●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

土曜プレミアム「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」 (2019/12/21) 感想

土曜プレミアム「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」 (2019/12/21) 感想

フジテレビ系・土曜プレミアム『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』公式
『加藤シゲアキ・古谷一行出演!新旧金田一そろいぶみの豪華共演!恐怖の手毬唄が連続殺人を誘う…犯人は誰だ!?』の感想。



 岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、2つの名家が対立していた。岡山県警警部・磯川常次郎(古谷一行)の依頼を受け、金田一耕助(加藤シゲアキ)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。
 そこの女主人である青池リカ(寺島しのぶ)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源治郎を亡くしていた。そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。
 ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかり(中条あやみ)が帰郷するということで村中が活気に湧く中、リカの息子、青池歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が滝つぼで死んでいるのが発見され…。
 横溝正史原作、加藤シゲアキ主演の金田一耕助シリーズ第2弾!金田一のバディ役は古谷一行!古田新太、寺島しのぶ、中条あやみ、小瀧望ら豪華キャスト集結!クリスマスソングに代わる恐怖の手毬唄が日本列島に鳴り響く…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作: 『悪魔の手毬唄』横溝正史(角川文庫)
脚本:根本ノンジ(過去作/相棒シリーズ、フルーツ宅配便、監察医 朝顔)
演出:澤田鎌作(過去作/CHANGE、不毛地帯、セシルのもくろみ、監察医 朝顔)
プロデュース:金城綾香(過去作/犬神家の一族、グッド・ドクター、監察医 朝顔)

「犬神家の一族」より金田一の存在感があったのは褒めたい…

既に読書済みの原作となった小説や鑑賞済みの過去の映像作品とは基本的に比較しないと言う、いつもの立場を貫こうとは思う。

ただ、金田一耕助役を加藤シゲアキさんが演じると言う点では、昨年末に放送された『スペシャルドラマ「犬神家の一族」 (2018/12/24) 感想』と比較せざるを得ない。

その意味で、前作で最大の欠点だった「主人公である金田一耕助の存在感の薄さ」は “脚本的” には、かなり改善され、ちゃんと金田一耕助が事件を解決したように見えたのは、素直に褒めたい。

主演俳優と寺島しのぶさんと古谷一行さんの格が違い過ぎる

しかし、 名女優の寺島しのぶさんだけならまだしも、昭和時代から「金田一耕助シリーズ」の映像作品を見続けて来た私にとって、古谷一行さんが出演したことで、完全に金田一耕助の印象が古谷一行さんに引っ張られた。

その上、主演俳優が俳優業が本業でないアイドルと比較するのは気が引けるが、全体の配役との “格の違い” が歴然とし過ぎて、どうしても違和感が…

現代的な猟奇殺人にしか見えなかった、軽めの演出に違和感

更に、気になったのは演出。さぞロケハンは大変だったと思うが、それでも映像作品として画面から訴える力が弱過ぎた。

陰惨な事件と昭和の懐かしさを巧みに再現するのが、本作に於ける演出の役割だと思うが、ロケ地やスタジオセットや衣装などは頑張っているのは認めるが、画面の中で起こる事件が現代的な猟奇殺人のようにしか見えなかった。

あと、終盤の謎解きパートが、それまでの世界観とコロリと変わって、妙に明るい雰囲気に映像化されたのも少々意味不明だった…

あとがき

「あとがき」なので、敢えて、私が日本映画史に残る名作の1本だと言える昭和52年(1977)に劇場公開された名匠・市川崑監督『悪魔の手毬歌』と比較すると…

やはり、本作に於ける最大の見所は、 亀の湯の女将・青池リカの妖艶な美しさと時に見せる少女のような純粋さであり、岡山県警警部・磯川常次郎の刑事の正義感と一人の男としての複雑な心理描写。

そこを、劇場版の岸恵子さんと若山富三郎さんには及ばぬものの、寺島しのぶさんと “金田一” のイメージが強い古谷一行さんが演じたら、相当な演技派が “金田一” を演じなければ、「これじゃない!」感は払拭出来ないと思います。

もしも、来年に『獄門島』や『八つ墓村』などをドラマ化するなら、金田一耕助役の再考をお願いしたいです。営業戦略上、〇〇事務所でなければならないとしても、他に演技派はいますから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]
悪魔の手毬唄 (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13625/


【2019年のスペシャルドラマの感想】
NHKスペシャル 体感 首都直下地震 ドラマ『パラレル東京』「DAY1 あなたを襲う震度7の衝撃」 (2019/12/2) 感想
磯野家の人々~20年後のサザエさん~ アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャル企画 (2019/11/24) 感想
24時間テレビ ドラマスペシャル「絆のペダル」 (2019/8/24) 感想
声優×怪談 第2夜「黒の怪談(亡霊物語)」 (2019/8/15) 感想
声優×怪談 第1夜「赤の怪談」 (2019/8/14) 感想
特集ドラマ「マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」 (2019/8/8) 感想
スペシャルドラマ「夢食堂の料理人~1964東京オリンピック選手村物語~」 (2019/7/23) 感想
もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~ (2019/6/29) 感想
ラジエーションハウス特別編~旅立ち~「ラストフライト!!」 (2019/6/24) 感想
テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔(第五夜)」 (2019/5/22~26) 感想
ドラマスぺシャル「死命~刑事のタイムリミット~」 (2019/5/19) 感想
プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡 (2019/4/30) 感想
ドラマスぺシャル「未解決の女 警視庁文書捜査官 ~緋色のシグナル~」 (2019/4/28) 感想
ドラマスペシャル アガサ・クリスティ「予告殺人」 (2019/4/14) 感想
2夜連続スペシャルドラマ「名探偵・明智小五郎 第2夜VAMPIRE」 (2019/3/31) 感想
2夜連続スペシャルドラマ「名探偵・明智小五郎 第1夜SHADOW」 (2019/3/30) 感想
フジテレビ開局60周年特別企画「砂の器」 (2019/3/28) 感想
スペシャルドラマ「ひよっこ2」 (第4話/最終回・2019/3/28) 感想
カンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」 (2019/3/26) 感想
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国(前後編)」 (2019/3/23,24) 感想
月曜名作劇場「今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~」 (2019/3/11) 感想
テレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル「米倉涼子×松本清張 疑惑」 (2019/2/3) 感想
カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」 (2019/1/15) 感想
ちょい☆ドラ2019 (2019/1/12) 感想
土曜ドラマスペシャル「ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~」 (2019/1/12) 感想
フジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 (2019/1/6) 感想
新春ドラマ特別企画「下町ロケット」 (2019/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR