ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

シャーロック アントールドストーリーズ (第11話/最終回30分拡大・2019/12/16) 感想

シャーロック アントールドストーリーズ

フジテレビ系・月9『シャーロック アントールドストーリーズ』公式
第11話/最終回30分拡大『最終回!最強バディが下す決断・・・愛するものを守れるか?この冬最も胸を熱くするラスト』の感想。
なお、原作の小説、アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」は既読だが、全作品ではない。



若宮(岩田剛典)の住むベイカーハイツの管理人・園美(かたせ梨乃)が、家賃を取り立てに来る。獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮が数日中に家賃を支払えなければ自分のバイオリンを渡すと約束する。そんな中、元警視庁捜査二課の利枝子(伊藤歩)を含む男女4人の被告が拘置所から脱走したニュースの続報で全員の名前が判明し、その中に“守谷”の名前を見た獅子雄の表情が硬くなる。一方、警視庁では江藤(佐々木蔵之介)があるミッションを与えられていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2,3) 第1,2,3,4,5,6,9,最終
   東山狭(過去作/不明) 第7,10
   上田恒(過去作/不明) 第8
演出:西谷弘(過去作/モンテ・クリスト伯、刑事ゆがみ) 第1,7
   野田悠介(過去作/コード・ブルー・シリーズ、ラジエーションハウス) 第2,4,9,最終
   永山耕三(過去作/モンテ・クリスト伯、人は見た目が100パーセント) 第3,5,8
   阿部博行(過去作/ココア) 第10
   平野眞(過去作/モンテ・クリスト伯、昼顔、ガリレオ、刑事ゆがみ)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。リーガルV、東京タラレバ娘、刑事ゆがみ、偽装不倫)
主題歌:DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch)

最終回だと思ったら「特別編」があるのに少々落胆したが…

今回が30分拡大した最終回だと思って期待した割に、実は “ただの30分拡大の第11話” で、次週が1時間48分の「特別編」と言う名の “実質的な最終回” だと言うのには落胆しかなかったが…

「特別編」で若宮が失踪した獅子雄の謎に迫るのは悪くない!

しかし、冷静に考えてみれば、本作は、本家で言えばシャーロック・ホームズの相棒であるワトソンが、『シャーロック・ホームズ』の本編で描かれなかった事件をワトソン目線で書き残したと言う設定の『語られざる事件』をモチーフにしたドラマだから…

その方向から考えると、獅子雄(ディーン・フジオカ)の謎の失踪をきっかけに、「特別編」として若宮(岩田剛典)との回想シーンや思い出話を入れつつ…と言う全12話構成も悪くない。

本家「ホームズ」へのリスペクトをしつつ、本作らしさも醸し出した!

さて、放送前は、あの名作『シャーロック・ホームズ』を『月9』で放送することに多少の不安はあったが、回を重ねる毎にその不安は払拭され、きちんと本家『シャーロック・ホームズ』へのリスペクトをしつつ、本作らしさも醸し出した作品に仕上がって来た。

30分拡大でも蛇足にならず、今回だけでも楽しめる仕様に!

そして、この第11話。敢えて2時間スペシャルの選択を捨て、30分の拡大だけで、これまで積み重ねたレギュラーの登場人物たちの関係を巧みに活かした。

その上で、普通なら拡大版で増やしたゲストと新たな登場人物によって今までの雰囲気が壊れたり蛇足になったりするものだか、今回は10話までで描いて来た各登場人物像の設定や背景を程良き薄めのさじ加減で描いたことで、この第11話だけでも楽しめる仕様になっていた。

この辺は、次回の「特別編」が “ただの総集編” だった前回とは違うであろうことを期待もさせてくれる。とにかく、最終回とは名ばかりだったのは残念だが、『シャーロック・ホームズ』らしさはしっかりと残しつつ、ディーン・フジオカさんだからこその無国籍な世界観が混じり合った作り込みは見事だと思う。

あとがき

「特別編」では、獅子雄と言う男の正体を描く中で、もう少し守谷と獅子雄を絡めて描いて欲しいです。そして、本家では失踪から3年後に、モリアーティの右腕である大佐を捕まえるためにワトソンと再会するので、「特別編」の放送前ですが、続編に期待したいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「シャーロック アントールドストーリーズ」オリジナルサウンドトラック
シャーロック・ホームズの新冒険〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13602/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

シャーロック 最終回「今夜最終回!最強バディが下す決断…愛する者を守れるか?この冬最も胸を熱くする…

ついに最終回。これは、明らかに「ホームズ最後の事件」の日本版・アレンジですね。(たしか、モリアティー教授との死闘の果に、ライヘンバッハの滝壺へと消える分、ですよね)かつて獅子雄の推理により拘置所に送った、元警視庁捜査二課の職員・市川利枝子(伊藤歩)を含む、男女4人の被告が拘置所から脱走したというニュースを見る、誉獅子雄(ディーン)と若宮潤一(岩田剛典)獅子雄は内部に協力者がいないと不可能と平...

シャーロック 最終話

獅子雄(ディーン・フジオカ)と潤一(岩田剛典)は、かつて獅子雄の推理によって拘置所へ送った元捜査二課の利枝子(伊藤歩)を含む男女4名が脱走したことを知ります。 獅子雄が「内部に協力者がいないと脱走は無理だ」と平然としているところに、潤一のマンションの管理人・園美(かたせ梨乃)が家賃を取り立てにやって来ます。 園美から、同居は禁止していることを問いただされた獅子雄は、潤一との関係を「友人だ...

シャーロック アントールドストーリーズ 第11話(最終回)

内容獅子雄(ディーン・フジオカ)若宮(岩田剛典)は、市川利枝子(伊藤歩)ら4人が拘置所から脱走したというニュースを聞く。看守が手引きしたと思われたが、内部の協力者がいなければ無理と獅子雄。その若宮の部屋に、ハイツの管理人・波藤園美(かたせ梨乃)が、家賃の取り立てにやって来る。獅子雄の姿に、同居を疑う規約違反だと園美。が、獅子雄の機転で、園美は納得して、部屋をあとにする。そんななか脱走の続報が...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: