●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

家政夫のミタゾノ(第4シリーズ) (第2話・2020/5/1) 感想

家政夫のミタゾノ(第4シリーズ)

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(第4シリーズ)』公式
第2話の感想。



三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、人気の豚骨ラーメン店を営む藤原の自宅兼店舗へ。腰痛に見舞われた妻・奈美からの家事の依頼だ。折しも、店の味を残すため、4年間勤めた従業員・河原を後継者に推す奈美の提案を、「まだ早い」と拒んできた頑固者の藤原がついに受け入れた。だが直後、河原と突然連絡がつかなくなり、藤原は「最近の若いもんは」と激怒する。急きょ、店を手伝うことになった三田園は、奈美が食品会社と契約を結ぼうとしていることを知る。だがそれは、藤原が認めるはずがない契約で…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:小峯裕之(過去作/家政夫のミタゾノ1,2,3、SUITS 2) 第1
   山岡潤平(過去作/家政夫のミタゾノ1,3)) 2
演出:片山修(過去作/相棒シリーズ、家政夫のミタゾノ1では演出補) 第1
   小松隆志(過去作/家政夫のミタゾノ1,2,3) 2
音楽:ワンミュージック(過去作/もみ消して冬シリーズ、家政夫のミタゾノ3、ケイジとケンジ)
主題歌:Hey! Say! JUMP「Last Mermaid...」(ジェイ・ストーム)

三田園が関わる主軸部分は、人情噺的な面白いし楽しい!

三田園(松岡昌宏)が関わるドラマの主軸部分は、第1話と同様にそれなりに楽しいし、人情噺的な面白さもあるのは大いに認める。

明らかに、"主軸以外の部分" が物足りない!

ただ、その他の部分、例えが三田園の “生活の知恵” の部分はマンネリ化しているし、 光(伊野尾慧)と舞(飯豊まりえ)の存在理由も見えて来ない。

折角、シリーズ最高の「第1シリーズ」を超えずに来た『2』、『3』に次いで、遂に『4』は起死回生か? と思ったのだが、正直「第4シリーズも結局この方向になっちゃうの!?」と思ってしまった。明らかに、物足りない。もう少し工夫は出来ないものだろうか…

あとがき

折角、第4シリーズが始まったのに、やはり一時中断なんですね。でも、第3話以降も制作続行するなら、立て直すにはいい機会だと思います。それにしても、次週は「傑作選」を放送するそうですが、なぜ『3』で最も低視聴率の第6話(Wikipediaを参照)を放送するのでしょう? 傑作選の感想は既に書きましたので書きません。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、ブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/14127/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家政夫のミタゾノ4 第2話

三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、ラーメン店・りきやを営む藤原(西岡徳馬)の家に派遣されます。 店の従業員3人は、藤原のパワハラまがいの当たりの強さに耐えながら働いている様子でした。 ある夜、店を閉めた藤原は、最も修業期間の長い河原(きづき)に明日、麺を打つように命じ、店の将来を任せようとします。 しかし翌朝、店に河原が現れず、藤原の妻・奈美(重田千穂子)は、三田園と舞に店を手伝...

家政夫のミタゾノ 第4リーズ 第2話「チャーシュー背脂ネギましまし!」

やはり、シリーズ化されるほどなので、安定の面白さ今回は、人気ラーメン店の秘密で、ゲストは、西岡徳馬三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)が出向きました。見せ場は、美田園が男らしく、啖呵っ!お約束の家事アドバイスも「…なるほど」だったしそういうオチとは… な、意外性が、興味深かったです。なかなかに、楽しみ    (ストーリー)三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、人気の豚骨ラーメン店を営む藤原...

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(4)』第2話

内容三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、藤原力也(西岡徳馬)のラーメン店“りきや”に派遣されてくる。妻・奈美(重田千穂子)が腰を痛めたためだった。が、いつも怒ってばかりいる藤原に、店員達が辞めていき。。。ついに、三田園が店の手伝いまですることに。敬称略脚本は、山岡潤平さん演出は、小松隆志さん内容自体は、なかなかの内容なのだが。なんだろう。。。。一瞬、今作って、“こういうの?”って思ってし...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR