ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

テセウスの船 (第8話・2020/3/8) 感想

テセウスの船

TBSテレビ系・日曜劇場『テセウスの船』公式
第8話『事件を止めろ! 黒幕出現!?』の感想。
なお、原作の漫画、東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング)は、未読。



心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)は小学校の放送室でみきお(柴崎楓雅)と向き合い、学校の外へ連れ出そうとするも、みきおが突然泣き出す。駆け付けたさつき(麻生祐未)らにとがめられた心と文吾は、みきおが何もしないよう見張ることしかできない。そんな中、お楽しみ会で児童に振る舞われる鍋にみきおが毒を入れた可能性が浮上。一方、別の場所で新たな事件が起きる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:東元俊哉「テセウスの船」(漫画)
脚本:高橋麻紀(過去作/結婚式の前日に、朝が来る、いつかこの雨がやむ日まで)
演出:石井康晴(過去作/花より男子シリーズ、逃げ恥、花のち晴れ)) 第1,2,4
   松木彩(過去作/下町ロケット2018#10、グッドワイフ#7、Heaven?'4,7) 第3,7,8
   山室大輔(過去作/ごめんね青春!、天皇の料理番、グランメゾン東京)) 第5,6
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、東京タラレバ娘、シャーロック アントールドストーリーズ)
製作:大映テレビ(最近作/下剋上受験、銀と金、屋根裏の恋人、わたし旦那をシェアしてた)

今回は"みきお以外の犯人"が誰なのか?が本当の見所だった

今回は、かなり大胆に、且つ挑戦的な映像で視聴者を攻めて来たと思う。だって、世間では「共犯説」や「犯人複数説」が俄かに囁かれていて、この第8話でその “みきお以外の犯人” が誰なのか? が本当の見所だった。

徹底的に"みきお以外の犯人"を見せない選択でドラマを魅せた

しかし、巧みな計算による演出によって、“みきお以外の犯人” が存在することは明瞭になったが、それが誰なのかを微塵も感じさせなかった。これは、視聴者から「引っ張り過ぎ!」と受け取られるか、「謎が深まった」と受け取られるかの大きなドラマ上の勝負であり、賭けだ。

そして、本作は共犯者を「見せない」選択をし、謎解きドラマとして謎解きの楽しさを「魅せる」ことに成功したと思う。

あとがき

これを「引き伸ばし」だとか「繰り返しばかり」と言う人は、見ても面白くないだろうから離脱した方が良いと思います。逆に、「焦らし方に、やられてる!」と言う人は、来週まで待ち遠しくてたまらない作品に仕上がっていると思います。

ここまで、割り切った脚本と演出は、私は悪くないと思いますし、(ふと気が付くと肩に力が入っていますが)気軽に楽しめるホームドラマの要素もあって良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「テセウスの船」オリジナル・サウンドトラック
テセウスの船 コミック 全10巻セット


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13917/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

テセウスの船 第8話 「ついに黒幕が登場!!全て俺のせいだった!?絶望の父子」

物語は最終章…2度目のトリップは、さらに悪い状態で、現代へ帰り、黒幕の存在を知り、さらに過去へ飛んで、今度は、小学生の加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を、父(鈴木亮平)と共に、徹底、ロックオン。阻止して回ります。青年・みきお(安藤政信)も雰囲気でしたが、この、疑惑のキーマンを演じる、少年・みきおの子役さん、美形でありつつ、すごく繊細な演技も上手で、将来性を感じますね。しかし、村では同時に新たな事...

テセウスの船 第8話

音臼小の大量毒殺事件の当日、心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)は、お楽しみ会に現れた犯人・みきお(柴崎楓雅)の行動を監視します。 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て、文吾が殺人犯になってしまいます。 事件が起きた昼食の時間になり、何としても事件を阻止したい心は驚くべき行動を取るのでした。 一方、音臼村を出ようとしていた和子(榮倉奈々)、鈴(白鳥玉季)、慎吾(番家天...

日曜劇場『テセウスの船』第8話

内容心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)が、事件の阻止に動くが、誰も信じてくれず。そこで、みきおを捜し続けるも、見つからなかった。そして当日。校内放送で、みきおの声が流れる。「さあ、みんなで楽しみましょう」放送室に駆けつけた心と文吾は、ようやく、みきおを発見。校内から連れ出そうとするのだが、石坂(笹野高史)さつき(麻生祐未)らの前で、みきおが泣き始め、失敗する。一方、心、文吾の説得で、村を離れた...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: