●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

トップナイフ-天才脳外科医の条件- (第7話・2020/2/22) 感想

トップナイフ-天才脳外科医の条件-

日本テレビ系・土10ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』公式
第7話『“人の顔が認識できない”患者・祥子を巡り、院内で事件が勃発! さらに、深山の娘・真実が病院に潜入!?』、ラテ欄『顔がわからない恐怖 犯人は誰?』の感想。
なお、原作の小説、林宏司「トップナイフ」(河出文庫)は、未読。


深山(天海祐希)は、酒に酔って階段から転落したという実業家・祥子(原沙知絵)の開頭血腫除去を行う。祥子の元には池谷(木村了)、西川(夙川アトム)という男性2人が連日、見舞いに訪れていた。そんな中、祥子が深山に「誰の顔も分からない」と訴える。一方、真実(桜田ひより)が、仕事場での母親の姿をこっそり見たいと来院し、幸子(広瀬アリス)が案内役を買って出る。
---上記のあらすじは[[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:林宏司「トップナイフ」(小説)
脚本:林宏司(過去作/救命病棟24時[2]、医龍シリーズ、BOSSシリーズ、コードブルー[1,2])
演出:大塚恭司(過去作/女王の教室、左目探偵EYE、高嶺の花) 第1,6
   佐久間紀佳(過去作/Missデビル、あなたの番です) 第2,3,7
   茂山佳則(過去作/フランケンシュタインの恋、ブラックリベンジ) 第4,5
音楽:横山克(過去作/リバース、わろてんか、ホリデイラブ、刑事ゼロ)
   鈴木真人(過去作/べしゃり暮らし、絶対正義、私のおじさん、刑事ゼロ)
主題歌:JUJU 「STAYIN' ALIVE」(ソニ^・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

深山の娘を盛り込んで、更にドラマが切り刻まれた!

もう、最終章直前だろうに、第7話にもなって、これまでのパターンを変えて深山(天海祐希)の娘・真実(桜田ひより)を、かなりの分量を混ぜて来た。そのお陰で、深山の出番が増えて喜んでいる視聴者はいるだろうが。しかし、そのお陰で、これまで以上に医師の私生活が1時間のドラマを切り刻んでしまった。

医療ドラマなのに、前編ほぼ「会話劇」のつまらなさ…

その上、たった一人登場人物が増えただけで、本当に映像の殆どが「会話劇」になっちゃった。別に、医療ドラマだからカッコいいオペシーンを観たい訳ではないが、もはや、主人公が今回の主たる患者である酒に酔って階段から転落したという実業家・祥子(原沙知絵)と「会話劇」をやっているから何のドラマか分からず状態に…

あとがき

最初から、脳外科のドラマでなく、精神科や心療内科、それこそ心理カウンセラーのドラマにした方が良かったのでは? だって、今回の主人公がやってるのって、医療ドラマと言うより刑事ドラマや探偵ドラマの主人公がやるようなことだから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」オリジナル・サウンド
トップナイフ (河出文庫)
【Amazon.co.jp限定】STAYIN' ALIVE (初回生産限定盤) (DVD付) (デカジャケット付)


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13859/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR