アライブ がん専門医のカルテ (第6話・2020/2/13) 感想

アライブ がん専門医のカルテ

フジテレビ系・木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』公式
第6話『娘を救いたい!父の切実な想い…標準治療と民間療法』の感想。


ジャーナリストの関河(三浦翔平)が薫(木村佳乃)らの周囲を探る中、薫はある決意を固める。一方、手術を控えた民代(高畑淳子)と話し、思い迷う心(松下奈緒)は、結城(清原翔)と共に患者の絵麻(清水くるみ)とその両親へのがん告知に臨む。その後、心と薫は民代の手術を巡って意見が衝突。そんな中、抗がん剤治療に否定的な絵麻の父・土方(ベンガル)が突然現れ、絵麻を連れ帰ろうと騒動を起こす。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:倉光泰子(過去作/ラヴソング、突然ですが明日結婚します、スキャンダル専門弁護士)
演出:髙野舞(過去作/隣の家族は青く見える、セシルのもくろみ、昼顔) 第1,2,6
   石井祐介(過去作/SUITS/スーツ、民衆の敵) 第3,4
   水田成英(過去作/小説王、医龍4) 第5
音楽:眞鍋昭大(過去作/後妻業、ミス・ジコチュー天才天ノ教授の調査ファイル)
主題歌:須田景凪 「はるどなり」(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)

まだ患者・民代を引っ張るなら、納得出来る形にして欲しい

こう言う書き方を書くと語弊を招くかも知れないが。それでなくても、なかなか患者が退院して行かずにどんよりした雰囲気なのに、ここまで本作中の患者を代表するような民代(高畑淳子)が腹膜播種で肝切除が出来ずインオペ。

まあ、そもそも、がん再発の患者だから最終回までにも完治を描く可能性もあるが、やはり「まだ引っ張るの!?」と言う印象は払拭できない…

娘の治療方法に苦悩する父の物語が、切り刻まれて…

そして、また患者が1人増えた。これで都合上3人の患者が同時並行で描かれて、今回は娘・絵麻(清水くるみ)のがん告知に苦悩する父・土方(ベンガル)が翻弄する姿も描かれた。所謂、民間療法と標準治療と言う、がん治療の根本的な部分のくだりだが、話が切り刻まれ過ぎて、折角の内容が分かり難くなってしまった。

心と薫と関河の3人の部分を、もっと巧く処理するべき!

その最大の原因は、心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)の関係の描き方の下手さ。これ、正直言ってしまうと、目の前にいる患者に向き合っている心と薫を描くだけで、がん専門医のドラマとしてそれなりなものになりそうなのに…

2人の過去と謎だけでも変なのに、記者・ 関河(三浦翔平)まで絡めて織り込むから、前述の通りに肝心なドラマを切り刻んでしまう。今さら無くせとは言わないが、1時間内に盛り込む工夫をした方が良いと思う。

あとがき

予告編によると、また新たな患者が増えて、3人の部分も描かれるようです。医師の医療ミスやトラウマを描くドラマでないなら、きちんと断捨離と整理整頓をすべきと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」オリジナルサウンドトラック
アライブ がん専門医のカルテ 上 (扶桑社文庫)
コムサマチュア(Comme ca Mature) TVドラマ着用商品 オフタートルネック ニットプルオーバー
コムサマチュア(Comme ca Mature) TVドラマ着用商品 リバーシブルスカート <千鳥×ボーダー>


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13825/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アライブ~がん専門医のカルテ~ 第6話

心(松下奈緒)は、匠(中村俊介)が手術中のミスが原因で亡くなったことを薫(木村佳乃)から聞かされます。 手術は須藤(田辺誠一)ではなく、自分が執刀していたことを告白する薫に、心の気持ちは混乱と苦しみに揺れ動き、「消えて」と薫に告げるのでした。 数日後、薫は退職願を美川(阿南健治)に提出しますが、手術を待つ患者さんもいるので、すぐに辞めることはできず、心は薫を避けるようになります。 心は...

木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』第6話

内容心(松下奈緒)は、薫(木村佳乃)から、匠(中村俊介)が医療過誤で亡くなったと知らされる。その手術を行ったのが自分だと告白する薫に、心は動揺を隠せなかった。数日後、薫は、美川(阿南健治)に退職願を提出するが、手術を待っている患者がいると、美川は受け取らなかった。そのころ、関河(三浦翔平)は、当時の手術に関わった安田という医師に接触。証拠は残っていないが、薫のせいではないというが。。。そんな...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR