シャーロック アントールドストーリーズ (第6話・2019/11/11) 感想

シャーロック アントールドストーリーズ

フジテレビ系・月9『シャーロック アントールドストーリーズ』公式
第6話『前世殺人?古いビデオテープが語る真相』の感想。
なお、原作の小説、アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」は既読だが、全作品ではない。



高校生の綾香が家族に突然「ジュンちゃんを殺した」と話し、証言通り白骨遺体が見つかる。しかし、遺体は死後20年以上が経過しており、綾香に犯行は不可能だ。マスコミが‘前世殺人’と騒ぐ中、獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は調査を開始。綾香に話を聞き、彼女が男に追い掛けられたトラウマから、母親の勧めで大学病院の精神神経科に通っていることを知る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2,3)
演出:西谷弘(過去作/モンテ・クリスト伯、刑事ゆがみ) 第1
   野田悠介(過去作/コード・ブルー・シリーズ、ラジエーションハウス) 第2,4,6
   永山耕三(過去作/モンテ・クリスト伯、人は見た目が100パーセント) 第3,5
   平野眞(過去作/モンテ・クリスト伯、昼顔、ガリレオ、刑事ゆがみ)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。リーガルV、東京タラレバ娘、刑事ゆがみ、偽装不倫)
主題歌:DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch)

精神科のエピソードなのに、明確に獅子雄を中心に物語を構築!

今回も、本当に良く出来ていた。褒める部分は幾つもある。

例えば、早期の段階で容疑者が「前世で人を殺した」と証言する女子高生の高遠綾香(吉川愛)の治療をしている、既に退官しているPTSDの権威である平田初雄(伊藤洋三郎)教授の患者を引き継いでいる准教授の宇井宗司(和田正人)だと分かっているから、宇井と若宮(岩田剛典)の「精神科医対決」になってもおかしくないのに…

ここはしっかりと主人公である獅子雄(ディーン・フジオカ)を中心に物語を構築した。この程度のことも最近は出来ないドラマが増えているから、それをやっているだけで褒めたくなってしまう。

会話劇が多いため獅子雄の聡明さと本作らしさが際立った!

また、今回の容疑者が殆ど外出せず部屋から出ないから、当然のように獅子雄と宇井の直接な会話シーンが増え、その分だけ獅子雄の聡明さを含めた特徴が、これまでよりも際立ったのも良かった。そのため、物語としてはオーソドックではあるが、もちろん終盤の二人の会話劇を含めて、更に “本作らしさ” が明瞭になった。

綾香の本音を聞き出すのが精神科医の若宮と言う展開も見事

そして、綾香の本音を聞き出すのが、精神科医の若宮と言う展開も見事。しっかりと “助手” としての役割を演じさせて、「シャーロック・ホームズの世界観」を守った。作り手たちの「シャーロック・ホームズシリーズ」へのリスペクトさえ、しっかりと感じ取れる。

本当に 「シャーロック・ホームズシリーズ」を原作に、舞台を “令和の東京” に移して展開される痛快ミステリーエンターテインメントに仕上がっていると思う。

ラストで"守谷壬三"の名を出して"本作の闇"が更に深まった!

更に興味深かったのは、ラストシーンでの若宮のパソコンに記録された記録日記の、このナレーションに登場した “あの名前” だ。

若宮(N)「カナリヤ調教師は逮捕されたが
            この事件は思わぬ人物の記憶を蘇らせた
            守谷壬三 まるで 前世から因縁があったかのように
            あいつの心を捉えて離さないやつ」

私の記憶に間違いがなければ、守谷壬三(もりやじんぞう)と言う名前は、第3話『地面師詐欺という闇!死者の伝言は3本の小枝…』で一度登場している。

「シャーロック・ホームズシリーズ」が好きな人であれば、“守谷” の名からホームズの最大の宿敵 “ジェームズ・モリアーティ” と関連していると考えるだろう。ここを、ラストでさり気なく名前だけ登場させて、全話の折り返しとなった第6話で “本作の闇” が更に深まった。これは、なかなかの傑作の予感だ…

あとがき

今年4~6月に放送された『緊急取調室』でも怪演が凄かった吉川愛さんが、今回では全く違ったキャラクターを見事に演じてくれました。本作って、ゲスト俳優のキャスティングが上手いなぁと思います。

次回のゲストは、『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』にも出演されていた伊武雅刀さんと注目の子役・山城琉飛さんが出演予定。期待が高まります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
シャーロック・ホームズの新冒険〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐― Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13461/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャーロック 第6話 「前世で犯した殺人?古いビデオテープが語る真相」

今回は、先日の「世にも奇妙な物語」じゃないけれど、前世記憶と、殺人にまつわるオハナシ第6話では、吉川愛、和田正人、堀田真由、若林時英、永瀬莉子らがゲスト出演今回も、本家・ホームズの宿敵、モリアーティをもじったネーミングの“守谷”なる人物が登場しましたね。江藤礼二(佐々木蔵之介)が捜査依頼に来ると、若宮潤一(岩田剛典)は、前世殺人のニュースを見ていました。17歳の女子高校生・高遠綾香(吉川愛)...

シャーロック 第6話

獅子雄(ディーン・フジオカ)と同居する潤一(岩田剛典)の部屋に、江藤(佐々木蔵之介)が捜査依頼にやって来ます。 女子高生・高遠綾香(吉川愛)が自ら告白した殺人の捜査で、遺体が発見されたのでした。 しかし、遺体は死後20年が経過していて、綾香はクミコ(山田真歩)の聴取に「前世で殺害した」と証言するのでした。 事件に興味を持った獅子雄は、潤一、江藤と共に綾香の家を訪ねます。 警察がやって...

シャーロック アントールドストーリーズ 第6話

内容死後20年以上経過した白骨遺体が発見された。“前世で殺した”と証言する女子高生の高遠綾香(吉川愛)江藤(佐々木蔵之介)クミコ(山田真歩)が事情を聞いても、良く分からず。江藤から事情を聞いた獅子雄(ディーン・フジオカ)が、解明に乗り出す。早速、綾香の家へ向かった獅子雄たち。すると母・美樹(霧島れいか)は、前世の罪で罰するのかと言い始める。父・一也(二階堂智)は、冷静だった。獅子雄と若宮(岩...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR