ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ゲゲゲの女房:再放送 (第156回/最終回・2020/1/10) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
、 第26週「ありがとう」の 『第156回/最終回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第156回/最終回】
昭和61年9月末。秋風が吹き始めたころ、安来から“源兵衛(大杉漣)に関する知らせ”が届く。布美枝(松下奈緒)、茂(向井理)、藍子、喜子(荒井萌)の4人は、一家そろって安来へと向かう。飯田家の親族たちが勢ぞろいして、昔のことを懐かしみながら、穏やかな時間を過ごすのだった。そして、故郷の山道で布美枝と茂の2人は…。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

開始当初は、「かなりの秀作」になると期待していたが…

開始当初は、私にとっては「名作」とは言わずとも、「かなりの秀作」になると期待していた本作。やはり、心配した通り、“引っ込み思案で、出しゃばらないヒロイン” と言う主人公の設定が “最初から最後まで平均的に描けなかった” ことが、「かなりの秀作」に届かなかった理由だ。

外交的でない×引っ込み思案な布美枝中心のホームドラマなら…

特に勿体無かったのは、布美枝(松下奈緒)に子どもが生まれてからの中盤以降の物語の構成だ。“引っ込み思案で、出しゃばらないヒロイン” が家事も育児も、遂には茂(向井理)の手伝いもしていないようにしか見えなかったのが、本当に残念。

布美枝の幼少期を演じた子役が布美枝の娘役を演じる…なんて話題性を活かしたかったのか、やたらと布美枝を脇役にしたような娘たちがメインのエピソードを作り続けたのがいけなかったと思う。

もっと娘たちの問題はそこそこにして、茂は常に仕事に集中、布美枝は家事と育児に集中、そして一つ屋根の下での、親戚やらアシスタントらの関りを描いたら、“基本的に外交的なヒロイン” ではないのだから、間違いなく「秀作」にはなったと思う。

『ゲゲゲの本人』と言うタイトルの「佳作」な朝ドラだった

終わってみれば、『ゲゲゲの女房』のタイトルなのに、『ゲゲゲの本人』と言うタイトルの朝ドラになってしまったような。「かなりの秀作」を逃した「佳作」と言ったところだろうか。

あとがき

もっと、布美枝を巧みに前に出して、夫婦と家族の物語であること強調したら、無理に「引っ込み思案で、出しゃばらないヒロイン」にあれこれさせなくても「かなりの秀作」になったのではないでしょうか? そして、更に、もう少しホームドラマらしさが全体に溢れたら良かったと思います。

ただ、水木しげる先生と奥様の人生も素晴らしいし、向井理さんの演技も素晴らしかったです。また、忘れてならないのは、今は亡き大杉漣さんの素敵な演技と存在感ですね。そして、『カーネーション』の再放送の時ほど読者さんのお勧めはありませんでしたが、『ゲゲゲの女房』を見て良かったです。

最後に。毎日、2本放送の夕ドラの感想に、最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

ここから、最終回までテンプレです。
2020年1月27日(月)からの「夕ドラ」での再放送は、『ひよっこ』です。 詳しい情報は、再放送情報「ひよっこ」 | 再放送情報 | NHKドラマへ。当blogの『ひよっこ』の感想は、最終回分に全156回分のリンクもあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13691/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57 58 59 60
第11週「貧乏神をやっつけろ」』
61 62 63 64 65 66
第12週「連合艦隊再建
67 68 69 70 71 72
第13週「初めての里帰り」
73 74 75 76 77 78
第14週「旅立ちの青い空」
79 80 81 82 83 84
第15週「チャンス到来!?
85 86 87 88 89 90
第16週「来るべき時が来た
91 92 93 94 95 96
第17週「プロダクション旗揚げ」
97 98,99 100,101 102
第18週「悪魔くん復活」
103 104 105 106 107 108
第19週「鬼太郎ブームがはじまった」
109 110 111 112 113 114
第20週「妖怪いそがし」
115 116 117 118 119 120
第21週「戦争と楽園」
121 122 123 124 125 126
第22週「おかあちゃんの家出」
127 128 129 130 131 132
第23週「妖怪はどこへ消えた?」
133 134 135 136 137 138
第24週「人生は活動写真のように」
139 140 141 142 143 144
第25週「独立宣言」
145 146 147 148 149 150
第26週(最終週)「ありがとう」
151 152 153 154 155

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: