●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

アライブ がん専門医のカルテ (第7話・2020/2/20) 感想

アライブ がん専門医のカルテ

フジテレビ系・木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』公式
第7話『がん再発の父と引きこもりの息子6030問題』の感想。


心(松下奈緒)は結城(清原翔)と共に、がんの手術から3年後に転移が認められた患者・武井(平田満)と向き合う。入院を拒否し、息子・健太(篠原篤)の話題をはぐらかす武井に、心は何か事情があると考える。一方、薫(木村佳乃)は前の職場へ。後日、結城に自身の余命を問い詰めた武井が診察に現れず、心は武井の自宅に向かう。そんな中、心に須藤(田辺誠一)から連絡が入る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:倉光泰子(過去作/ラヴソング、突然ですが明日結婚します) 第1,2,3,5,6
  神田優(過去作/アリバイ崩し承ります) 第4,7
演出:髙野舞(過去作/隣の家族は青く見える、セシルのもくろみ、昼顔) 第1,2,6
   石井祐介(過去作/SUITS/スーツ、民衆の敵) 第3,4,7
   水田成英(過去作/小説王、医龍4) 第5
音楽:眞鍋昭大(過去作/後妻業、ミス・ジコチュー天才天ノ教授の調査ファイル)
主題歌:須田景凪 「はるどなり」(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)

脚本家が交代しても、まだ "縦軸" でドラマを切り刻むの?

記事投稿時点(2020/02/21 10:03)で公式サイトにも掲載されていない脚本家・神田優氏が本作を初担当。

いつも同じ感想になってしまい申し訳ないが、この第6話は今まで以上に「心(松下奈緒)の夫の死と、薫(木村佳乃)の関係」と言う所謂 “縦軸” を盛り込んだ上に、がんの手術から3年後に転移が認められた患者・武井(平田満)の事例を切り刻んで描いてしまったお陰で、両方の良さが薄まってしまったのが残念。

「医療ドラマ」を前半、「謎解きドラマ」を後半にまとめたら?

これ、もっと単純な構成、例えば1時間の前半を、がん患者に向き合う医師たちの「医療ドラマ」にして、後半を「謎解きドラマ」にするだけで、だいぶ違うと思う。

北大路欣也さんと平田満さんの演技に魅了された!

特に、「謎解きドラマ」のついては、かなり核心に迫って来て面白味が増しているし、北大路欣也さんの演技の素晴らしさもあるし、脚本家と言う設定も巧みに活かされており「ホームドラマ」の面白さも加わっている。

また、「医療ドラマ」についても、重くて、暗くて、辛い内容ではあるが、単純に患者の苦悩と患者に向き合う医師たちを描くのでなく、患者親子の現実と未来と絆を丁寧に描いた。平田満さんの演技も素晴らしかった。ちょっとした工夫でドラマの仕上がりは変わると思う。

あとがき

特に今回は、前半と後半に分けて、縦軸と一話完結の部分を描いた方が分かり易かったでしょうね。「医療ドラマ」の部分の重さや辛さは本作らしさだと理解しているので、そこを阻害するような構成を避けるだけで良いと思うのですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」オリジナルサウンドトラック
アライブ がん専門医のカルテ 上 (扶桑社文庫)
コムサマチュア(Comme ca Mature) TVドラマ着用商品 オフタートルネック ニットプルオーバー
コムサマチュア(Comme ca Mature) TVドラマ着用商品 リバーシブルスカート <千鳥×ボーダー>


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13850/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アライブ~がん専門医のカルテ~ 第7話

心(松下奈緒)から、匠(中村俊介)の医療過誤が須藤(田辺誠一)によるものだったと謝罪された薫(木村佳乃)は、複雑な心境になります。 そんな折、心は新たに武井(平田満)という患者を担当します。 3年前に膀胱がんの治療を受けた武井の経過は良好でしたが、今回の検査で肺への転移が発見されたようです。 心は入院しての抗がん剤治療を勧めますが、仕事を優先したい武井は通院治療を望むのでした。 心は...

木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』第7話

内容関河(三浦翔平)から、夫・匠(中村俊介)の死が、薫(木村佳乃)ではなく、須藤(田辺誠一)の医療過誤が原因だと、証拠を突きつけられた心(松下奈緒)は、動揺する。それでも、須藤を、関東医大の調査委員会に申しててるコトを決意。そんななか、心は、武井正弘(平田満)の担当になる。3年前の膀胱ガンで膀胱を摘出。経過は良好だったが。検査で肺への転移が認められたのだ。入院による抗がん剤治療を心は提案する...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR