ゲゲゲの女房:再放送 (第126,127回・2019/12/13) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第21週「戦争と楽園」の 『第126回』と、 第22週「おかあちゃんの家出」の 『第127回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第126回】
藍子(菊池和澄)は、学校で留美子に対する態度をはっきりさせることができ、ようやく笑顔を取り戻した。久しぶりに布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)のもとを深沢(村上弘明)が訪ねてくる。「ゼタ」の売れ行きが振るわず“そろそろ会社の経営も限界か”と、思い始めていた深沢だったが、自身が体験した戦争に、しっかり向きあって描いていこうとする茂の決意にふれた深沢は…。

【第127回】
昭和47年10月。茂(向井理)は毎朝食事が終わると、いったん食卓から戸外まで出て、また玄関から入り直して仕事部屋に向かうという、奇妙な出勤スタイルをとっていた。茂に漫画を注文したある出版社が倒産し、原稿料が回収できそうもないことに、雄一(大倉孝二)たちは頭を悩ませるが、布美枝(松下奈緒)に、そのことは伝えられなかった。茂はその穴を埋めるために仕事を増やし、多忙を極めることになって…。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第126回】

「藍子の問題」って、2週跨ぎにする程の内容だったろうか?

何となく、シャンシャンと言う感じで、藍子の問題も解決してしまった。この程度なら、2週跨ぎにせず、先週の貴司と布美枝の姉弟で久し振りに一緒に解決…としても良かったのに。

「総員玉砕せよ!」で茂の作家性を鋭く且つ丁寧に描いた1週間

そして、突然に深沢(村上弘明)が水木家へ、仕事を辞める自身の “幕引き” の相談にやって来たのだが、茂の『総員 玉砕せよ!』の熱い構想の話を聞いて、『ゼタ』の存在意義を自ら問い直し、引退をも考え直す。要するに、今週ずっと描き続けて来た『総員 玉砕せよ!』のエピローグと言うことだろう。茂の作家性を鋭く且つ丁寧に描いたと思う。

水木家4人での花火も「楽園と戦争」の締め括りに良かった!

終盤の水木家4人家族の花火のシーンも、『楽園と戦争』のサブタイトルの締め括りとして良かったと思う。



【第127回】

重苦しかった先週に対して、今週は少し明るめってことか?

先週が『総員 玉砕せよ!』で、茂がメインの重苦しい1週間だったから、今週は布美枝をメインにして少し明るめの1週間にしようと言うところだろうか。そもそも布美枝は茂から仕事には口を出すなと止められている上に、茂の仕事が忙し過ぎて茂に相手にされず、すれ違いが増えて、布美枝が困惑…か。

この状況で、布美枝が家出をしたら益々存在感が心配…

『おかあちゃんの家出』と言うサブタイトルからして、布美枝がプチ家出でもして、茂たちに、いや視聴者に布美枝の存在感や存在意義を提示したいのだろう。しかし、この2週、茂の世話も殆どせず、藍子のこともほぼ無関心だったから、ここで家出などするものなら、余計に布美枝って何のために居るの? となり兼ねないと思うが…

郁子を見て、やり方次第で面白くなる可能性があるかも…

とは言え、茂の仕事の忙しさと、仕事の話から抜け者にされていることを、元『ゼタ』にいた未だ独身の郁子(桜田聖子)を通して、客観的に描いたのは面白味があった。この調子で、布美枝の疎外感を第三者で明確に描いて行けば、布美枝の存在感を描けるかも…

あとがき

週替わりで、随分違う雰囲気になりましたね。放送も残り1か月と1週間。このまま、何とか手を変え品を変えて布美枝の存在を強調出来るか? そこが一番の見所になるかもしれません。

それにしても、先週あたりから、向井理さんが喋る「水木茂」の言い回しが、“老い” を表現するために、ちょっと呂律が回り難く演じておられるようで、中々リアルな演技で惹き込まれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13586/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57 58 59 60
第11週「貧乏神をやっつけろ」』
61 62 63 64 65 66
第12週「連合艦隊再建
67 68 69 70 71 72
第13週「初めての里帰り」
73 74 75 76 77 78
第14週「旅立ちの青い空」
79 80 81 82 83 84
第15週「チャンス到来!?
85 86 87 88 89 90
第16週「来るべき時が来た
91 92 93 94 95 96
第17週「プロダクション旗揚げ」
97 98,99 100,101 102
第18週「悪魔くん復活」
103 104 105 106 107 108
第19週「鬼太郎ブームがはじまった」
109 110 111 112 113 114
第20週「妖怪いそがし」
115 116 117 118 119 120
第21週「戦争と楽園」
121 122 123 124 125

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR