●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

グランメゾン東京 (第6話・2019/11/24) 感想

グランメゾン東京

TBSテレビ系・日曜劇場『グランメゾン東京』公式
第6話『鰆のロースト 水晶文旦のソース』、ラテ欄『涙の決意! 盗まれたレシピを取り戻せ!!』の感想。



世界的に権威のある賞レースの一つ「トップレストラン50」の今年度の候補に「グランメゾン東京」が選ばれた。尾花(木村拓哉)は、全力でランク入りを狙うと宣言した倫子(鈴木京香)に魚料理の変更を提案する。同じく候補となった丹後(尾上菊之助)の店でも、魚料理のリニューアルが決定していた。そんな中、江藤(手塚とおる)は尾花らの下で働く芹田(寛一郎)に接触を続ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「料理の厳しさ」で料理人ドラマとして深掘りされた満足感!

基本的なストーリー展開は、前回までにほぼ確立しているから、安心感もあるが既視感も無くはない。しかし、今回は「料理の厳しさ」に焦点を絞り込んだことで、これまでよりもなお一層、料理人ドラマとして内容が深掘りされた満足感がある。

"尾花と斧田の成長と変化" を巧みに描いて魅せた!

その満足感の大きな理由の1つが、主人公・尾花(木村拓哉)の活躍を中心に据えながら、「グランメゾン東京」の足元にも及ばない未熟で新米の芹田(寛一郎)が遂に反乱を起こしたことで、ベテランの先輩と未熟な新米の対立構造を作り、更に単純な「料理人対決」で終わらぬように、様々な要素を織り交ぜて “尾花と斧田の成長と変化” を巧みに描いて魅せたこと。

特に良かったのが、41分過ぎの「鰆のロースト」 への斧田の “味への気付き” に対しての先輩たちの評価の違いや変化の表現、そして終盤の斧田が作った「賄い料理」への温かで厳しい意見は、演出と演技を含めて秀逸だった。

丹後が"邪魔する悪役"から"最強のライバル"に昇格した!

また、「グランメゾン東京」の最大のライバルであるレストラン「gaku」の部分も、単純に “グランメゾン東京を邪魔する悪役” に描くのでなく、 祥平(玉森裕太)が入社したことで、丹後(尾上菊之助)の料理の実力や真面目な人間性が見え、更に江藤(手塚とおる)の凄さも魅せた。

このことで、ただの “邪魔する悪役” から “最強のライバル” に昇格したように見えた。やはり、対峙構造を作るなら、この位に “強さ” を表現してこそ、面白味が出ると言うものだ。

あとがき

良く「逃げ癖がつく」と言いますが、苦労から自分なりの理由を付けては逃げてばかりの人生よりも、罵倒されてもコテンパンに負けても逃げずに、認めてくれる人がいることを信じて踏ん張って生きて行くことの大切さを、オジサン世代になって改めて気付かされた…と言う感じです。

そして、尾花の「料理なめんじゃねえぞ」が心にグサッと来ました。何処の誰でもが作れない「オリジナル=本物」を追及するプロたちの姿に、月曜から働く元気を貰いました。次回にも大いに期待します。

なお、下の写真は先週末に、とあるフレンチレストランで頂いた、今回の劇中にも登場した “サワラ” を使ったオードブル「鰆の炙り アオリイカ・林檎・ホタテのタルタル 柚子の香り」と、入手も食べるのも珍しい “月の輪熊” を使ったメインディッシュ「富山県産 月の輪熊の手のシェヴェ」です。内臓と血液と赤ワインで作る濃厚シェヴェなソースが絶妙でした。

「鰆の炙り アオリイカ・林檎・ホタテのタルタル 柚子の香り」と「富山県産 月の輪熊の手のシェヴェ」
「鰆の炙り アオリイカ・林檎・ホタテのタルタル 柚子の香り」と
「富山県産 月の輪熊の手のシェヴェ」

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【メーカー特典あり】 RECIPE (レシピ) (内容未定付)
グランメゾン東京 上 (角川文庫)
シネマスクエア vol.114 [木村拓哉「グランメゾン東京」] (HINODE MOOK 559)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13509/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グランメゾン東京 第6話 「涙の決意!盗まれたレシピを取り戻せ!!」

世界的に権威のある賞レースのひとつ「トップレストラン50」に、「グランメゾン東京」が、今年度の候補入り倫子(鈴木京香)、の目標。またひとつ、一歩づつ前進してますね。尾花(木村拓哉)は、倫子に、魚料理の変更を提案します。祥平(玉森裕太)が丹後(尾上菊之助)のいるgakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村一樹)と相沢(及川光博)だけど、尾花(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しんでるかのよう...

グランメゾン東京 第6話

祥平(玉森裕太)が、丹後(尾上菊之助)のレストランgakuで働くことになりました。 京野(沢村一樹)や相沢(及川光博)は戸惑いを隠せませんが、夏樹(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しむ様子を見せます。 そんな中、本年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることが決定します。 それを聞いた夏樹は、日本が誇る食資源の代表格・魚の料理を開発し直すことにします。 同じ頃、丹後と祥...

日曜劇場『グランメゾン東京』第6話

内容フードフェスの参加をきっかけに、客が来るようになった“グランメゾン東京”そのうえ、“トップレストラン50”の候補にも入り、客が増え始める。そんななか、祥平(玉森裕太)が、丹後(尾上菊之助)の“gaku”に入ったと知る尾花(木村拓哉)たち。倫子(鈴木京香)京野(沢村一樹)相沢(及川光博)は、困惑するが。尾花は、祥平がフレンチに残ったこと。そしてライバル店に入ったことを喜ぶ。一方で倫子は“ト...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR