●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ゲゲゲの女房:再放送 (第104,105回・2019/11/28) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第18週「悪魔くん復活」の 『第104,105回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第104回】
小峰(斎藤工)、倉田(窪田正孝)、菅井(柄本佑)の3人のアシスタントと共に、茂(向井理)は「悪魔くん」の新作に取りかかった。安来から来た、布美枝(松下奈緒)の妹・いずみ(朝倉えりか)は、村井家に活気をもたらすが、彼女をめぐって編集者の北村(加治将樹)と菅井が、さやあてめいた雰囲気になるなど“騒動の火種”にもなりそうな気配だった。布美枝は、茂が漫画を描くことに少しでも協力しようとして…。

【第105回】
豊川(眞島秀和)と船山(風間トオル)が、「悪魔くん」のテレビ放映が決定したことを布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)に知らせにやってくる。深沢(村上弘明)もそれを喜ぶが、秘書の郁子(桜田聖子)は茂と共にあり続けた「ゼタ」の部数を、深沢がこの機会に伸ばそうとしないことにいらだつ。“「悪魔くん」テレビ化”のニュースは、調布の町中を駆けめぐり、茂が作詞を手がけた番組主題歌もできあがって…。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第104回】

実に、朝ドラらしいほのぼのした雰囲気で始まった…

前回に続いて、今回もアバンタイトルから良い感じだ。まず、茂(向井理)の仕事の丁寧さと、3人のアシスタントの個性をサラリと描いて、 原稿を待つ編集者の北村(加治将樹)と 菅井(柄本佑)が、いずみ(朝倉えりか)の “騒動の火種” もそっと添えて、実に朝ドラらしいほのぼのした雰囲気で始まった第104回。

布美枝の "良い意味での反撃" が良かった!

主題歌明けは、茂の仕事にはアシスタントが入り、いずみが家事を手伝ってくれるようになったために、家全体を見渡す余裕が出来た布美枝(松下奈緒)が描かれ始めた。 倉田(窪田正孝)の「日の丸弁当」を気遣うも、倉田から気遣って欲しくないと言われるが、ここからの布美枝の “良い意味での反撃” が実に良かった。

最近では一番、布美枝の内助の功を丁寧に感動的に描いた!

終盤での、夫婦二人三脚で漫画を描いて来た回想シーンを挟みながら、布美枝が、「何か出来ることはないか?」と考えて、アシスタントたちが健康で元気で頑張ってくれることが茂をサポートすることになる…と思って倉田たちに味噌汁を振る舞ったことを明かすシーンなんて、ちょっと感動的でもあった。

恐らく、アシスタントが加わってから描かれた「水木家の日常」の描写の中で、最も布美枝の内助の功を丁寧に感動的に描いた放送回だったと思う。正に、これこそが『ゲゲゲの女房』だ。この調子で進んで欲しい。



【第105回】

なぜ、ここまで郁子を登用するのか???

序盤から、嵐星社の深沢(村上弘明)の秘書・郁子(桜田聖子)が登場したが、なぜ突然登場したのだろう? いずみが興味を持ったようだが、何か騒動のネタにでもなるのだろうか。まあ、深沢と茂の関係は今後も描くべきだが、ここまで郁子を出すより、深沢を前面に出したら良いのに…

今回のように"布美枝の外出"を必然性のあるものにすべき!

しかし、郁子の勇み足以外のパートは実にいい感じ。

以前は布美枝の買い物も、殆どが無駄話になっていたが、今回は布美枝が茂の仕事が順調に進んでいることをご近所さんに報告することで、布美枝の世界が水木家以外にもあることが見えたし、ご近所さんとの付き合いが布美枝の茂をサポートする力にフィードバックするように見えた。やはり、布美枝の外出もドラマとして意味があるのが良いに決まっている。

あとがき

この2回分は、とても良かったです。茂、布美枝、水木家の日常が丁寧に描かれたから。これで、次回が木曜日放送分。いよいよ、サブタイトル『悪魔くん復活!』のクライマックスの始まりですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13525/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57 58 59 60
第11週「貧乏神をやっつけろ」』
61 62 63 64 65 66
第12週「連合艦隊再建
67 68 69 70 71 72
第13週「初めての里帰り」
73 74 75 76 77 78
第14週「旅立ちの青い空」
79 80 81 82 83 84
第15週「チャンス到来!?
85 86 87 88 89 90
第16週「来るべき時が来た
91 92 93 94 95 96
第17週「プロダクション旗揚げ」
97 98,99 100,101 102
第18週「悪魔くん復活」
;103

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR