ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

テセウスの船 (第3話・2020/2/2) 感想

テセウスの船

TBSテレビ系・日曜劇場『テセウスの船』公式
第3話『決死の告白! 殺人犯になる父へ―』、ラテ欄『父さんは殺人犯になります…決死の告白! 涙の別れ…』の感想。
なお、原作の漫画、東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング)は、未読。



長谷川(竜星涼)が死亡。公務執行妨害で刑事・金丸(ユースケ・サンタマリア)らに追われた心(竹内涼真)は拘束直前、未来を記したノートと免許証を谷底に投げ捨てる。金丸の厳しい取り調べに疲弊する心だが、翌朝なぜか釈放に。文吾(鈴木亮平)ら佐野家に温かく迎えられ、胸が詰まる。翌日、駐在所に免許証だけが届いた。心はノートが拾われた可能性にがくぜんとする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:東元俊哉「テセウスの船」(漫画)
脚本:高橋麻紀(過去作/結婚式の前日に、朝が来る、いつかこの雨がやむ日まで)
演出:石井康晴(過去作/花より男子シリーズ、逃げ恥、花のち晴れ)) 第1,2
   松木彩(過去作/下町ロケット2018#10、グッドワイフ#7、Heaven?'4,7) 3
   山室大輔(過去作/ごめんね青春!、天皇の料理番、グランメゾン東京)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、東京タラレバ娘、シャーロック アントールドストーリーズ)
製作:大映テレビ(最近作/下剋上受験、銀と金、屋根裏の恋人、わたし旦那をシェアしてた)

心が未来を話すシーンは、父と息子のドラマの一面として良かった

演出担当が交代したせいで、前回よりも無駄な演出が増えたり、助長的なカットが増えたりしたのは残念ではあるが。

しかし、そもそも、主人公・心(竹内涼真)は真犯人を見極め捕まえるためにやって来た訳でなく、 事件から31年後の現代で、父・ 文吾(鈴木亮平)を憎むだけの夫が、妻・由紀(上野樹里)から冤罪を訴え続ける父と向き合うよう言われているところで、突如31年前の事件直前にタイムスリップしてしまったわけで。

その意味では、まず、中盤で主人公が、自分自身と葛藤しつつ、事件を未然に防ぐためと、家族を守るために、自分の知る “未来の真実” を文吾に号泣して伝える長尺のシーンは、父と息子のドラマの一面として良かった。

これから益々何が起こるかわからなくなり、面白味が増した

物語については、大きく物語が動いたのは終盤の僅かだけだったのは残念ではある。ただ、次から次へと新展開しながら、俳優陣の演技力を大いに借りて、ラストまで謎を引っ張ったのは面白かった。そして、ラストの現代へのタイムスリップと、過去が変わった現実。これから、益々何が起こるかわからなくなった。次週も楽しみだ。

あとがき

本作の評価が分かれている理由が見えた放送回でもありました。これ、好意的に観ないと、主人公の言動に緊張感が無さ過ぎますし、証拠を捨てたり、父に「犯人が捕まりました」だけ言えば良かったとか、要は主人公の言動があまりにも稚拙過ぎてリアリティーが無い…と見えますね。

でも、私は普通に楽しめています。もちろん、心の稚拙さ、文吾の責任感など、描くべきものだと思うので。さて、今回は第1章の山場と言ったところでしょうか。次回、どうなるのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テセウスの船 テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パック (モーニング KC)


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13783/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

テセウスの船 第3話

音臼村で起こった一連の事件の容疑を掛けられた心(竹内涼真)は、刑事・金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されます。 心は、逮捕される瞬間、文吾(鈴木亮平)の未来の出来事が書かれた事件ノートと免許証を投げ捨てます。 しかし、釈放された心の元に、ノートと一緒に捨てたはずの免許証が届きます。 誰かの仕業ではないかと不安を募らせる心に追い打ちを掛けるように、真犯人が奇妙な絵で新たな犯行を予告す...

テセウスの船 第3話 「父さんは殺人犯になります…決死の告白!涙の別れ…」

原作は、東元俊哉による漫画… 最初は、小説かな?と思ってたのですが、この大胆さ。やはり、原作はコミックだったのですね。主人公の田村心が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う物語これまた、賛否両論みたいだけど、平成のはじめとラスト、というか、現在を行き来する、心(竹内涼真)、翻弄される好青年役が、かなりのハマり役初回は、心の母親役でもある...

日曜劇場『テセウスの船』第3話

内容行方不明の三島明音を無事に発見した心(竹内涼真)文吾(鈴木亮平)直後、犯行を疑われる長谷川翼(竜星涼)の遺体が発見。毒物による中毒死。心の反抗を疑う金丸(ユースケ・サンタマリア)は、心を逮捕しようとする。心は、未来のノートを見られないようにと。。。。結局、金丸により逮捕されるも、心は犯行を否認。が、それからすぐに心は、突然、釈放される。意味が分からないまま、佐野家に帰った心。文吾、和子(...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: