●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

相棒 season18 (第20話/最終回2時間スペシャル・2020/3/18) 感想

相棒 season17

テレビ朝日系・『相棒 season18』公式
第20話/最終回2時間スペシャル『ディープフェイク・エクスペリメント』の感想。



政府と関係があった元武器開発会社社長・桂川(村上新悟)が自宅で殺された。捜査会議に潜り込んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はその後、現場へ。そこにいた青木(浅利陽介)から、現場のパソコンに桂川と内閣情報調査室職員・庸子(遠山景織子)の親密な動画が残されていたと聞く。一方で、推理力低下がささやかれ始めた右京は、美彌子(仲間由紀恵)らに心配される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

著名な登場人物がほぼ全員登場と言うファンへの大サービス

●脚本:輿水泰弘/演出:権野元(敬称略)

最終回の脚本担当は、輿水泰弘氏。以前は『相棒』のメインライターの1人であったが、最近は1年に数回の担当。調べたら、今Seasonの第1,2話(2019/10/9,16)だった。

流石、シリーズ化以前の『土曜ワイド劇場』時代から脚本担当をしているだけに、名前だけの登場を含めて、『相棒』の著名な登場人物がほぼ全員登場と言う、ファンへの大サービス。これだけ、ファンが喜ぶネタを上手く組み込んでストーリーを組み立てたのは、お見事だ。

「右京のスランプ」から始まった時は面白いと思ったが…

さて、あとは、そのストーリーが面白ければ文句ないのだが。最近、亘(反町隆史)が右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼして、「右京のスランプ」から始まったのは『最終回』らしい設定で面白かった。

『SP』に政治や警察組織のネタが絡むと必ず薄味になる…

また、本作の『SP』に政治や警察組織のネタが絡むと、必ず規模が大きくなり過ぎて “薄味” になるのはファンなら、一番恐れること。そして案の定、今回もそうなってしまい残念だ。やはり、政治絡みのエピソードにするなら、もっと大きな陰謀なりが陰に潜んでいないと、自由行動がお得意の特命係が動く意味が薄まってしまう。今回が正にそれ…

政治を絡めずに、単純に"偽映像"の脅威だけ描けば良いのに

サブタイトルが『ディープフェイク・エクスペリメント』とあるように、とある事件が「偽映像実験」によって捜査がかく乱され、特命係一派となのる青木(浅利陽介)を絡めて、「ディープフェイク」の恐怖や脅威を、政治や政治家を絡めずに、捜査一課と組んで解決するも、「ディープフェイク」の恐怖や脅威は、まだまだ続く…と締め括った方が良かったと思う。

「こてまり」の女将役を森口瑤子さんにしたのは良いセンス

ただ、政治絡みの部分を除いた事件の部分は、最新の映像技術を研究していた大学の特任教授・鬼石美奈代(坂井真紀)の部分は『相棒』らしく、悪くないと思う。

また、「花の里」の代わりに小料理屋「家庭料理 こてまり」が登場し、女将で元芸者・小出茉梨役に森口瑤子さんをキャスティングしたセンスは良かったと思う。と言うことで、『season19』もある、と言うことだ。

あとがき

やはり、政治絡みにせずに、政府と関係があった元武器開発会社社長・桂川(村上新悟)と内閣情報調査室職員・庸子(遠山景織子)のフェイク動画と鬼石教授の3人に絞り込んで描いた方が良かったと思います。それでも、オールスターキャスト勢揃いなのは、長年のファンとしては楽しませて貰いました。

『相棒』シーズン15~18オープニング曲と、劇中使用曲のサウンドトラック・アルバムの発売が決定しました。音楽はTVシリーズと劇場版全作品を手がける作曲家・池頼広氏が担当。本アルバムには池頼広氏が、各シーズンのために書き下ろした楽曲18曲を収録し、ブックレットには池頼広最新インタビューも掲載されているとのこと。3/31発売予定で、Amazonで予約できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒シーズン15?18 オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13953/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒18 最終話

亘(反町隆史)は、最近、右京さん(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと角田(山西惇)にこぼしていました。 今までの事件の中で思い当たる節がたくさんあるようで、亘はスランプを危惧しますが、右京さんはどこ吹く風です。 内閣官房長官・鶴田(相島一之)たち政府の中枢と密接な関係を持つ、武器輸出推進の旗振り役・桂川(村上新悟)が殺害されました。 かつて右京さんと亘が暴いた軍事転用技術横流し...

相棒 Season18 最終回「ディープフェイク・エクスペリメント」

やはり、シーズン最後の最終話は、オールキャストで、ファンサービス満点。脚本も、シリーズ立ち上げ時から関わった、輿水泰弘の登場に「ををっ!」シメの舞台となる、飲食店問題(ずっと「花の里」が、お約束だっただけに…)も、彼に一任されたの… かな? (^^;)“こてまり”という店の、芸者“小手鞠”こと、小出茉梨(森口瑤子)登場だったけれど… 彼女って、「ガリレオ」シリーズで、唯一、湯川先生をしてやっ...

相棒17 テレ朝(3/18)#20終

最終回 第20話 ディープフェイク・エクスペリメント あらすじ亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風...

相棒season18 第20話(最終回)

『ディープフェイク・エクスペリメント』 内容元東亜ダイナミクス社長の桂川宗佐(村上新悟)が殺されて発見された。伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)は、第一発見者の秘書・水戸弓子から事情を聞く。現場に残されていたスマホに、“99”という数字。家宅捜索をしていた益子(田中隆三)が、現場で動画を発見する。桂川の相手の女性は、内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明。内村(片桐竜次)中園(小...

「相棒 season 18」第20話(最終話)

その映像は真実なのかフェイクなのか・・・。 第20話(最終話)『ディープフェイク・エクスペリメント』ネタバレです。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR