窪田正孝さんの顔が認識できない位に、どか~んと引いたロングショットで裕一の孤独感を描いて、次のカットで、バストショットまで寄って裕一の表情を視聴者に見せる。このバストショット(胸から上が画面に映っている画角のこと)が良い。

校門を出た直後の裕一の「ギロチン」の構図に注目して欲しい

まず、裕一の背後にある「石」に注目して欲しい。1つ目の良いのは、裕一の下手(画面の左)にゴロゴロとした「黒い石」を置いて “もうあとには引けない” 切羽詰まった感じを表現していること。もう1つ良いのは、背後の「石段?」の “線” が裕一の首の真後ろに合わせて撮影されていることだ。

こう言う、背景に横線(例えば、水平線や柵など)が首を横切るのは、「ギロチン」と言ってカメラマンが嫌う構図なのだ。なぜなら、「ギロチン」は首と胴体を分けるように映ってしまうから、人物としての一体感が損なわれるから。

しかし、敢えてここでは「ギロチン」を使うことで、画面内の“横の線(ライン)” と、裕一が首を動かす “縦の線(ライン)” が交錯するから、文字通りに裕一の心の中が様々に交錯しているように映る。

もう1サイズ寄ったアップを入れなかった選択もいいと思う

更に褒めるべきは、このあとに、もう1サイズ寄ったアップを入れなかったこと。あそこで更にアップを入れると、窪田正孝さんの演技を強調し過ぎちゃう。そう、ここは俳優の演技力を魅せるのでなく、魅せるべきが裕一の心情だから良いのだ。こう言う演出があると嬉しくなる。

「震えを止めて お願い…」の音はアップにし過ぎだったかな?

なのに、そのあとの、音(二階堂ふみ)が裕一からの「別れの手紙」を読んで、「震えを止めて お願い…」のシーンでは、いつもなら襟は切らないで映すのに、寄っちゃった。音の頭のてっぺんも切れるまで寄っちゃった。

恐らく二階堂ふみさんの演技に吸い寄せられたと推測するが、さっきの裕一のシーンであそこまで引いたままで描写したのだから、ここも冷静にあと数十センチ引いて撮影したら良かったと思う。このシーンだけ別のドラマみたいになってしまったから。

まあ、あの演技を目の前でやられたら、寄りたくなる演出家の心情も分からなくもないが、ここは “統一感” と言う意味で、ちょっとだけカメラに引いて欲しかった。だって、この直後の八重(三田和代)と茂兵衛(風間杜夫)のシーンでは、ちゃんと引いた画で、二人の心情を十分に描かれているのだから。

音からの手紙を読む裕一のカットにも「ギロチン」の構図があった!

で、音からの手紙が数通届く、裕一の部屋のシーンでのカットを、また見て欲しい。ねっ、ちゃ~んとやってるでしょ、ゴロゴロとした「黒い石」と「ギロチン」と全く同じ構図。そう、呉服屋「喜多一」の店員・及川(田中偉登)が裕一に手紙を渡して、部屋を出て「チェッ」と舌打ちをしたあとの、手紙の裏面を見た直後のカットだ。

座ってバストショットの裕一が真ん中で、下手に「黒い石」の代わりに濃いめの色の「物入れ」があって、「石段」の代わりが「襖の柄」。上の白い部分と下の青色の部分で「ギロチン」してる。裕一の泣くアップもない。むしろ、引きの画ばかりで孤独感を見事に描いてる。

まあ、今のところは、裕一と音で「描写に違いを設けている」と好意的に解釈しておくが…(もちろん、これが「継続は力なり」で本作らしさになる可能性もある!)

留学が取消になった裕一のカットが良かったから、音のアップも…

いいよねぇ。裕一の留学が取り消しになったところの、部屋での裕一の映像が。手前のテーブルの脚?もぼかして、奥の裕一もぼかして、手持ちカメラで揺らせて…なんて。ちょっとした映画みたいな印象的なカットだ。これを見たあとだと、音のチョイ寄りの泣き顔も悪くなかったかな? と思えてしまった。

鈍感で思慮浅い男を問題解決力のある女が助ける展開は好き

ただ、まだまだ悪くないなぁって。前回の感想で、私は「鈍感な裕一」を強調したのは良かった…と書いた。鈍感であり思慮の浅さもある男。だから、「ミューズ」である音を捨てて、留学に賭けることが出来た。

だって、「ミューズ」がいるから音楽が生まれると自身が言ったのだから、「音を捨てる=音楽を捨てる」に気付かない。気付かない(気付けない…かな?)ような裕一だからこそ、唯一の望みであり道であった「留学」が閉ざされてことで、どん底に突き落とされる。ここまで、「鈍感であり思慮の浅さもある男」が意外と筋が通っていると思う。

そんな男を救うのが問題解決能力、ブレークスルー出来る女である音…の流れは自然。このまま、金曜日にはサブタイトル『ふたりの決意』に沿って、結婚の決意まで進んだ方が良いとも思う。まだ、火曜日だから3日あれば十分やれるに違いない!

あとがき

今回の感想の序盤では「脚本は多少ブレてはいる」と書きました。でも、それはあくまでも、例えば幼少期と今の藤堂先生のキャラ設定などについてであり、物語自体の進む方向は、意外とベタな「紆余曲折する結婚への道」になっていると思います。

とにかく、問題は、ダブル主人公が夫婦になって同居してからだと思います。どっちをどの程度、出して引っ込めるのか? その辺も今は楽しみとして取っておきます…

それと、今回を見て、やはり本作のサントラ盤って、小さい音で流れていても印象的で良いなと思いまして、Amazonで予約してしまいました。5月27日の発売が楽しみです。と言うわけで、下にリンクを掲載します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「エール」オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説 エール Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)
古関裕而の生涯 傑作メロディーCD付き (TJMOOK)


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14142/


【これまでの感想】

第1週『初めてのエール』
1 2 3 4 5 
第2週『運命のかぐや姫』
6 7 8 9 10 
第3週『いばらの道』
11 12 13 14 15 
第4週『君はるか』
16 17 18 19 20 
第5週『愛の協奏曲』
21 22 23 24 25 
第6週『ふたりの決意』
26 

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二者択一>『エール』第27話

​​​​​​​​二者択一に路線変更したのに 結果は 二兎を追う者は一兎をも得ず になってしまった…図ぅ? …ひじゅにですが何か? 「本気で何かを成し遂げたいなら何かを捨てねばならない」 by藤堂 ↑藤堂先生って、こんなことを言う人だったっけ? 浩二の言葉に思い悩む裕一の図ぅ― 困った時の藤堂先生頼みで、久しぶりに小学校へ。 「こんなに狭かったでしたっけ?」 なんてところ...

二者択一>『エール』第27話

​​​​​​​​二者択一に路線変更したのに結果は二兎を追う者は一兎をも得ずになってしまった…図ぅ?…ひじゅにですが何か?「本気で何かを成し遂げたいなら何かを捨てねばなら...

連続テレビ小説『エール』第27回

内容音楽学校の試験が迫る中であったが、裕一(窪田正孝)から連絡がないことに、不安を抱く音(二階堂ふみ)。姉・吟(松井玲奈)に諭され、歌の練習をしていた音。背後から謎の男から声をかけられ、歌い方の注意をされる。男の指摘通りに、音が歌ってみると。。。。一方、三郎(唐沢寿明)は、まさ(菊池桃子)の説得を続けていたが。。。そんななか、裕一は、藤堂(森山直太朗)に相談する。母・まさ、弟・浩二(佐久本宝...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR