ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

スペシャルドラマ「半沢直樹Ⅱ エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード」 (2020/1/3) 感想

スペシャルドラマ「半沢直樹Ⅱ エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード」 (2020/1/3) 感想

TBS系・半沢直樹イヤー記念・スペシャルドラマ『半沢直樹Ⅱ エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード』公式
『2020年、半沢イヤーの幕開けにお送りするスペシャルドラマ!半沢直樹の出向先で起きた大事件~半沢のパスワードを守り300億を守れるか?仲間とともに理不尽と戦え!』の感想。
なお、原作の池井戸潤「半沢直樹シリーズ(小説)」は未読。2013年放送の連ドラ版は鑑賞済み(感想あり)。



半沢直樹という一人のバンカーが上司に逆らい出向になる。行き先は東京セントラル証券。ある日そこで大規模なシステム入れ替えが決定する。開発を任されたのは、新進気鋭のIT会社・スパイラルだった。チームリーダーとなったプログラマー高坂圭(吉沢亮)はセントラル証券の新入社員・浜村瞳(今田美桜)らとともに開発に没頭していく。しかし、このシステム入れ替えには、半沢直樹をも巻き込んだある重大な陰謀があり…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「半沢直樹シリーズ(小説)」
企画協力:池井戸潤(過去作/半沢直樹シリーズ
監修:福澤克雄(過去作/半沢直樹シリーズ
チーフプロデュース:伊與田英徳(過去作/半沢直樹シリーズ
プロデュース:宮崎陽平(過去作/陸王:演出補)
脚本:槌谷健(過去作/都庁爆破!、ブラックペアン、下町ロケット)
   李正美(過去作/映画「祈りの幕が下りる時」「七つの会議」、集団左遷!第8話のみ)
   丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、下町ロケット、ノーサイド・ゲーム)
演出:松木彩(過去作/下町ロケット2018第10話のみ、グッドワイフ第7話のみ、
           Heaven?~ご苦楽レストラン~第4、7話のみ)

演出的に「半沢直樹風ドラマ」には仕上がっていたのは認める

2013年放送の『半沢直樹』が、大変面白かっただけに、2020年4月から始まる『Season2』にも期待をしている私としては、その『エピソードゼロ』である本作に、期待をして見始めた。確かに、スタッフが前作も劇伴も同じだから、演出的に「半沢直樹風ドラマ」には仕上がっていたのは認める。

しかし、TBSは、この “半沢直樹風の演出” を日曜劇場の成功体験として確立したとして、その後の作品に多用し過ぎているために、敢えて『半沢直樹イヤー記念』のスペシャルドラマと言われなくても、いくらでも「半沢直樹風ドラマ」は量産出来る体制なのだ。

だからこそ、“映像(ビジュアル)的な部分” では『半沢直樹シリーズ』の1作品としてのハードルは、一応クリアしていると思う。

癖のないキャラたち、薄っぺらなドラマ、分かり難い設定はお粗末

ただ、ハッキリ言う。今作は前作を観た来た視聴者たちを、いや、とにかく私の期待を見事に裏切った。癖も捻りもない登場人物たち、重厚で胸熱な部分のない薄いドラマ、分かり難い設定やストーリー展開など、期待した作品に言いたくないが、正直 “お粗末” の一言。

「半沢直樹」の看板が無ければ、それなりの面白さはあったが

但し、仮にも今作が『半沢直樹』の看板を抱えている上で、次のような解釈をする必要があるのかと言う疑問はあるが、今作が『半沢直樹』のスペシャルドラマ、スピンオフドラマだと思わなければ、更に深夜ドラマとして見れば、それなりの面白さはあったのは認めたい。

ただ、前述した通り、前作よりも、サイバー犯罪絡みの題材や舞台や設定が、どんなに説明されても、90分枠では分かり難い。やはり、原作の選び方が強引過ぎたように思う。原作は未読だが、テレビドラマ用に分かり易く脚本をアレンジする必要は、もっともっとあったと思う。

あとがき

TBSは、鳴り物入りで、「遂に半沢直樹が帰って来る!」的な意気込みで臨んで放送したのでしょうが、逆に前作のファンたちの大きな期待を大きな不安に変えるだけのスペシャルドラマになってしまったように思います。

今の『日曜劇場』は既に、お目当ての俳優さんを楽しむ視聴者の視聴率と、オジサンたちの熱弁と汗だけで簡単に成功しないのは、奇しくも『半沢直樹』が作りだしてしまった置き土産。だから、『ノーサイド・ゲーム』や『グランメゾン東京』は、新たな工夫を施して成功しました。4月の本放送までに大幅なテコ入れと改善策が必要に思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ロスジェネの逆襲 (文春文庫)
銀翼のイカロス (文春文庫)
半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13664/


【2020年のスペシャルドラマの感想】
義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル (2020/1/2) 感想
きのう何食べた?正月スペシャル2020 (2020/1/1) 感想
相棒 season18 (第11話/元日スペシャル・2020/1/1) 感想

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

スペシャルドラマ『半沢直樹II エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』

あの大ヒットドラマ、「半沢直樹」が、再び春ドラマとして帰ってくるにあたり、『半沢直樹II エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』として、メンバーも一新。サイドストーリー的に、今旬な、人気俳優さんでもって、実に現代的な要素でもって活躍する物語吉沢が演じる高坂は、かつてある事件に関わったことで行き場を失っていたが、その才能を買われ「スパイラル」の社員として働いている“敏腕プログラマー”...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: