ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

スカーレット (第125回・2020/2/28) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第21週『スペシャル・サニーデイ』の 『第125回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


信作(林遣都)は、親しげに話す百合子(福田麻由子)と同級生の近藤(中山義紘)に嫉妬。近藤に百合子への思いを問い詰める。すると近藤はすでに結婚して子供もいることを明かす。信作は一安心して、近藤を見送る。それでも照子(大島優子)夫妻も帰って、二人きりになると、信作が百合子に近藤との関係を質問攻め。口論になって百合子が店を出て行ってしまう。ただ一人になった信作。店の電話が鳴り響き、思わぬ客が押し寄せ…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も主人公不在。ほぼ妹夫婦と照子夫婦で15分間終了…

前回の感想に書いた通り、感想を書くために録画を幾度か巻き戻して確認しているため「時計代わり」にもなってないのが、私にとっての今の朝ドラ『スカーレット」。そして、今回も主人公も元夫も息子も登場しないまま、主人公とは “2親等離れた妹” と “赤の他人” の寸劇で15分間が終わった。

これが、「あっと言う間」な位に楽しくて、次回も楽しみになるような内容なら、まだ許せる。しかし、そうで無いから困るし、NHKには届かないとは分かりつつも、こうしたら良いのに…と改善策を書いて来た。

何を言っても無駄だが、再度私なりの改善策を書いてみる…

まあ、それも「あと土曜日の1回だけ」だから、何を言っても無駄でしかないが、折角感想を書いているから、私なりの改善策を書いてみる。皆さんは、どう感じるかも知りたいし。

これまでの私の改善策は、喜美子と武志を利用する作戦…

さて、これまでの私の改善策は、せめて主人公・喜美子(戸田恵梨香)の直近の “1親等” である息子の長男・武志(伊藤健太郎)を登場させて、描く内容は “ほぼ回想シーン” であっても、武志にとっては “初耳” であり “お初” であることを活かして、既視感を排除して、武志と一緒に私が、これまでの5か月間を振り返ると言う作戦だ。

これなら、スピンオフドラマっぽさも薄まるし、武志が喜美子の現状を話す場面でもあれば、現場に喜美子が居なくても存在感は描くことができると言う訳だ。

今回の作戦は、『信作が〇〇なかなかできない』を再利用…

しかし、今回の15分間を2回見直して、ふと思ったことがある。これ、冷静に考えて欲しい。今、劇中の信作(林遣都)は喜美子と同級生だから「46歳」。百合子(福田麻由子)は「38歳」だ。果たして、これが「46歳の男性と38歳の女性の夫婦のやり取り」に見えるか? ってこと。

もしも、これが「46歳と38歳の夫婦のやり取り」に見えたら、違和感やモヤモヤが少しは消えないだろうか?

そこで思い付いた。「46歳と38歳の夫婦のやり取り」には見えなくても、「46歳の信作と38歳の百合子夫婦のやり取り」に見える策が。それは、第89回(2020/1/17)でナレーションが言ったこれだ。

N「これが 後々 語り継がれる
『信作 結婚のご挨拶が なかなかできない』
の始まりでした」

この1週間で「後々 語り継がれる」をそのまま映像化したら!

そう、信作と百合子は、信作は何となく粘着質で決断力に乏しく、百合子はおっとりした性格で流されやすいのだ。だから、喜美子へ結婚の挨拶に行くのに時間が掛かった。当blogの、本作の感想のリピーター読者さんならご承知と思うが、私は、「挨拶までもっと引っ張れ!」と言い続けた。

しかし、結果的に “なかなかできない” と言った割に、案外あっさり終わったように描かれた。そこでどうだろう。この1週間で「後々 語り継がれる」をそのまま映像化したらどうだろう!

『信作 結婚のご挨拶が なかなかできない』の途中を描く!

本編では3回位(?)で成功したが、「実は…」と言う展開で、照子(大島優子)夫妻や、信作の両親である忠信(マギー)と陽子(財前直美)夫婦も参加して、「あんな作戦もあったなぁ」とか「あれは最初から失敗が分かっていた」とか、信作が皆からコテンパンにやり込められて、最後には百合子が「そこが好きやねん」で締め括る。

これで、月曜日から水曜日の3回分は埋められる。あとの2回分は照子夫婦の話で行ける、そして残りの1回は次週への繋ぎ。そうすれば、舞台は「カフェ・サニー」だけで済むし、回想シーンにも頼らずに済む。新たに撮影するのは『信作 結婚のご挨拶が なかなかできない』の始まりと結末の “間” だけで良いのだ。

その方が、信作夫婦、照子夫婦、陽子夫婦の “味わい” が楽しめる1週間になったのではないだろうか?

あとがき

「笑い」って、“繰り返し” が大切ですよね。信作と百合子のエピソードは “大袈裟に騒いで引っ張ってこそ” 楽しいのです。

ですから、例えば、信作が急に出世することになったり、百合子が妊娠したり、陽子がカフェの2号店を出したいと言い出したり、そんなプチ騒動をしんさくに与えて、1週間『『信作 〇〇が なかなかできない』をやれば良かったのだと思います。面白くなりそうな気がしませんか?

喜美子パートのネタ切れと言うより、脚本家のアイデア不足がこの体たらくの原因だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13878/


【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11 12
第3週『ビバ!大阪新生活』
13 14 15 16 17 18
第4週『一人前になるまでは』
19 20 21 22 23 24
第5週『ときめきは甘く苦く』
25 26 27 28 29 30
第6週『自分で決めた道』
31 32 33 34 35 36
第7週『弟子にしてください!』
37 38 39 40 41 42
第8週『心ゆれる夏』
43 44 45 46 47 48
第9週『火まつりの誓い』
49 50 51 52 53 54
第10週『好きという気持ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『夢は一緒に』
61 62 63 64 65 66
第12週『幸せへの大きな一歩』
67 68 69 70 71 72(Vol.1) 72(Vol.2)
第13週『愛いっぱいの器』
73 74 75 76(Vol.1) 76(Vol.2) 77 78
第14週『新しい風が吹いて』
79 80 81 82 83 84
第15週『優しさが交差して』
85 86 87 88 89 90
第16週『熱くなる瞬間』
91 92 93 94 95(Vol.1) 95(Vol.2) 96
第17週『涙のち晴れ』
97 98 99 100 101 102
第18週『炎を信じて』
103 104 105 106 107 108
第19週『春は出会いの季節』
109 110 111 112 113 114
第20週『もういちど家族に』
115 116 117 118 119 120
第21週『スペシャル・サニーデイ』
121 122 123 124

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

夫婦の会話>『スカーレット』第125話

​​​​​​​​​戸田恵梨香といえばミサミサ@『デスノート』 …という期間が長かったけど 今はもう、すっかり喜美子! 戸田恵梨香といえば綾野剛 …というのも、もう昔々だよね(^^;) 今は? …ひじゅにですが何か? 「好きでした」by近藤 昨日のラストシーンのまんま 近藤さんが百合子が好きだったと認め 信作が嫉妬 …それだけ(笑)>こらこら 時間が跳んでばかりなので 各...

夫婦の会話>『スカーレット』第125話

​​​​​​​​​戸田恵梨香といえばミサミサ@『デスノート』…という期間が長かったけど今はもう、すっかり喜美子!戸田恵梨香といえば綾野剛…というのも、もう昔々だよね(^...

連続テレビ小説『スカーレット』第125回

内容百合子(福田麻由子)の同級生・近藤(中山義紘)に嫉妬する信作(林遣都)だが、近藤が結婚していると聞き、信作はひと安心する。その後、近藤に続き、照子(大島優子)敏春(本田大輔)も帰っていく。百合子とふたりになった信作は、近藤のことを問い詰めはじめ、泣きながら百合子は、カフェを飛びだしていく。泣いて、店を飛びだしてきた百合子とすれ違った照子、敏春は、信作に。。。。敬称略もう、終わった話だから...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: