知らなくていいコト (第2話・2020/1/15) 感想

知らなくていいコト

日本テレビ系・新水曜ドラマ『知らなくていいコト』公式
第2話『まさか私があの殺人犯の娘だったなんて…!?』、ラテ欄『が殺人者の娘? 週刊誌記者が逆境に立ち向かう!』の感想。



週刊誌記者・ケイト(吉高由里子)の母でシングルマザーだった杏南(秋吉久美子)が謎の言葉を残し、急死して3週間。遺品の指輪から乃十阿(小林薫)の存在を知ったケイトはある可能性に行き当たり、それは恋人・春樹(重岡大毅)との関係にも影を落とす。そんな中、ケイトはDNA分析により相手を紹介する結婚相談所を取材。まだ知らぬ自身の父親について思いを巡らせる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:大石静(過去作/家売るオンナシリーズ、大恋愛~僕を忘れる君と)
演出:狩山俊輔(過去作/フランケンシュタインの恋、高嶺の花、俺のスカートどこ行った?) 第1,2
   塚本連平(過去作/お迎えデス。、重要参考人探偵、時効警察はじめました)
音楽:平野義久(過去作/ゆとりですがなにか、わたし、定時で帰ります。)
主題歌:flumpool 「素晴らしき嘘」(A-Sketch)

第2話から、急に仕事と出生を重ねて別の作品のように…

放送前の番宣で、散々注目ポイントにしていた「週刊誌記者として働く女性が母親から言われた父親がハリウッドスターのキアヌ・リーヴスだったと言う事実を知り…」の部分が第1話で、本当は父が殺人犯だと分かった(分かってしまったため)、父親捜しの部分が完全に無くなり、主人公の仕事と出生の2つを “DNA” で直結させて描いて来た第2話。

そのお陰で、社会派ドラマらしさや、ヒューマンドラマらしさが首をもたげて来た。

複雑さを売りにする "大石静節" が強調されちゃうと…

そのため、『家売るオンナ』のような単純なお仕事ドラマの面白さが薄まって、『コントレール?罪と恋?』や『大恋愛?僕を忘れる君と』のような、単純なドラマでなく複雑さを売りにする、いわゆる “大石静節” が強調された。私、この “大石静節” が苦手。従って…

あとがき

むしろ、前回までの路線の方が好きでした。ここまで、主人公の出生と、お仕事ドラマが密に連携されてしまうと…。まだ、別の曜日や時間帯だったら良かったのですが、『相棒』直後の放送なので、個人的には、『家売るオンナ』的な気軽に楽しめる連ドラが良かったです。今回で離脱します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「知らなくていいコト」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13715/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知らなくていいコト 第2話

ケイト(吉高由里子)は、母・杏南(秋吉久美子)の遺品から、自分の父親が30年前に無差別殺人事件を起こした乃十阿(小林薫)かもしれないこと知ります。 ケイトは、そのことで春樹(重岡大毅)からプロポーズを取り消され、どん底の気分です。 次週号のネタとして、DNA婚活について調べるように言われたケイトは、事前にDNAを調べた上で相性の良い相手を紹介してくれると言う結婚相談所のイベントを取材しま...

水曜ドラマ『知らなくていいコト』第2話

内容母が急死。遺した言葉や遺品から“父”を調べはじめたケイト(吉高由里子)恋人の野中春樹(重岡大毅)も一緒に調べてくれるが。やがて、30年前に無差別殺人事件を起こした乃十阿徹(小林薫)の可能性が。春樹は、それでも結婚を考えてくれたいたのだが、“未来”を考え、別れを告げられてしまう。元カレで、カメラマンの尾高由一郎(柄本佑)が、3年前に記事にした乃十阿徹。そのことを訪ねるが、なぜか誤魔化されて...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR