ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル (2020/1/2) 感想

義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル (2020/1/2) 感想

TBS系・『義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル』公式
『新ステージ突入編!!私が義母から祖母へ!?最愛の娘が突然、子供を…一体誰の子なの?母性愛爆発で編み出す子育てビジネス炸裂!!今年も娘を愛します!』の感想。



 義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。

 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。
---上記のあらすじは[公式サイトより引用---


原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)
脚本:森下佳子(過去作/義母と娘のブルース、ごちそうさん、天皇の料理番)
演出:平川雄一朗(過去作/義母と娘のブルース、とんび、天皇の料理番)
   ※第1,2,3,5,6,8,9,最終話
音楽:高見優(過去作/義母と娘のブルース、仰げば尊し、BG~身辺警護人~)
   信澤宣明(過去作/義母と娘のブルース、映画「ニセコイ」)
主題歌:MISIA 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」 (アリオラジャパン)

アバンから、期待していたのとは違う感じは漂っていたが…

長~いアバンタイトルから始まり、何となく「これ、全体的に引き延ばしが過ぎやしないかなぁ?」と、相当期待をしていただけに、早くも冒頭から暗雲が垂れ込めた『義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル』。しかし、観終えてみれば、引き延ばしよりもきになるところばかりだった…

連ドラ版は、涙アリ笑いアリ感動アリの「楽しいブルース」的良作だった

本作が、“親と子の繋がりや絆” と “子育ての大変さや大切さ” を描くべく、血の繋がりの無い義母・亜希子(綾瀬はるか)と娘・みゆき(上白石萌歌)の姿を天国から見つめるみゆきの父・良一(竹野内豊)の視点を通して、その “義母と娘” に関わることで、周囲の人たちも愛の形を模索しつつ、悩み、怒り、喧嘩し、寄り添う様子を描いて来たのが約1年前の連ドラ版。

とにかく、連ドラ版は一生懸命に義母になろうとする元優秀なキャリアウーマンの亜希子と、その愛を悩みつつも受け取った娘のみゆきに関わる、「ベーカリー麦田」の店長・麦田(佐藤健)とみゆきの幼なじみのヒロキ(井之脇海)と「下山不動産」の和子(麻生祐未 )の5人の登場人物を巧みに絡ませつつ、「ブルース」とは言いつつも、涙だけでなく笑いあり感動ありの「楽しいブルース」的な、良く出来たドラマだった。

提案した子育て支援が聡明な亜希子として新鮮味がなかった

そして、そのスペシャルが今作な訳だが、正直言うと「期待外れ」の一言。 そもそも、終盤で亜希子が自信満々に提案した「孤育て」は、既に協同互助的な育児システムとして各自治体で既にあちこちで行われており、“あの聡明な亜希子” が、これだけの騒動で辿り着くような発想でないのが、まず残念だった。

とは言え、それを企業再生プランに盛り込んで、無茶苦茶なやり方でリストラされた会社の見返すために、個人として新提案すると言う骨格自体は、「子育てにはお金が必要」と考える亜希子らしい再就職プランの物語として悪くなかった。

亜希子の赤ちゃんへの対応に"聡明さ"が感じられなかった…

でも、私は、まず解せないのは、「ベーカリー麦田」の店先に捨てられていた赤ちゃんを巡る騒動を盛り込んだことだ。

特に困ったのは、確かに亜希子は初めての乳幼児の世話であたふたと戸惑うのは分かるが、先述の通り “あの聡明な亜希子” が、ハイヒールで子どもを抱いて歩いたり、坂道をベビーカーで押して全力疾走するかと思うし、みゆきが警察に届けるのは嫌だと駄々をこねても、犯罪スレスレのことを自らやるのは、連ドラ版と辻褄が合わない気がしてしまった。

みゆきが"親子偽装作戦"を最も愚行か分かっている人では?

また、連ドラ版との辻褄で言えば、いくら捨てられた赤ちゃんに、実母に育てられた記憶よりも義母に育てられた記憶の方が鮮明なみゆきが感情移入するのは分かるが、あの「DNA鑑定 親子鑑定キット」の検体を偽物と入れ替えて、その場しのぎを麦田まで巻き込んでやろうと考えるのは、大学生として稚拙過ぎる。

更に言えば、みゆきなら、いいや、みゆきが誰よりも“親子偽装作戦” が、どれだけ愚行かは分かっている人だと思うのだが…。

あの父親に子どもを簡単に返してしまうのは軽率では?

また、愚痴ついでに言えば、出産後に妻を亡くし、孤独な育児でどんどん追い詰められたとは言え、自分の子どもを「いい人そうだから」と言う単純な理由で赤の他人の店先に捨てたような父親に、確かに映像的には反省してはいたが、“あの聡明な亜希子” が、いとも簡単に赤ちゃんの “専務” を返してしまうのは、軽率な気がしてしまった。

肝心の赤ちゃんを巡る描き方の"雑さ"が仇になったと思う…

兎にも角にも、今作は、“あの聡明な亜希子” が、1人での子育ての大変さを初めて体験し経験したことから、子育て支援システムを発案し、それをみゆきが将来母親になった時に役立つ社会システムとして成立させるために、“1人の母親としての願い” と言う形で最適な企業に提案して実現を目指すと言う大筋なのに…

肝心の赤ちゃんを巡る描き方の雑さが、亜希子とみゆきへ共感し辛いドラマにしてしまったと思う。

数々のTBSの浅はかな目論見が、あざとく感じてしまった…

そして、『謹賀新年スペシャル』制作の発表があり、楽しみに予告編を見ると、羽織袴姿の麦田と花嫁衣裳の亜希子の婚礼写真撮影のシーン(今作では、麦田の夢であることが描かれた)を前面に押し出した。

更に本編では、みゆきの父・良一にそっくりな男を度々登場させて、無理矢理に謎を引っ張った挙句にラストで、そのそっくりさんが新オーナーの岩城良治として登場させ、続編への呼び水としたのは、TBSの浅はかな目論見だと思うが、やはりあざといと思う。

もちろん、 Paraviにて3夜連続で3本のサイドストーリー放送と言う誘導も、商売っ気を感じてイマイチだった。

あとがき

全体のテンポの良さ、各キャラの本作らしさ、本作ならではの効果音の使い方、コミカルなエッセンスの入れ方などなど、連ドラ版の良い部分をきちんと踏襲していたのは大いに認めますし、笑いあり涙ありで、それなりの満足感もありました。

でも、私が好きだった、そして今回見たかった、愛する『ギボムス』は、現政権の進まない子育て支援政策への警鐘を鳴らすような大義名分をドラマの中心に据えた内容ではありませんでした。

単純に、あれから1年後の亜希子とみゆきと麦田のその後だけを描いて欲しかったです。そして、出来れば、もっともっと亜希子とみゆきの亡き父・良一への “思い” も描いて欲しかったです。だって、本作は亜希子とみゆきの現在と未来を、亡くなった両親の思いを重ねた描くドラマなのですから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル(キービジュアルミニポスター付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル(キービジュアルミニポスター付) [DVD]
TBS系 火曜ドラマ「義母と娘のブルース」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13661/


【連ドラ版の、これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終回


【2020年のスペシャルドラマの感想】
きのう何食べた?正月スペシャル2020 (2020/1/1) 感想
相棒 season18 (第11話/元日スペシャル・2020/1/1) 感想

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル

今回も楽しかったですね。ちなみに、本編の感想はコチラいつものメンバーが、いかにも、それらしく歳月を重ね、冒頭から、亜希子(綾瀬はるか)、大阪で、海外の顧客相手。実にユーモラスに「できる女」炸裂!物語は、偶然の捨て子騒動から、ベビーちゃんの可愛さに照らされ、思わぬメンバー達の活躍と、本編へのプレイバック。コミカル満載で、やがて奇跡の展開に個人的には、麦田(佐藤健)がベビーちゃんをお風呂に入れて...

義母と娘のブルース 2020年謹賀新年SP

義母・宮本亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後の2019年秋。 亜希子は大阪、義理の娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れ離れに暮らしていました。 亜希子は、大手コンサルタント会社で活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果を上げていました。 女子大生になったみゆきは相変わらずマイペースで、サークルにアルバイトに、ほっこりとした日々を送っています。 ある日突如、解雇を宣...

義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル

綾瀬はるか主演の2018年夏に放送された「義母と娘のブルース」のスペシャルドラマ。
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: