アライブ がん専門医のカルテ (第3話・2020/1/23) 感想

アライブ がん専門医のカルテ

フジテレビ系・木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』公式
第3話『愛する家族との最期の時間』の感想。


心(松下奈緒)が治療を担当する末期がん患者・陽子が救急搬送されてきた。心は緩和医療への切り替えを提案し、陽子もそれを希望するが、夫の修造は複雑だ。さらに在宅医療かホスピスかを巡り、娘2人を含む家族の中で意見が割れてしまう。心は、陽子と夫・匠(中村俊介)の状況を重ねて思い悩む。一方、薫(木村佳乃)は、ジムで関河(三浦翔平)という男性と知り合う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:倉光泰子(過去作/ラヴソング、突然ですが明日結婚します、スキャンダル専門弁護士)
演出:髙野舞(過去作/隣の家族は青く見える、セシルのもくろみ、昼顔) 第1,2
   石井祐介(過去作/SUITS/スーツ、民衆の敵) 3
   水田成英(過去作/小説王、医龍4)
音楽:眞鍋昭大(過去作/後妻業、ミス・ジコチュー天才天ノ教授の調査ファイル)
主題歌:須田景凪 「はるどなり」(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)

心が関わる本編は、とても良く出来ていると思う…

「医療ドラマ」と「刑事ドラマ」ではやむを得ないが、他のドラマでは安易に “人の死” を扱って欲しくない…と、いつも書いている。その意味では、この第3話で、 肺がん患者・木内陽子(朝加真由美)を死なせずに、自身の死と家族の関係を描くエピソードに仕立てたのは良かった。

一方で、心(松下奈緒)が陽子と夫・匠(中村俊介)の状況を重ねて思い悩むあたりの物語も、とても良く出来ていると思う。

薫の謎の部分が、本編の良さの足を引っ張っているような…

それだけに気になるのが、 薫(木村佳乃)の描き方。未だに、なぜ本編に絡んでいるのか見えて来ない。現状では、折角良く出来ている本編に強引に割り入っている印象しかない。もう、薫の過去をドラマ上消すことは出来ないのなら、速めに解決させて、心と薫が患者を救うドラマになった方が良いと思う。

あとがき

緩和ケアに於ける、ホスピスと在宅医療の選択と言う難しいテーマを、コンパクトに且つ分かり易くまとめたなと思います。あとは、薫の謎解きの部分が、本編を邪魔しなければ…と思います。でも、心も息子も父親の最期を看取れて良かったです。私は、昨年暮れの母の最期を看取れなかったから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」オリジナルサウンドトラック
アライブ がん専門医のカルテ 上 (扶桑社文庫)
コムサマチュア(Comme ca Mature) TVドラマ着用商品 オフタートルネック ニットプルオーバー
コムサマチュア(Comme ca Mature) TVドラマ着用商品 リバーシブルスカート <千鳥×ボーダー>


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13753/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アライブ~がん専門医のカルテ~ 第3話

心(松下奈緒)に、匠(中村俊介)の容体が急変したと言う連絡が入り、薫(木村佳乃)と共に病院へ駆けつけます。 心は京太郎(北大路欣也)や漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤(田辺誠一)から匠の状況説明を受けていました。 そんな中、心が担当する末期がんの患者・陽子(朝加真由美)の容体が悪化し、腫瘍内科では陽子の今後のケアについての会議が行われます。 心は抗がん剤治療を続けることができるかを...

木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』第3話

内容夫・匠(中村俊介)の容体が急変したと連絡を受けた心(松下奈緒)は、病院へと駆けつける。一緒にいた薫(木村佳乃)も同行して。心が、匠の手を握りしめていると。「痛いよ」と。意識を取り戻したかと思われたが。。。。その後、京太郎(北大路欣也)漣(桑名愛斗)も駆けつけ、担当医の須藤(田辺誠一)から説明を受けることに。かなり厳しい状態で。。。そんななか、肺がん患者・木内陽子(朝加真由美)の容体が悪化...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR