●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~ (第8話 [全10話]・2019/121/6) 感想

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

NHK総合・ドラマ10『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』公式
第8話(全10話)『真奈子、呪われる』の感想。
なお、本作の失敗学監修である畑村洋太郎(東京大学名誉教授)の著書、「失敗学のすすめ」(講談社文庫)は、既読。


古いマンションの玄関口で住民の橋爪(宇崎竜童)が頭を打って死亡しているのが見つかる。住民の中に知人がいたことから、真奈子(松雪泰子)は事故調査委員としてでなく個人的に調査を開始。マンションでは以前から、転倒の多発やエレベーターの閉じ込めなどの不吉な事故が立て続けに起き、呪いだと噂する人もいた。真奈子は、橋爪が残した謎の数字を調べ始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:八津弘幸(過去作/下町ロケット、家政夫のミタゾノ1,2,3、陸王) 第1,2,3
   徳尾浩司(過去作/あいの結婚相談所、警視庁ゼロ係3、おっさんずラブ) 第4,5,6,8
   吉田真侑子(過去作/陸王、ヒモメン、下町ロケット) 第7
演出:福井充広(過去作/ミストレス~女たちの秘密~) 第1,2,3,6
   笠浦友愛(過去作/この声をきみに)) 第4,5,7
   家次勲(過去作/ミストレス~女たちの秘密~) 第7
音楽:眞鍋昭大(過去作/後妻業)
主題歌:あまりにも素敵な夜だから/[ALEXANDROS]

ほぼ探偵モノだったが、謎解きドラマとしては面白かった

前回に続いて、初期のような 『“失敗学” を武器に、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込むミステリー・エンターテインメント』とは言い難い内容で、ほぼ探偵モノではあったが、謎解きドラマとしては面白かったから良かった…とするか。

あとがき

マンションの機器のメンテはちゃんとやりましょう。住民同士のコミュニケーションは良く取りましょう。って、感じでしょうか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
失敗学のすすめ (講談社文庫)
あまりにも素敵な夜だから/ミス・ジコチョー ~天才・天ノ教授の調査ファイル~[カバー]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13559/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~ 第8話 「真奈子、呪われる」

真奈子(松雪泰子)、「呪われている」と、いわくつきのマンションで、ひとり事故調査しかし、壁は落書きだらけだし… パッと見、住人モラルの問題な感だったかな?被害者は、ゲストの宇崎竜童だったのですね。以前から、転倒やエレベーターの閉じ込め東、トラブルだらけだったよう真奈子は、橋爪(宇崎竜童)が残した、謎の数字を調べ始めて… 謎解きとして、面白かったです。でも、一方で、真奈子の秘書・志保(須藤理彩...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR