●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

スカーレット (第110回・2020/2/11) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第19週『春は出会いの季節』の 『第110回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


マツ(富田靖子)が亡くなり、喜美子(戸田恵梨香)が一人で暮らし始めて3年半。突然、八郎(松下洸平)から電話がかかってくる。その後、照子(大島優子)に連れられ、八郎がやってくる。仏壇を拝む八郎。照子は化粧っ気のない喜美子にアドバイスしつつ、気を遣って出ていく。二人きりになった喜美子と八郎はぎこちなく対面。数年ぶりに武志(伊藤健太郎)のことを話し始める。そして春、大学を卒業した武志が信楽に戻ってくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

本作初担当の演出家に助けられたとは思う…

意図的に「簡単感想」にするつもりはないが、今週から演出家が本作初担当者に交代したからなのか、これまでの約4か月と全く違うドラマを見ているようだ。これは、良い意味で…だ。

カメラのアングルとか、カット割りとか、これまでと微妙に違う。台詞を喋る登場人物を映す「ダイアローグ・カット」編集とは違って、全体の流れを撮影しようと言う演出家の糸が見える。だからと言って、脚本の “穴” を埋められはしないが…

元妻が元夫に「長年のATM係をありがとう」と言っただけ

今回は、“元夫婦” のよそよそしい会話が、ほぼ全編を占めていたが、それで何を言いたいのか、好意的な解釈をしようにも「で? だから? 何を? 言いたいの?」しか、頭に浮かばなかった。

もちろん、私の理解力不足が影響しているのは百も承知。その上で書く。元妻が元夫に「長年のATM係をありがとうございます」と言っただけで15分間? さっさと話を進めたら?

あとがき

今回の15分間、必要でしたか? 明らかな脚本家のネタ不足を、何とか演出家によって「1回滑落」を回避しただけのようにしか見えませんでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13814/


【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11 12
第3週『ビバ!大阪新生活』
13 14 15 16 17 18
第4週『一人前になるまでは』
19 20 21 22 23 24
第5週『ときめきは甘く苦く』
25 26 27 28 29 30
第6週『自分で決めた道』
31 32 33 34 35 36
第7週『弟子にしてください!』
37 38 39 40 41 42
第8週『心ゆれる夏』
43 44 45 46 47 48
第9週『火まつりの誓い』
49 50 51 52 53 54
第10週『好きという気持ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『夢は一緒に』
61 62 63 64 65 66
第12週『幸せへの大きな一歩』
67 68 69 70 71 72(Vol.1) 72(Vol.2)
第13週『愛いっぱいの器』
73 74 75 76(Vol.1) 76(Vol.2) 77 78
第14週『新しい風が吹いて』
79 80 81 82 83 84
第15週『優しさが交差して』
85 86 87 88 89 90
第16週『熱くなる瞬間』
91 92 93 94 95(Vol.1) 95(Vol.2) 96
第17週『涙のち晴れ』
97 98 99 100 101 102
第18週『炎を信じて』
103 104 105 106 107 108
第19週『春は出会いの季節』
109

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひとり>『スカーレット』第110話

​​​昨今の朝ドラでは 「ナレ死」が流行っているけれど>流行りなのか? そこまでいかなくとも 臨終の瞬間は見せない…というのも多い気がするけれど お父ちゃんもお母ちゃんも 眠っているかの様な死に顔を見せてくれたな その分、「ナレ葬儀」? …ひじゅにですが何か? 「終わった話です」by喜美子 皆で楽しくお喋りしている最中に― というのが「幸せな死に方」だと言っていた、お母ち...

ひとり>『スカーレット』第110話

​​​昨今の朝ドラでは「ナレ死」が流行っているけれど>流行りなのか?そこまでいかなくとも臨終の瞬間は見せない…というのも多い気がするけれどお父ちゃんもお母ちゃんも眠って...

連続テレビ小説『スカーレット』第110回

内容忠信(マギー)陽子(財前直見)の店で一息ついていたマツ(富田靖子)談笑していたが。。。。マツが亡くなり3年半。ひとりで暮らす喜美子(戸田恵梨香)のもとに、突然、八郎(松下洸平)から電話がかかってくる。そして手伝いに来ていた照子(大島優子)が、八郎を家に連れてきて、そのまま、2人を気遣い、帰っていく。久々の再会となった喜美子と八郎。敬称略よぎる主人公への不快感は、横に置いて置くが。ほんとに...

【スカーレット】第110回(第19週 火曜日) 感想

…仏壇を拝む八郎。照子は化粧っ気のない喜美子にアドバイスしつつ、気を遣って出ていく。二人きりになった喜美子と八郎はぎこちなく対面。数年ぶりに武志(伊藤健…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR