ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ゲゲゲの女房:再放送 (第130,131回・2019/12/17) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第22週「おかあちゃんの家出」の 『第130,131回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第130回】
ついに過労で倒れてしまった茂(向井理)だったが、ようやく布美枝(松下奈緒)との間のわだかまりは、なくなった。茂の体調もなんとか回復して、仕事に復帰した夜のこと。布美枝に安来の実家から電話がかかってくる。それは「弟の貴司(星野源)が、海に落ちて亡くなった」という、思いがけない知らせだった。布美枝は、姉の暁子(飯沼千恵子)と共に安来へと向かう。

【第131回】
布美枝(松下奈緒)の弟・貴司(星野源)の葬儀も終わり、布美枝は源兵衛(大杉漣)、ミヤコ(古手川祐子)、邦子(桂亜沙美)たち家族との別れを惜しみながら、実家をあとにする。調布に帰った布美枝を茂(向井理)は優しく迎え、修平(風間杜夫)と絹代(竹下景子)も肉親を亡くした布美枝の悲しみを思い、気遣う言葉をかける。布美枝は、貴司が手入れしてくれたミシンを見ながら、この世を去った弟のことを思う。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第130回】

『お母ちゃんの家出』で「実家に帰る話」は不謹慎と言うか…

サブタイトルの『お母ちゃんの家出』が、前回の水曜日で終わったから、木曜日から何を描くのかと思いきや、「家」を重ねて、突然に弟・貴司(星野源)が海に落ちて亡くなったとの訃報で「実家に帰るお話」にするとは、不謹慎とは言わないが、このタイミングでやらなくても良いような…

夜の三姉妹のやり取りには悲しみの雰囲気すら漂わず…

で、久し振りに「おばば」こと登志(野際陽子)をナレーション担当でなく、源兵衛(大杉漣)の「よろしく頼む」と合わせて、茂の幽霊のような “不思議な生き死にの、お話” にしたかったようだ。

でも、なんか変な雰囲気。確かに貴司は養子に入っているが、貴司の遺された妻子も登場しなければ、夜の三姉妹のやり取りには悲しみの雰囲気すら漂わず。まあ、悲しさを紛らわす…と言う意味に好意的に受け取れなくもないが、でもまあ、水曜日で終わっちゃったから、まずは「貴司の死」で1日消化…と言ったところか。



【第131回】

仏壇前の場面に布美枝がいるのに、暁子が居ない不思議…

確かに布美枝は主人公なのだが、主人公だからって、 母・ミヤコ(古手川祐子)と貴司の思い出を仏壇の前で振り返るシーンに、東京から布美枝と一緒に来た布美枝の長姉・暁子(飯沼千恵子)が居ないのはどうかと思う。でも、この直後の源兵衛との別れのシーンには姉妹が揃っていると言う不思議な世界。

2回前に仲直りした夫婦を活かした温かな話の方が良かった

そして、いきなり島根県安来から調布の我が家へ戻る布美枝。確かに母親に貰い物はしたが、あんな大荷物で出掛けたっけ? まあ、いいや。娘2人に出迎えられて笑顔の布美枝のところに茂がやって来るが、すぐに仕事場へ戻ってしまう。

娘2人が茂の布美枝への優しさを代弁すると言う作戦に出た訳だが、折角、2日前の水曜日に仲直りした夫婦なのだから、ここは “ゲゲゲの女房” をちょっと立てるエピソードの方が温かみがあって良かったと思う。

布美枝への態度が源兵衛たちより絹代と修平の方が優しい?

続いて、 同居中の絹代(竹下景子)と修平(風間杜夫)が登場。絹代たちの布美枝への態度の方が、源兵衛たちより優しく見える。まあ、源兵衛たちは、息子が死んだのだから布美枝どころじゃないとも受け取れるし、絹代たちは住まわせて貰っているのもあるからか。いずれにしても、スッキリはしない。

布美枝でなく、子どもを利用して泣かそうとするかなぁ…

しかし、最もスッキリしないのは、「貴司の死」を悲しむ布美枝で視聴者を泣かせるのでなく、子どもを利用して視聴者を泣かせようと言う今回のオチ。それでなくても、布美枝は茂や娘2人を常に思っているようには映っていないのだから、ここは、安来の家族と貴司の思い出話で泣かせた方がスッキリしたと思う。

あとがき

貴司の回想シーンの入れ方も、かなり雑でしたね。私の印象では、きょうだいの中で、布美枝と貴司が一番仲が良かった印象があるので、「貴司の死」を描くなら、もっと “ストレートに悲しく” 描いたらドラマチックで良かったと思います。これだと、布美枝が悲しんでいるように見えません!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13604/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57 58 59 60
第11週「貧乏神をやっつけろ」』
61 62 63 64 65 66
第12週「連合艦隊再建
67 68 69 70 71 72
第13週「初めての里帰り」
73 74 75 76 77 78
第14週「旅立ちの青い空」
79 80 81 82 83 84
第15週「チャンス到来!?
85 86 87 88 89 90
第16週「来るべき時が来た
91 92 93 94 95 96
第17週「プロダクション旗揚げ」
97 98,99 100,101 102
第18週「悪魔くん復活」
103 104 105 106 107 108
第19週「鬼太郎ブームがはじまった」
109 110 111 112 113 114
第20週「妖怪いそがし」
115 116 117 118 119 120
第21週「戦争と楽園」
121 122 123 124 125 126
第22週「おかあちゃんの家出」
127 128 129

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: