シャーロック アントールドストーリーズ (第9話・2019/12/2) 感想

シャーロック アントールドストーリーズ

フジテレビ系・月9『シャーロック アントールドストーリーズ』公式
第9話『最終章へ・・・別れの予感!最後の晩餐は密室殺人レストラン』の感想。
なお、原作の小説、アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」は既読だが、全作品ではない。



前回の事件以来、元気のない獅子雄(ディーン・フジオカ)を気に掛ける江藤(佐々木蔵之介)、若宮(岩田剛典)、クミコ(山田真歩)は、獅子雄を人気のイタリア料理店に連れ出す。客は他に、老夫婦とスーツ姿の女性、料理評論家と女性編集者にカメラマンがいた。同店の名物料理が出せないと言われた料理評論家が憤慨する中、獅子雄は掃除道具入れに隠された男性の遺体を発見する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2,3) 第1,2,3,4,5,6,9
   東山狭(過去作/不明) 第7
   上田恒(過去作/不明) 第8
演出:西谷弘(過去作/モンテ・クリスト伯、刑事ゆがみ) 第1,7
   野田悠介(過去作/コード・ブルー・シリーズ、ラジエーションハウス) 第2,4,9
   永山耕三(過去作/モンテ・クリスト伯、人は見た目が100パーセント) 第3,5,8
   平野眞(過去作/モンテ・クリスト伯、昼顔、ガリレオ、刑事ゆがみ)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。リーガルV、東京タラレバ娘、刑事ゆがみ、偽装不倫)
主題歌:DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch)

秀逸なキャスティングのセンスに、まず脱帽!

探偵モノ好きには、小さなレストランに訳アリ客が集まり、店員たちが何やらそわそわしているだけで、自然と笑みが零れる設定だ。その上、閉鎖的空間の中に居るレギュラー以外のゲスト俳優たちも、一癖二癖ある中堅からベテランの名バイプレーヤーを揃え、如何にも誰が真犯人でもおかしくない状況を作り出した。

やはり、これだけ映像作品を見ていると、俳優の顔で犯人が一発で分かってしまうことの方が多い。それがない秀逸なキャスティングのセンスに、まず脱帽だ。

獅子雄と視聴者が、同時に推理を楽しめる面白さ!

そして、物語も、序盤の結婚指輪を無くした客の不破凛子(島かおり)のガラケーの送受信履歴の視聴者へのチラ見せから始まって、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)自身も細かな聞き取りや調査を積み重ねて、巧みに推理を進めて行く。

獅子雄と視聴者が同時に推理を楽しみながら、更にイタリア料理の知識も得ながら、しっかりと『シャーロック・ホームズ』を読んでいる醍醐味を演出。

計算されたスタジオセットでの解決編の緊張感の演出も見事

更に、脚本的には、終盤での解決編でなく、28分過ぎと言う早い時点での解決編の始まりが実に新鮮。

演出も敢えて解決編では、獅子雄ら全員を舞台演劇のように横一列に並べられるようにレストランのスタジオセットを設計した上で、テレビらしいマルチ撮影で、大胆に獅子雄の背中ナメ(越し)のカットを長めに使って、容疑者一人ひとりの表情を見せ、次々に店外へ退場させ、容疑者を絞り込んで行く緊張感の演出も見事。

好きな人なら、まるでコース料理を食べ終えたような満足感

で、最後に残り、描かれた “真実” が “老い” や “借金” や “病” と言う、他人がどうこう出来るようなものでは無いと言うのも、実に『シャーロック・ホームズ』らしい。映像的には、かなり個性的ではあるが、好きな人なら、まるでコース料理を食べ終えたような満足感を得られたはず。ミステリーとしては、かなりの完成度の高さだと思う。

あとがき

初対面の人間の様子をつぶさに観察し、的確に素早く推理をまとめ、更に登場人物たちの人生を描きつつ、獅子雄を主人公として立てて、助手の若宮潤一(岩田剛典)の見せ場も用意したのは、本当に秀逸な『ホームズ』へのリスペクト作品だと思います。最終章に突入してしまったのが残念です。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「シャーロック アントールドストーリーズ」オリジナルサウンドトラック
シャーロック・ホームズの新冒険〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐― Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13543/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャーロック 第9話 「最終章 今夜別れの予感… 最後の晩餐は密室殺人!」

今回の舞台は、有名店で、20年以上続き、予約が取れないことで有名な、イタリアンレストラン「リストランテ エレナ」そこで、緊急事態?! 前回の事件以来、自室に引きこもり、元気のない獅子雄(ディーン・フジオカ)を気に掛ける江藤(佐々木蔵之介)、若宮(岩田剛典)、クミコ(山田真歩)は、獅子雄を人気のイタリア料理店に連れ出します。謎の宿敵・守谷壬三につながっていた安蘭世津子(長谷川京子)に、目の前で...

シャーロック 第9話

獅子雄(ディーン・フジオカ)は潤一(岩田剛典)と江藤(佐々木蔵之介)から、クミコ(山田真歩)の誕生日祝いに誘われます。 有名レストランに遅れて到着した獅子雄は、一番安いコースを促す江藤をよそにアラカルトを頼みます。 しかし、店の看板料理が用意できないと言います。 そんな中、獅子雄を案内したソムリエ・加藤茂(田辺和也)が個室の客・高津みずえ(遊井亮子)に呼ばれます。 みずえは、料理評論...

シャーロック アントールドストーリーズ 第9話

内容守谷壬三に繋がる安蘭世津子を目の前で失い、ショックを受ける獅子雄(ディーン・フジオカ)なんとか元気づけようと、若宮(岩田剛典)江藤(佐々木蔵之介)は、クミコ(山田真歩)の誕生日を口実にして、外に連れ出す。向かったのは、有名なリストランテ。安いコースを頼む江藤だが、獅子雄は気にせず、アラカルトを注文する。そんなとき、個室から怒鳴り声が聞こえ、注文をとっていたソムリエの加藤茂(田邊和也)が向...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR