ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

シャーロック アントールドストーリーズ (第8話・2019/11/25) 感想

シャーロック アントールドストーリーズ

フジテレビ系・月9『シャーロック アントールドストーリーズ』公式
第8話『遺書の暗号は殺しの招待状』の感想。
なお、原作の小説、アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」は既読だが、全作品ではない。



経産省勤務の柴田(久保田悠来)と東京・永田町のテーラーで働く三崎(佐伯大地)が男性同士で‘心中’し、江藤(佐々木蔵之介)が獅子雄(ディーン・フジオカ)に動機解明を依頼。現場にはライオンの写真があり、獅子雄は裏面に記された暗号の解読に臨む。2人が通うビジネススクールの名を導き出した獅子雄は、若宮(岩田剛典)と同校へ。受付の彩に、校長・世津子への面会を求める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2,3) 第1,2,3,4,5,6
   東山狭(過去作/不明) 第7
   上田恒(過去作/不明) 8
演出:西谷弘(過去作/モンテ・クリスト伯、刑事ゆがみ) 第1,7
   野田悠介(過去作/コード・ブルー・シリーズ、ラジエーションハウス) 第2,4,
   永山耕三(過去作/モンテ・クリスト伯、人は見た目が100パーセント) 第3,5,8
   平野眞(過去作/モンテ・クリスト伯、昼顔、ガリレオ、刑事ゆがみ)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。リーガルV、東京タラレバ娘、刑事ゆがみ、偽装不倫)
主題歌:DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch)

前回に続き今回の脚本家・上田恒氏も過去作品が見つからず

前回の脚本家が、過去の担当作品が見つからなかった東山狭氏で、どうや「 東→西、山→谷、狭→弘」で演出担当の西谷弘の “別名” であるとの憶測が話題になったが、この第8話の脚本担当である上田恒氏も過去の担当作品が見つからず、現在放送中の『まだ結婚できない男』の脚本家が1文字違いの植田尚氏と言うのは偶然だろうか。

高橋克典さんの強烈な存在感と獅子雄の兄の絶妙な配役が…

さて、脚本家が交代したためか、それともボチボチ最終章に近付いてきたためか、これまでのように事件解決を主軸にした構成から、最終章へのネタ振りを含めているような構成になった。

更に、原作に登場するシャーロック・ホームズの7歳年上の兄で「政府の政策全般を調整する重要なポスト」の役人である “マイクロフト・ホームズ” に値するのであろう、獅子雄(ディーン・フジオカ)の兄・万亀雄(高橋克典)が登場し、高橋克典さんの強烈な存在感と、ディーンさんの兄としてピッタリな配役が、全体のバランスを崩してしまったようだ。

そのために、前回では見事な “助手らしさ” を魅せた若宮(岩田剛典)も影が薄くなってしまった。でも、事件は1話完結でも、連ドラとしての面白味を創出するのは当然だし間違っていないから、「こう言う放送回もある!」と納得は出来た。

脚本と演出と俳優で魅せる連ドラとして益々完成度が高い!

とは言え、獅子雄らしさが埋没していないところが、本作の凄いところ。あの自由な人間の獅子雄をコントロール下にする兄の登場で、益々、最終回へ向けて楽しくなってきたのは確か。また、ゲストの長谷川京子さんと谷村美月さんの演技も目が離せなかった。やはり、きっちりと脚本と演出と俳優で魅せるドラマとして、益々完成度が高くなっており、期待が高まる…

あとがき

本編と関係のないCMの話です、14分過ぎからのCM枠の並び順が面白かったです。最初がエステー化学の「モコ泡わトイレクリーナー」、次がサントリーの「プレミアム・モルツ」の「新・神泡サーバー」と、「トリス」のハイボール、最後がメナードの「フェイシャルサロン」で、全て「泡(ハイボールは炭酸水の泡の水流で旨さが違うので)」だったのは偶然ですかね。そこも、ちょっと面白かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「シャーロック アントールドストーリーズ」オリジナルサウンドトラック
シャーロック・ホームズの新冒険〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐― Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13514/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

シャーロック 第8話 「遺書の暗号は殺しの招待状」

いよいよ、終章へのステップ。今回のゲストは、女優の長谷川京子と谷村美月、でした。どうやら、長谷川京子の役柄。シャーロックの宿敵、モリアーティならぬ、守谷壬三に、つながってるみたいです。そして、ホームズ・誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の兄。マイクロフトならぬ、異母兄で高級官僚の万亀雄(高橋克典)が登場。役者が揃いました。江藤礼二(佐々木蔵之介)が、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に、経産省のエリ...

シャーロック 第8話

江藤(佐々木蔵之介)が、経産省のエリートを含む男性2人の心中事件の動機解明を獅子雄(ディーン・フジオカ)に依頼します。 「心中など現代に存在しない」と関心を示さない獅子雄と、潤一(岩田剛典)ですが、江藤は現場に残されたライオンの写真を見せます。 写真の裏には暗号らしい文面も書かれてあり、そこから浮かび上がって来た名前を見た獅子雄は・・・ 発見された2人の遺体の身元は、官僚だった男性が柴...

シャーロック アントールドストーリーズ 第8話

内容江藤(佐々木蔵之介)が、獅子雄(ディーン・フジオカ)を訪ねてくる。エリート官僚の柴田雅樹(久保田悠来)と仕立て屋の三崎雄一(佐伯大地)の男性2人が毒物で心中したと。全く興味がない獅子雄に、江藤は2枚のライオンの写真を見せる。吼えている写真と、死んでいる写真。現場に残されていたという。若宮(岩田剛典)が疑問を口にすると。江藤が、獅子雄を煽り。。。。。写真の裏には、妙な文面。獅子雄は、暗号文...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: