相棒 season18 (第13話・2020/1/22) 感想

相棒 season17

テレビ朝日系・『相棒 season18』公式
第13話『神の声』の感想。



遺留品の返却で訪れた東京・奥多摩の村で移動スーパーの店員・琴江(松居直美)と知り合った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山中で変死体事件に遭遇。駐在所の警察官・草野(粕谷吉洋)は、連続殺人事件の容疑者だったことで村で迫害された橋沼(庄大地)の復讐だと言い出す。右京らが橋沼と同時期に姿を消した女性について調べる中、変死体の意外な死因が判明する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ゲストで、真犯人が分かっちゃうようでは…

●脚本:山崎太基/演出:杉山泰一(敬称略)

このようなドラマの見方は正しくないのかも知れない。ただ、ドラマ好きなら結構有名なエキストラさんたちを集めたところで、所詮はレギュラーの俳優陣以外で目立ったのは松居直美さんなわけで、真犯人が彼女以外の可能性はほぼ無いのは、冒頭で分かってしまった。

キャスティングと内容を精査していれば、面白くなったかも

それだけならまだしも、前半の「村情報」がやたらと都合良過ぎる位に大量に提供されたため、後半が薄っす薄すに。これ、キャスティングと内容をもっときちんと精査していたら、かなり面白くなった可能性があると思う。

最後の反抗を阻止する展開にするべきだったと思う…

しかし、後半の物語も今一つ。ほぼ特命係は真犯人が特定出来ているのに、最後の犯行を止めなかった。確かに、最後の真犯人の吐露を描きたかったとは言え、この程度の反抗を右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が見抜けないはずがない。だって、その操作能力こそが『相棒』の醍醐味なのだから。

あとがき

やはり、悔やまれるのは、特命係たる者が最後の反抗を阻止する展開にするべきだったと思います。それだけ…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】相棒 season17 ブルーレイBOX(6枚組)(オリジナル台本風ノート付) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13748/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒season18 第13話

『神の声』内容遺留品の返却で奥多摩までやって来た右京(水谷豊)亘(反町隆史)帰る途中、神木村に立ち寄るふたり。駐在の草野奏太(粕谷吉洋)や移動スーパーの山下琴江(松居直美)と出会い、山岳信仰が残っていて、3日間、山が禁足になっていると知る。そんななか、山で変死体が発見される。現場へ向かった右京と亘は、被害者が地面に磔にされていることに驚愕する。被害者は、以前、役場に勤めていた男性・真柴恭平だ...

相棒18 第13話

遺留品の返却で東京・奥多摩を訪れた右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は、立ち寄った村で移動スーパーの店員・琴江(松居直美)と知り合います。 村の駐在警察官・草野(粕谷吉洋)によると、「山神様が降り立つ時は山に近付くな」と言う言い伝えがあり、今日から3日間、村人は山へ入れないらしい。 そんな中、山中で変死体が見つかり、臨場した右京さんたちは遺体を見て驚きます。 被害者で村役場の元職員・真...

相棒18 テレ朝(1/22)#13

第13話 神の声あらすじ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品の返却で奥多摩の山村を訪れる。そこで出会った駐在の草野(粕谷吉洋)や移動スーパーを営む琴江(松居直美)によると、村にはいまだ山岳信仰が残っていて、その日も山は禁足地になっているらしい。ところが、誰も立ち入っていないはずの山中で、変死体が発見される。被害者は以前、役場に勤めていた初老の男性で、山中の地面に磔にされていた。伊丹(川原...

「相棒 season 18」第13話

溺死と寄木細工のペンダント。 第13話『神の声』ネタバレです。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR