●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

シャーロック アントールドストーリーズ (第5話・2019/11/4) 感想

シャーロック アントールドストーリーズ

フジテレビ系・月9『シャーロック アントールドストーリーズ』公式
第5話『死体が歩く夜・・・真相は、愛か狂気か』の感想。
なお、原作の小説、アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」は既読だが、全作品ではない。



国会議員の息子で会社員の町田の部屋で、大量の血痕と凶器を見つけた恋人が警察に通報してきた。ところが、現場検証中に帰宅した町田は犯行を否認。血痕は致死量にもかかわらず遺体は見つからない。江藤(佐々木蔵之介)の依頼で、獅子雄(ディーン・フジオカ)は若宮(岩田剛典)と捜査を開始。血液は町田のパワハラを受けていた乾のもので、母・千沙子から捜索願が出されていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ」
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2,3)
演出:西谷弘(過去作/モンテ・クリスト伯、刑事ゆがみ) 第1
   野田悠介(過去作/コード・ブルー・シリーズ、ラジエーションハウス) 第2,4
   永山耕三(過去作/モンテ・クリスト伯、人は見た目が100パーセント) 第3,5
   平野眞(過去作/モンテ・クリスト伯、昼顔、ガリレオ、刑事ゆがみ)
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。リーガルV、東京タラレバ娘、刑事ゆがみ、偽装不倫)
主題歌:DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch)

脚本、演出、演技の全てが、本当に丁寧過ぎる!

いやあ。本当に丁寧過ぎる。例えば、序盤での事件を依頼する場面での獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)と江藤(佐々木蔵之介)の3人の関係性の描き方なんて、今回を始めて見た人にも分かるような丁寧さ。また、この3人のキャラクターの描き分けも、実に丁寧だ。

若宮が精神科医で獅子雄の助手なのが的確に強調された!

今回は特に、若宮が精神科医で獅子雄の助手であることが、序盤の性格検査や終盤での国会議員の息子で会社員の町田(永井大)へのこの台詞↓などで、的確に強調された。

町田「心臓を刺すと血が出る。心を刺しても血が出ない。
   でも おなじことなんだよ」

ストーリーのミスリードも、どんでん返しも美しい程に見応えがあった

更に褒めれば、獅子雄がヴァイオリンを弾くシーンも、今回が最も “弾く行為” が獅子雄自身が思考を整理するための行為であることも描写された。そして、原作としている「シャーロック・ホームズシリーズ」へのリスペクトも、しっかりと感じ取れる。ストーリーのミスリードも、どんでん返しも美しい程に見応えがあった。

丁寧で完成度が高いからこそ、もっと本作らしさが欲しい!

しかし、丁寧過ぎる、完成度が高過ぎる連ドラと言うのは、たまに、それがマイナス要素になることがある。前回の感想で、本作には昨年放送されたディーン・フジオカさん主演の『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』と無関係な演出家の方が、本作の演出に合っていると書いた。

その方が、『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』と明瞭な差別化が出来るし、実際に個性的な映像になっていたから。でも、今回は『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』の担当者で、本作の第3話も担当した永山耕三氏に戻った。そのために、“明瞭な差別化” と言う点が少しだが薄まった。

薄まると言うことは、俳優以外の “本作らしさ” が失われるとおなじこと。いや、こう言う放送回もあって良いし、間違ってはいない。ただ、ここまで丁寧に描き完成度が高くなると、もっともっと “本作らしさ” が欲しくなる。

これが、つまらない連ドラが多い中、どれだけ贅沢な要求であるか位は分かる。分かるが、このキャストとスタッフなら、この要求に応えてくれる…そんな気がするのだ。

あとがき

『月9』で、ここまで “現代社会の悲劇” を真面目に丁寧に掘り下げる作品が放送されるは新鮮でした。ブラック企業、パワハラ、捻じれた夫婦、歪んだ家族など、実にしっかりと世間に問題提起までしたのはお見事でした。そして、今回もゲスト俳優さんたちが大活躍しました。本当に良く出来た連ドラだと思います。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
シャーロック・ホームズの新冒険〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐― Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13430/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャーロック 第5話 「死体が歩く夜…真相は、愛か狂気か」

今回は、永井大、葉山奨之、乃木坂46の元メンバーで、女優の若月佑美がゲストとして登場パワハラに苦しめられた青年の死と母親の愛をテーマにした物語葉山奨之は「モンテ・クリスト伯」での共演も経験済みゆえ、息もピッタリ。電脳横丁は、大喜びだった模様建設会社で設計士として働く乾貴之(葉山奨之)は、上司の町田卓夫(永井大)からパワハラを受けていて、ある日、ついに限界を迎えその後、町田の部屋で大量の血痕が...

シャーロック 第5話

獅子雄(ディーン・フジオカ)は潤一(岩田剛典)から、家賃や生活費を払っていないことを指摘されますが、まったく取り合おうとしません。 そこに江藤(佐々木蔵之介)が現れ、奇妙な事件が発生したことを告げます。 現場の部屋には大量の血液と破れた洋服、凶器と思われる包丁などが残されていましたが、被害者が見当たらないと言います。 江藤は、部下のクミコ(山田真歩)と部屋の持ち主・町田(永井大)を取り...

シャーロック アントールドストーリーズ 第5話

内容江藤(佐々木蔵之介)が、妙な話を、獅子雄(ディーン・フジオカ)のもとに持ってくる。ひとりの女から電話があったという。彼氏の家に入ったところ、血まみれの部屋。しかし被害者はおらず。少しして、部屋の持ち主・町田卓夫(永井大)が帰宅したという。江藤とクミコ(山田真歩)が取り調べを行ったが、知らないと言うばかり。そんな奇妙な事件ではあるが、上層部が捜査の中止を命じたという。町田が政治家・町田陽介...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR