相棒 season18 (第9話 前後篇スペシャル[後篇]・2019/12/11) 感想

相棒 season17

テレビ朝日系・『相棒 season18』公式
第9話 前後篇スペシャル・後篇『檻の中~告発』の感想。



遠隔操作技術の第一人者で大学教授の皆藤(中村育二)は、横領の罪で逮捕されていたが、それが研究の乗っ取りをもくろむ准教授・佳奈恵(中村優子)がでっち上げた冤罪であると判明する。亘(反町隆史)は旧友で週刊誌記者の桝本(山崎樹範)が、皆藤の保釈を受けて何か事を起こすのではと本人を問い詰めるが、軽くかわされてしまう。一方の右京(水谷豊)は、佳奈恵が皆藤を陥れた巧妙な手口を解明したものの、その動機がつかめずにいた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やはり、「前後編」にする必要性は無かった…

●脚本:神森万里江/演出:権野元(敬称略)

まあ、予想通りに「前後編」にするような内容で無かったし、そもそも各連ドラが最終回を迎える時期に放送するなら、余程に興味関心を惹く内容でないと、前回なんて忘れる訳で。当の私も、今回の冒頭の振り返りで「ああ、そう言う話だったのね」と言うレベルだから、やはり「前後編」にする意味は無かったと思う。

亀山薫(寺脇康文)を上手く使っても良かったのに…

ただ、それなりに “捻り” を加えたストーリーであることは認めるし、ラストの右京さん(水谷豊)のお説教をやりたかったのも認めるが、長年のファンなら、亀山薫(寺脇康文)がサルウィンにいる設定(今、どうしているのか全く描かれていないが)なのだから、本人が出演せずとも、右京さんの台詞で登場させても良かったような…

あとがき

それこそ、大人の事情で寺脇康文さんを今後登場させられないのなら、神戸尊(及川光博)経由の筋から「戦地の状況が激変して殉職した」的なフォローをしても良かったと思う…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】相棒 season17 ブルーレイBOX(6枚組)(オリジナル台本風ノート付) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13578/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒season18 第9話

「檻の中~告発」内容横領で勾留中の皆藤武雄(中村育二)教授の保釈金が奪われた事件で、保釈金を奪われた高瀬佳奈恵(中村優子)准教授が襲われる。それにより、強盗の一味を手引きしていたのが高瀬自身であるコトが発覚。皆藤に出資をしていたライフケアテクノロジーの告発を、阻止するため、横領を含めて画策したと推理する右京(水谷豊)その後、取り戻された保釈金により、皆藤は保釈される。だが、突如、調査をしなく...

相棒18 第9話

佳奈恵(中村優子)が襲われて、それをきっかけに皆藤(中村育二)の保釈金を奪った強盗一味が捕まりました。 犯人の手引きをしていたのが佳奈恵だと発覚した上、右京さん(水谷豊)は、皆藤の横領容疑も佳奈恵によって仕組まれたものだと突き止めます。 皆藤は支援企業・ライフケアテクノロジーの告発を進めようとしていましたが、佳奈恵は企業側と手を組んでいたらしい。 右京さんは、一命を取り留めた佳奈恵に自...

「相棒 season 18」第9話『檻の中~告発』

技術が悪意に利用された時。 第9話(2週連続スペシャル)『檻の中~告発』ネタバレです。

相棒18 テレ朝(12/11)#09

第9話 檻の中~告発~ あらすじ遠隔操作技術の第一人者である大学教授の皆藤(中村育二)は、横領の罪で逮捕されていたが、それは研究の乗っ取りを目論む准教授・佳奈恵(中村優子)がでっち上げた冤罪であることが判明。3000万円の保釈金も戻り、皆藤の保釈も決定的になった。亘(反町隆史)は、旧友で週刊誌記者の桝本(山崎樹範)が、皆藤の保釈を受けて、何か事を起こすのではないかと危惧していたが、本人を問い...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR