心の傷を癒すということ (第4話/最終話 [連続4回]・2020/2/8) 感想

心の傷を癒すということ

NHK総合・土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』公式
第4話/最終話『残された光』の感想。
なお、原案とされる書籍、安克昌「新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア」は、既読



阪神・淡路大震災発生から5年がたち、神戸の街は復興を遂げつつあった。そんな中、新しい病院で理想の医療を目指す和隆(柄本佑)に、がんが見つかる。仕事を中断して治療に専念するか、病を抱えながら患者に向き合い続けるかの選択を迫られる一方で、和隆は2児を育てかつ身重の終子(尾野真千子)と共に有効な治療法を模索。やがて、「心のケア」の本質にたどり着く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
原案:安克昌「新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア」
脚本:桑原亮子(過去作/禁断の実は満月に輝く)
演出:安達もじり(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく) 第1,最終
   松岡一史(過去作/まんぷく) 第2
   中泉慧(過去作/まんぷく)) 第3
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
音楽:世武裕子(過去作/恋仲、好きな人がいること、べっぴんさん)

言葉では語り尽せない "人間愛" に溢れたドラマだった!

リアルタイム視聴したかったから仕事から急いで帰宅してテレビのスイッチを入れた。そして、あっと言う間の50分間が終わった。あっと言う間ではあったが、濃厚だった。平坦で安易な言葉では語り尽せない “人間愛” に溢れたドラマだった。

令和時代での終子の気持ちの"欠片"ではあるが強く共感した

特に、実母を昨年11月に突然亡くした私には、令和時代での終子(尾野真千子)の気持ちの “欠片” ではあるが、強く共感出来たし、和隆(柄本佑)のこの世に遺した “思いの深さ” に涙しかなかった…

あとがき

昨年、こんな投稿をしました。『不思議な”親の死”の偶然と、サザン「愛はスローにちょっとずつ」の四方山話』です。何と、4人の所属会社は別々なのに、偶然に親を亡くしたばかりの人がいて、互いの気持ちを語り合いながら寄り添う…と言う経験をしました。正に、安先生が言っていた「ひとりぼっちにしないこと」が、「心の傷を癒すこと」だと思います。

演者の皆さんはもちろん、巧みな構成の脚本家、長い時間を描きつつも緩い時間の流れを創出した演出家など、本作そのものが “心の傷を癒すドラマ” になったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13808/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心の傷を癒すということ 最終回

とてもNHKらしい、誠実で真摯なドラマでした。主人公、和隆(柄本佑)が病魔に侵されつつも、必死で、理想の心の医療を模索する様子と、それを懸命に支える、妻を演じた終子(尾野真千子)の、家族と仕事の奮闘が、きわめて丹念に描かれました。おふたりして、たいへん芸達者な俳優さんですが、特に柄本佑の演技が素晴らしかったです。阪神大震災で経験した教訓を本に下記に残し、やがて、先生亡き後も、東日本大震災に活...

「心の傷を癒すということ」第4話(最終話)

彼が遺したもの。 彼が遺した想い。 第4話(最終話)『残された光』ネタバレです。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR