●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

スカーレット (第72回・2019/12/21) 感想【第1弾】

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第12週『幸せへの大きな一歩』の 『第72回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の結婚を記念して家族写真を撮ることに。ところが撮影直前、晴着姿の喜美子が電話で呼び出される。あぜんとする家族を残して、家を飛び出していく喜美子。向かったのは信作(林遣都)の実家のカフェ。客のひろ恵(紺野まひる)が喜美子の作った珈琲茶碗を気に入り大量の注文をしたいと頼まれる。喜美子は未熟な陶芸技術に自信を持てず、ちゅうちょする。すると同行した八郎がある宣言をする
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前半は "朝ドラのお約束" のオンパレードが楽しかった!

今回は諸事情により簡単感想で。理由は、夕方に書きます…

さて、私だけの朝ドラお約束かも知れないが、“ヒロインの花嫁姿はイマイチ” で始まった朝ドラ。でも、そんな “お約束” が朝ドラを毎朝見続ける楽しさでもあるから、戸田恵梨香さんの演技力をもってしても “お約束” の踏襲は喜ばしいこと。そして、花嫁姿でドタバタするのも、ある意味で “お約束”。

更に、ドタバタするのは前回のラストのフラグで分かっていたことだから、アバンタイトルから主題歌明けまで貫いて描いたのは、良かったと思う。

やはり、昨日の拍手コメントに返信したように、ギアが入るかアクセルを踏み増すかもまだ分からないが、ノロノロと真っすぐ進んで来た “一本道の先の二股の交差点” が見えてきた感じはした。そして、恋バナのように「制限速度10キロ」みたいな道を進むのでなく、「最低速度30キロ」みたいな道を進んだのが良かった。

今の喜美子(戸田恵梨香)で大量発注を請けるのは、「高速道路」に入って一気にすっ飛ばすようなもの。この位の速度感が良いと思う。

8分過ぎから一変。まるで本の目次を強制的に読まされた気分

と思っていたのは、中盤までのこと。なんと、8分過ぎに大幅に時間経過。これでは、「高速道路」に入って一気にすっ飛ばしたと同然。流石に、端折り過ぎだ。これでは、脳内補完が追い付かない。とにかく、ここまで一気に変わってしまった上に、淡々とナレーション処理で描かれても、まるで本の目次を強制的に読まされている気分だ。

私は高速道路を突っ走る喜美子と八郎が乗る自動車が…

その他にも、20個は出来るのに、80個を断る理由が不鮮明。だって、八郎(松下洸平)も居る訳だから、頑張って挑戦するのが喜美子じゃないの?

また、父・常治(北村一輝)の体調だが、本人が心を入れ替えて頑張っているとも受け取れるが、映像から受け取る印象としては、喜美子が結婚してから過剰労働しなければならないように見えている。そうなると、喜美子は結婚したら川原家にお金を入れていない…とも受け取れる。

前日も書いたが、喜美子の大きな魅力が “家族への愛” だったのに、後半の喜美子は自分のことばかり。要は、話を進めたいがために、脚本家が喜美子の人間像を変えてしまっている。

それに気付いているのか知らないが、このまま進んだら、私は、高速道路を突っ走る喜美子と八郎が乗る自動車が、パーキングエリアに止まった時だけチラ見するだけになってしまう可能性が見えてしまった。前回で期待感が高まっただけに、残念な土曜日だった。

あとがき

もしかして、年内に常治が退場して…なんて展開になって、年明けから、また高速道路をアクセル全開で? こんな物語になるなら、今回の8分過ぎが「第1回」でも良かったと思います。ここまで “大阪の荒木荘時代と深野組での絵付け師修業時代の喜美子の面影” が、ゼロなら。本当に残念です。

前回の感想では、「ここ最近、ずっと私と同じ “モヤモヤしつつも離脱する程でもない人”の皆さん、いよいよモヤモヤから脱出できそうな “気配” が見えて来ましたよ」と書きましたが、これまでで最大級のモヤモヤがやって来るとは思いませんでした。まだ、諦めていない読者さん、取り敢えず、年内は一緒に手に手を取って見守りましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13622/


【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11 12
第3週『ビバ!大阪新生活』
13 14 15 16 17 18
第4週『一人前になるまでは』
19 20 21 22 23 24
第5週『ときめきは甘く苦く』
25 26 27 28 29 30
第6週『自分で決めた道』
31 32 33 34 35 36
第7週『弟子にしてください!』
37 38 39 40 41 42
第8週『心ゆれる夏』
43 44 45 46 47 48
第9週『火まつりの誓い』
49 50 51 52 53 54
第10週『好きという気持ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『夢は一緒に』
61 62 63 64 65 66
第12週『幸せへの大きな一歩』
67 68 69 70 71 72
第13週『愛いっぱいの器』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5年後>『スカーレット』第72話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​予想通りっちゅーか 予想させ通り(?) 5年後にタイムワープ …なのは良いけど 何か微妙に不幸になってへん?>こらこら …ひじゅにですが何か? ​「女性陶芸家やありません」​by喜美子 ↑つまり、これからそうなって行くドラマっちゅーことですね。 喜美子にコーヒーカップの注文が! よりによって、結婚記念の写真撮影の日に …と言...

5年後>『スカーレット』第72話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​予想通りっちゅーか予想させ通り(?)5年後にタイムワープ…なのは良いけど何か微妙に不幸になってへん?>こらこら…ひじゅにですが...

連続テレビ小説『スカーレット』第72回

内容喜美子(戸田恵梨香)の結婚を記念して写真をとろうとしているとき陽子(財前直見)から電話が入る。窯業研究所の橘ひろ恵(紺野まひる)が、喜美子の絵が描いてある珈琲茶碗を気に入っているという。慌てて出て行こうとする喜美子に、驚く八郎(松下洸平)常治(北村一輝)たち。が、良い値段がついていると知り、常治も了承。ひろ恵から話を聞いた喜美子と八郎は、80個作ると分かり。。。敬称略今回の後半で、いきな...

【スカーレット】第72回(第12週 土曜日) 感想

…晴着姿の喜美子が電話で呼び出される。あぜんとする家族を残して、家を飛び出していく喜美子。向かったのは信作(林遣都)の実家のカフェ。客のひろ恵(紺…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR